Cloud Storage の使用

Cloud Storage は、ファイル(動画や画像、その他の静的コンテンツなど)を保存または提供する目的で使用できます。

このドキュメントでは、アプリで Google Cloud クライアント ライブラリを使用して Cloud Storage にデータを格納する方法と、Cloud Storage からデータを取得する方法を説明します。

始める前に

  • App Engine 上の Node.js に関する「Hello, World!」の説明に沿って、使用する環境とプロジェクトをセットアップし、App Engine における Node.js アプリの構造をよく理解してください。このドキュメントで説明しているサンプルアプリを実行する際に必要となるため、プロジェクト ID をメモして保存しておきます。

  • 必ず次のコマンドを呼び出して、使用するアプリケーション用に Cloud Storage バケットを作成してください。

    gsutil mb gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    
  • バケットを公開読み取り可能にして、ファイルを提供できるようにします。

    gsutil defacl set public-read gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    

サンプルのダウンロード

レポジトリのクローンを作成するには:

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/nodejs-docs-samples/
cd nodejs-docs-samples/appengine/storage/flexible

プロジェクト構成の編集と依存関係のインストール

app.yaml で、プロジェクト ID を GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境値に追加します。その後で、GCLOUD_STORAGE_BUCKET 環境値を、以前作成した Cloud Storage バケットの名前に設定します。

runtime: nodejs
env: flex

env_variables:
  GCLOUD_STORAGE_BUCKET: YOUR_BUCKET_NAME

package.json 内に、依存関係として @google-cloud/storage を追加します。これで Cloud Storage を利用するための機能が提供されます。

{
  "name": "appengine-storage",
  "description": "Node.js Google Cloud Storage sample for Google App Engine",
  "scripts": {
    "start": "node app.js",
    "test": "ava system-test/*.test.js -T 30s"
  },
  "engines": {
    "node": ">=4.3.2"
  },
  "dependencies": {
    "@google-cloud/storage": "1.6.0",
    "body-parser": "1.18.2",
    "express": "4.16.3",
    "multer": "1.3.0",
    "pug": "2.0.3"
  },
  "devDependencies": {
    "@google-cloud/nodejs-repo-tools": "^2.3.0",
    "ava": "0.25.0"
  },
  "cloud-repo-tools": {
    "requiresProjectId": true,
    "requiresKeyFile": true,
    "test": {
      "app": {
        "requiredEnvVars": [
          "GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
        ],
        "msg": "<input type=\"file\" name=\"file\">",
        "substitutions": "YOUR_BUCKET_NAME=$GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
      },
      "build": {
        "requiredEnvVars": [
          "GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
        ]
      }
    }
  }
}

アプリケーション コード

このサンプル アプリケーションはウェブページを表示し、Cloud Storage に保存するファイルを指定するようユーザーに促します。ユーザーがファイルを選択して [送信] をクリックすると、アップロード ハンドラがファイルのコンテンツを blob に読み込み、それを Cloud Storage に書き込みます。

ファイルが Cloud Storage にアップロードされると、このファイルの公開 URL が返されます。この URL を使えば、Cloud Storage から直接ファイルを配信できます。今後も使用できるように、この値をアプリで保存してください。

const format = require('util').format;
const express = require('express');
const Multer = require('multer');
const bodyParser = require('body-parser');

// By default, the client will authenticate using the service account file
// specified by the GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS environment variable and use
// the project specified by the GOOGLE_CLOUD_PROJECT environment variable. See
// https://github.com/GoogleCloudPlatform/google-cloud-node/blob/master/docs/authentication.md
// These environment variables are set automatically on Google App Engine
const Storage = require('@google-cloud/storage');

// Instantiate a storage client
const storage = Storage();

const app = express();
app.set('view engine', 'pug');
app.use(bodyParser.json());

// Multer is required to process file uploads and make them available via
// req.files.
const multer = Multer({
  storage: Multer.memoryStorage(),
  limits: {
    fileSize: 5 * 1024 * 1024 // no larger than 5mb, you can change as needed.
  }
});

// A bucket is a container for objects (files).
const bucket = storage.bucket(process.env.GCLOUD_STORAGE_BUCKET);

// Display a form for uploading files.
app.get('/', (req, res) => {
  res.render('form.pug');
});

// Process the file upload and upload to Google Cloud Storage.
app.post('/upload', multer.single('file'), (req, res, next) => {
  if (!req.file) {
    res.status(400).send('No file uploaded.');
    return;
  }

  // Create a new blob in the bucket and upload the file data.
  const blob = bucket.file(req.file.originalname);
  const blobStream = blob.createWriteStream();

  blobStream.on('error', (err) => {
    next(err);
  });

  blobStream.on('finish', () => {
    // The public URL can be used to directly access the file via HTTP.
    const publicUrl = format(`https://storage.googleapis.com/${bucket.name}/${blob.name}`);
    res.status(200).send(publicUrl);
  });

  blobStream.end(req.file.buffer);
});

const PORT = process.env.PORT || 8080;
app.listen(PORT, () => {
  console.log(`App listening on port ${PORT}`);
  console.log('Press Ctrl+C to quit.');
});

詳細情報

Cloud Storage の詳細については、Cloud Storage のドキュメントをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js ドキュメントに対応した App Engine フレキシブル環境