コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Composer の料金

このドキュメントでは、Cloud Composer の料金について説明します。

他のプロダクトの料金を確認するには、料金についてのドキュメントをご覧ください。

Cloud Composer に関連付けられた個々の SKU を検索するには、Google Cloud SKU に移動してください。

料金の概要

このセクションでは、Cloud Composer の料金の一般的なコンセプトについて説明します。

料金計算ツール

Cloud Composer 1 では、Google Cloud 料金計算ツールを使用して Cloud Composer の使用コストを概算できます。

請求期間

Cloud Composer 環境は 10 分間隔で課金されます。たとえば、ある環境を作成して 6 時間 30 分実行してから削除した場合の合計コストは、実際に環境を 6.5 時間実行した場合のコストとなります。

測定単位

ディスクサイズとネットワーク使用量は、ギビバイト(GiB)で計算されます。GiB(ギビバイト)は、データ処理と伝送に使われる標準単位であり、base 1,000 ではなく base 1,024 として定義されます。たとえば、1 ギガバイト(GB)は 1,0003 バイトとして定義されますが、1 GiB は 1,0243 バイトとして定義されます。

一部の料金は時間単位または月単位で記載されていますが、Cloud Composer については、実際の使用時間に対して課金されます。

料金モデル

Cloud Composer では、次の 2 つの料金モデルが使用されます。

Cloud Composer 1 から Cloud Composer 2 への料金モデルの移行

Cloud Composer の料金モデルの比較
図 1 Cloud Composer 1 から Cloud Composer 2 への料金モデルの移行(クリックして拡大)

Cloud Composer 2 の機能に関する説明には新しい料金モデルが含まれています。これにより、自動スケーリングの効率性を十分に活用できます。新しいモデルでは、Cloud Composer 環境の総所有費用も明確に把握できます。

Cloud Composer 1 環境では、Airflow の実行に使用される Compute Engine レイヤの費用は、環境の GKE クラスタによって使用される Compute Engine インスタンスの料金として表示されます。

Cloud Composer 2 では、この費用は Compute Engine には関連付けられません。その代わり、Compute Engine CPU コア、メモリ、ストレージ用の Cloud Composer 2 SKU に含まれています。このアプローチにより、Cloud Composer 環境の全体的な費用を明確に把握できます。

次の図は、Cloud Composer 1 から Cloud Composer 2 への料金モデルの移行を可視化しています。

Cloud Composer 2 の料金モデルは以前のモデルよりも包括的なため、Cloud Composer 環境の変更は高くなりますが、Compute Engine インスタンスの料金は低くなります。

Cloud Composer 2 で導入された自動スケーリングでは、ピーク時に環境を継続的にスケーリングする必要がなくなるため、リソース利用効率がさらに向上します。自動スケーリングで削減される費用は、DAG の実行パターンと環境構成によって大きく異なります。

Cloud Composer 2 の SKU

Cloud Composer 1 との比較:

  • 環境に関連する費用は、環境の自動スケーリングによって異なる場合があります。料金は、環境で使用されているリソースに対してのみ発生します。
  • 環境内の Compute Engine コンポーネントについて、追加費用を支払うことはありません。これらの費用は、Cloud Composer 2 SKU に置き換えられます。
  • Cloud Composer 2 環境は GKE Autopilot クラスタに依存しますが、通常の GKE Autopilot クラスタに存在するクラスタ管理料金は課金されません。

Cloud Composer 2 には、次の SKU があります

  • Cloud Composer コンピューティング SKU

    Cloud Composer コンピューティング SKU は、Airflow スケジューラ、ウェブサーバー、ワーカーで使用される Compute Engine の容量を表します。Airflow ワーカーは自動スケーリングされるため、対応する費用は環境内のワーカー数の変化に基づいて計算されます。

    さらに、環境のクラスタに独自のワークロードをデプロイする場合、これらのワークロードの料金も Cloud Composer 2 の料金モデルに従い、Cloud Composer コンピューティング SKU を使用します。

    • Cloud Composer コンピューティング CPU

      関連費用は、Compute Engine 上で実行されるすべての環境のコンポーネントで使用される vCPU の合計数に依存します。これには、環境のクラスタ内の Pod とサービスの料金が含まれます。たとえば、環境内のすべての Airflow ワーカーは環境クラスタ内の Pod で実行されます。

      この SKU は 1 時間あたり 1,000 mCPU(ミリコア)で測定されます。たとえば、環境で 1 個の vCPU を 1 時間使用した場合、1,000 mCPU を 1 時間使用することになります。

    • Cloud Composer のコンピューティング メモリ

      関連費用は、Compute Engine 上で実行されるすべての環境のコンポーネントで使用されるメモリの合計量に依存します。

    • Cloud Composer コンピューティング ストレージ

      関連費用は、Compute Engine 上で実行されるすべての環境のコンポーネントで使用されるストレージの合計量に依存します。

  • Cloud Composer データベース ストレージ

    関連する費用は、Cloud SQL インスタンスによって使用されるディスク容量によって異なります。Cloud SQL インスタンスのディスクサイズは、必要とするデータベース ストレージ使用量に応じて自動的に増加します。

    この SKU コンポーネントは、Airflow データベース ストレージの費用をカバーします。

    Cloud SQL インスタンスの最小ディスクサイズは 10 GiB です。

  • Cloud Composer 環境の料金(小、中、大)

    関連する費用は、環境のサイズによって異なります。環境のサイズは、Cloud Composer 環境のマネージド インフラストラクチャの規模です。

    この SKU は、Airflow の実行に必要なインフラストラクチャ コンポーネント(Cloud SQL データベース、タスクキュー、接続プロキシなど)の費用をカバーします。環境インフラストラクチャには、小、中、大の 3 種類のサイズがあります。

  • また、環境には Cloud Composer の料金に含まれない追加費用があります。

Cloud Composer 2 の料金表

次の表は、さまざまなリージョンにおける Cloud Composer 2 の費用をまとめたものです。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Cloud Composer 2 の料金の例

Cloud Composer 2 環境をアイオワ(us-central1)で作成し、デフォルトの小規模環境プリセットを使用していると仮定します。

この場合、環境には Cloud Composer 2 SKU に影響する次のデフォルト パラメータがあります。

  • 環境には 1 つのスケジューラがあります。
  • 環境は、1~3 ワーカーの間で自動的にスケーリングされます。
  • 環境のスケジューラとウェブサーバーはそれぞれ 0.5 vCPU を使用します。
  • 環境のスケジューラとウェブサーバーは、それぞれ 1.875 GiB のメモリを使用します。
  • 環境のスケジューラとウェブサーバーはそれぞれ 1 GiB のディスク容量を使用します。
  • 環境のワーカーは、ワーカーの数に応じて 0.5~1.5 の vCPU を自動的にスケーリングします。
  • 環境のワーカーは、ワーカーの数に応じて 1.875~5.625 GiB のメモリを自動的にスケーリングします。
  • 環境のワーカーは、ワーカーの数に応じて 1~3 GiB のストレージを自動的にスケーリングします。
  • 環境のデータベースでのストレージは 10 GiB です。ストレージ サイズは、必要とするデータベース ストレージ使用量に応じて自動的に増加します。この例では、データベース ストレージが増加しないことを前提としています。
  • 環境では小規模なインフラストラクチャを使用します。

この環境を 7 日間と 12 時間(合計 180 時間)実行するとします。環境の負荷は、作業時間の 50% で 1 つのワーカー、残り 50% の時間で 2 つのワーカーになります。この時間内に環境を使用した後、環境を削除します。この場合、Cloud Composer 2 SKU は次のようになります。

  • Cloud Composer コンピューティング CPU( 90 hours * 1.5 vCPU + 90 hours * 2 vCPU ) * $0.045 per 1000 mCPU hours で、合計金額は $14.175 です。

  • Cloud Composer コンピューティング メモリ( 90 hours * 5.625 GiB + 90 hours * 7.5 GiB ) * $0.005 per GiB / hour で、合計金額は $5.906 です。

  • Cloud Composer コンピューティング ストレージ( 90 hours * 3 GiB + 90 hours * 4 GiB ) * $0.0002 per GiB / hour で、合計金額は $0.126 です。

  • Cloud Composer データベース ストレージ180 hours out of 740 hours * 10 GiB * $0.17 per GiB / month で、合計は $0.413 です。

  • Small Cloud Composer 環境料金180 hours * $0.35 per hour で、合計金額は $63.00 です。

  • この例の Cloud Composer の 2 つの料金の合計は次のとおりです。

    Cloud Composer 2 の SKU 料金
    Cloud Composer のコンピューティング CPU $14.175
    Cloud Composer のコンピューティング メモリ $5.906
    Cloud Composer コンピューティング ストレージ $0.126
    Cloud Composer データベース ストレージ $0.17/GiB/月
    小規模の Cloud Composer 環境料金 $63.00
    合計 $83.62
  • 環境は自動スケーリングされます。つまり、記載されている期間中に実際の負荷が低い場合は、費用も低くなります。たとえば、環境が 1~6 つのワーカーでスケーリングされるように構成し、環境が全期間で 1 つのワーカーしか使用しない場合は、この 1 つのワーカーに対してのみ料金が発生します。

  • また、環境には、Cloud Composer 2 SKU の一部ではない追加コストがあります。たとえば、これらの費用には、DAG の管理とタスクログの保持に使用される環境の Cloud Storage バケットの料金が含まれます。

Cloud Composer 1 の SKU

Cloud Composer 1 には、次の SKU があります

  • Cloud Composer vCPU 時間

    関連する費用は、環境のウェブサーバー マシンタイプによって異なります。

  • Cloud Composer SQL vCPU 時間

    関連する費用は、Cloud SQL のマシンタイプによって異なります。

  • Cloud Composer のデータ ストレージ

    関連する費用は、ウェブサーバーのマシンタイプと Cloud SQL インスタンスによって使用されるディスク容量によって異なります。

    Cloud SQL インスタンスのディスクサイズは、必要とするデータベース ストレージの使用量に応じて自動的に増加します。

    Cloud SQL インスタンスの最小ディスクサイズは 10 GiB です。

  • Cloud Composer ネットワーク(下り、外向き)

    関連する費用は、ウェブサーバーと Cloud SQL によって生成されたネットワーク トラフィック量によって異なります。たとえば、Airflow データベースへのクエリ、タスクと DAG のスケジュール設定、Airflow ウェブ インターフェースの使用によって、下り(外向き)ネットワークが生成されます。

  • また、環境には Cloud Composer の料金に含まれない追加費用があります。

Cloud Composer 1 のプライベート IP 環境では、ウェブサーバーに関連する費用が 2 倍になります。これは、プライベート IP Cloud Composer 環境では、1 つのロードバランサの背後で 2 つのウェブサーバー インスタンスが実行されるためです。

Cloud Composer 1 の料金表

次の表は、さまざまなリージョンにおける Cloud Composer 1 のコストをまとめたものです。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Cloud Composer 1 の料金の例

Cloud Identity 1 環境をアイオワ(us-central1)で作成し、デフォルトのパラメータを使用しているとします。

この場合、環境には Cloud Composer 1 SKU に影響する次のデフォルト パラメータがあります。

  • 環境のウェブサーバーが使用しているマシンタイプは composer-n1-webserver-2 です。このマシンタイプには 2 つの vCPU と 20 GiB のストレージが含まれます。

  • 環境の Cloud SQL インスタンスは、db-n1-standard-2 マシンタイプを使用します。このマシンタイプには 2 つの vCPU があります。

次のデフォルトのパラメータは、環境の追加費用に影響します。

  • 環境の GKE クラスタには 3 つのノードがあります。ノードは、環境ワーカーとスケジューラを実行します。
  • ノードは n1-standard-1 マシンタイプを使用します。
  • ノードはそれぞれ 20 GiB のストレージを使用します。

たとえば、この環境を 7 日間と 12 時間(合計 180 時間)の期間、6.5 GiB の下りトラフィックで運用した後、環境を削除するとします。この場合、Cloud Composer 1 SKU は次のようになります。

  • Cloud Composer vCPU 時間180 hours * 2 vCPU * 0.074 / vCPU hour で、合計金額は $26.64 です。

  • Cloud Composer SQL vCPU 時間180 hours * 2 vCPU * 0.125 / vCPU hour で、合計金額は $45.00 です。

  • Cloud Composer のデータ ストレージは、データベース用に 10 GiB(これはデータベースのサイズの拡大とともに増加する初期ストレージです)、さらにウェブサーバー用に 20 GiB、合計 30 GiB になります。この結果、ストレージに対する料金は(データベース ストレージが増加しない場合)180 hours out of 740 hours * 30 GiB * $0.273 per GiB / month合計 $1.99 になります。

  • Cloud Composer ネットワークの下りは、6.5 GiB * $0.156 / GiB で、合計金額は $1.04 です。

  • この例の Cloud Composer 1 の料金の合計は次のとおりです。

    Cloud Composer 1 の SKU 料金
    Cloud Composer vCPU 時間 $26.64
    Cloud Composer SQL vCPU 時間 $45.00
    Cloud Composer のデータ ストレージ $1.99
    Cloud Composer ネットワークの下り(外向き) $1.04
    合計 $74.67
  • また、環境には、Cloud Composer 1 SKU の一部ではない追加費用があります。たとえば、これらの費用は、環境を使用した期間中に環境のクラスタの 3 つのノードを実行するための料金が含まれています。

追加費用

次のサービスの料金は、Cloud Composer 環境の料金に加えて請求されます。

  1. (Cloud Composer 1 のみ)環境内のワーカーとスケジューラのために使用される Google Kubernetes Engine ノード。これらのノードには、それぞれ異なる Compute Engine の料金が使用されるインスタンスの数とタイプに基づき適用されます。これには、すべてのノードおよび Redis キューで使用される Persistent Disk の料金が含まれます。Redis キューディスクは、手動で削除されない限り保持されます。

  2. 環境の Cloud Storage バケット。DAG の管理とタスクログの保持に使用されます。このバケットは、手動で削除されない限り存続します。

    詳しくは、Cloud Storage の料金をご覧ください。

  3. Cloud Monitoring の収集データ。このデータは、環境のパフォーマンスと状態を理解するために役立ちます。Monitoring はデフォルトで有効になっており、データには Monitoring の料金が別途適用されます。

  4. Container Registry と Artifact Registry を使用して生成されたストレージと下りトラフィック。これらのサービスは、PyPI モジュールを追加でインストールする際に作成されるコンテナ イメージを保存および提供するために使用されます。

    詳細については、Container Registry の料金Artifact Registry の料金のページをご覧ください。

  5. 顧客管理の暗号鍵を使用している場合、Cloud Key Management Service を使用する際に追加費用が発生する場合があります。詳細については、Google Key Management Service の料金をご覧ください。

  6. Private Service Connect を使用する場合は、次の追加料金が適用されます。

    詳細については、Virtual Private Cloud の料金をご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

ノードのマシンタイプ(Cloud Composer 1)

これらのマシンタイプは環境のノードで使用されます。これらのマシンタイプの料金は、追加費用の一部です。

Cloud Composer 環境は、次の Compute Engine インスタンス タイプをサポートしています。

  • N1 標準マシンタイプ(n1-standard
  • N1 ハイメモリ マシンタイプ(n1-highmem
  • N1 ハイ CPU マシンタイプ(n1-highcpu
  • N2 標準マシンタイプ(n2-standard
  • N2 ハイメモリ マシンタイプ(n2-highmem
  • N2 ハイ CPU マシンタイプ(n2-highcpu
  • E2 標準マシンタイプ(e2-standard
  • E2 ハイメモリ マシンタイプ(e2-highmem
  • E2 ハイ CPU マシンタイプ(e2-highcpu
  • C2 コンピューティング最適化マシンタイプ(c2-standard
  • M1 メモリ最適化マシンタイプ(m1-megamemm1-ultramem
  • M2 メモリ最適化マシンタイプ(m2-megamemm2-ultramem
  • AMD プロセッサ上で動作する N2D 標準マシンタイプ(n2d-standard
  • AMD プロセッサ上で動作する N2D ハイメモリ マシンタイプ(n2d-highmem
  • AMD プロセッサ上で動作する N2D ハイ CPU マシンタイプ(n2d-highcpu

共有コア マシンタイプはサポートされていません。

Cloud SQL インスタンスのマシンタイプ(Cloud Composer 1)

環境内の Airflow データベースを実行している Cloud SQL では、次のマシンタイプがサポートされています。

マシンタイプ vCPU メモリ ディスク
db-n1-standard-2 2 7.5 GiB 注を参照。
db-n1-standard-4 4 15 GiB 注を参照。
db-n1-standard-8 8 30 GiB 注を参照。
db-n1-standard-16 16 60 GiB 注を参照。

ウェブサーバーのマシンタイプ(Cloud Composer 1

Airflow ウェブサーバーを実行する VM インスタンスでは、次のマシンタイプがサポートされています。

マシンタイプ vCPU メモリ ディスク
composer-n1-webserver-2 2 1.6 GiB 20 GiB
composer-n1-webserver-4 4 3.6 GiB 20 GiB
composer-n1-webserver-8 8 7.6 GiB 20 GiB

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせ