オブジェクトのストレージ クラスの変更

このページでは、オブジェクトを上書きして、バケット内のオブジェクトのストレージ クラスを変更する方法について説明します。オブジェクトを上書きせずにオブジェクトのストレージ クラスを変更する方法については、オブジェクトのライフサイクル管理をご覧ください。オブジェクトごとのストレージ クラスの詳細については、オブジェクトごとのストレージ クラスをご覧ください。

Console

個々のオブジェクトのストレージ クラスを、Console から設定することはできません。代わりに gsutil を使用します。

gsutil

rewrite コマンドで -s フラグを使用します。次に例を示します。

gsutil rewrite -s [STORAGE_CLASS] gs://[PATH_TO_OBJECT]

[STORAGE_CLASS] はオブジェクトの新しいストレージ クラスで、[PATH_TO_OBJECT] はクラスを変更するオブジェクトの名前です。

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. 次の情報を含む .json ファイルを作成し、[VALUES_IN_BRACKETS] を適切な値に置き換えます。
  3. {
      "storageClass": "[STORAGE_CLASS]"
    }
  4. cURL を使用して JSON API を呼び出します。[VALUES_IN_BRACKETS] は適切な値に置き換えます。
    curl -X POST --data-binary @[JSON_FILE_NAME].json \
        -H "Authorization: Bearer [OAUTH2_TOKEN]" \
        -H "Content-Type: application/json" \
        "https://www.googleapis.com/storage/v1/b/[BUCKET_NAME]/o/[OBJECT_NAME]/rewriteTo/b/[BUCKET_NAME]/o/[OBJECT_NAME]"

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. ストレージ クラスを変更するオブジェクトをリクエストに含めます(XML API を使ってストレージ クラスを変更するときには、オブジェクトを再読み込みする必要があります)。
  3. cURL を使用して XML API を呼び出します。[VALUES_IN_BRACKETS] は適切な値に置き換えます。
    curl -X PUT --data-binary @[OBJECT] \
        -H "Authorization: Bearer [OAUTH2_TOKEN]" \
        -H "Content-Type: [OBJECT_CONTENT_TYPE]" \
        -H "x-goog-storage-class: [STORAGE_CLASS]" \
        "https://storage.googleapis.com/[BUCKET_NAME]/[OBJECT_NAME]"

詳細については、オブジェクトのストレージ クラスを設定するのページをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Storage ドキュメント