Professional Cloud Architect

ケーススタディの例: Mountkirk Games

これは Professional Cloud Architect 認定試験で使用される可能性のあるケーススタディの例です。試験問題を補足するコンテキストを提供するためのもので、架空の会社やソリューションのコンセプトについて説明しています。

Mountkirk Games のケーススタディ

会社の概要

Mountkirk Games は、モバイル プラットフォーム向けにセッション ベースのオンライン マルチプレーヤー型ゲームを開発しています。Mountkirk Games は、すべてのゲームの開発に、サーバーサイドの統合開発環境を利用しています。これまでは、クラウド プロバイダから物理サーバーをリースしてきました。

いくつかのゲームは予想を上回る人気を博したため、世界中のオーディエンス、アプリケーション サーバー、MySQL データベース、分析ツールのスケーリングに関する問題が生じました。

Mountkirk Games の現行のモデルでは、ファイルに書き込まれたゲームの統計情報が ETL ツールによって送信されて、中央の MySQL データベースにレポート用に読み込まれます。

ソリューションのコンセプト

Mountkirk Games が開発中の新しいゲームは、大人気になることが予想されています。そこで、ゲームのバックエンドを Google Compute Engine にデプロイしようと計画しています。これにより、ストリーミング指標の取得や集中的な分析が可能になるためです。さらに、Google の自動スケーリング可能なサーバー環境の活用や、マネージド NoSQL データベースとの統合も実現できます。

ビジネス要件

  • グローバル規模にまで拡張する。
  • 稼働率を向上させる(ダウンタイムが発生すると、プレーヤーを失うことになるため)。
  • 使用するクラウド リソースの効率を向上させる。
  • すべてのユーザーのレイテンシを低減する。

技術的要件

ゲーム バックエンド プラットフォームの要件

  1. ゲームのアクティビティに基づいて動的にスケールアップまたはスケールダウンする。
  2. トランザクション データベース サービスに接続して、ユーザー プロフィールとゲーム状態を管理する。
  3. 将来の分析のために、時系列データベース サービスでゲームの更新情報を保存する。
  4. システムが拡張しても、バックログの処理によってデータが絶対に失われないようにする。
  5. 強化された Linux ディストリビューションを実行する。

ゲーム分析プラットフォームの要件

  1. ゲームのアクティビティに基づいて動的にスケールアップまたはスケールダウンする。
  2. 着信データをゲームサーバーから迅速に直接処理する。
  3. 低速なモバイル ネットワークが原因で遅延したデータを処理する。
  4. 10 TB 以上の履歴データに対してクエリを実行できるようにする。
  5. ユーザーのモバイル デバイスから定期的にアップロードされるファイルを処理する。

エグゼクティブの声明

前回成功したゲームでは、当時利用していたクラウド プロバイダでスケーリングがスムーズに行えなかったため、ユーザーの利用数が伸びずゲームの評価にも悪影響を及ぼしました。当社の投資家が必要としているのは、ゲームの速度と安定性を評価するための重要業績評価指数(KPI)や、対象ユーザーに合わせてゲームを改良できるよう、ユーザーの使用パターンに関する詳細な分析情報を示してくれる指標です。さらに、当社の現在の技術スタックでは必要なスケーラビリティを実現できません。そのため現在の MySQL から、自動スケーリングと低レイテンシの負荷分散が可能な環境へと移行し、物理サーバーの管理作業を不要にしたいと考えています。

< Professional Cloud Architect 認定試験ガイドに戻る