Cloud Storage の使用

Cloud Storage は、ファイル(動画、画像、その他の静的コンテンツなど)を保存または提供する目的で使用できます。

このドキュメントでは、アプリで Google Cloud クライアント ライブラリを使用して、Cloud Storage にデータを格納したり、Cloud Storage からデータを取得したりする方法を説明します。

始める前に

  • App Engine の Java 用「Hello, World!」の手順に従って環境とプロジェクトを設定し、App Engine における Java アプリの構造について理解します。このドキュメントで説明しているサンプルアプリを実行する際に必要となるため、プロジェクト ID を書き留めておきます。

  • 次のコマンドを呼び出して、アプリケーション用の Cloud Storage バケットを作成します。

    gsutil mb gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    
  • バケットを一般公開(読み取り可能)にして、ファイルを提供できるようにします。

    gsutil defacl set public-read gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    

サンプルのダウンロード

リポジトリのクローンを作成するには、次のコマンドを実行します。

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/java-docs-samples
cd java-docs-samples/flexible/cloudstorage

プロジェクト構成の編集と依存関係のインストール

app.yaml で、以前にプロジェクトで作成した Cloud Storage を BUCKET_NAME に設定します。

runtime: java
env: flex

handlers:
- url: /.*
  script: this field is required, but ignored

env_variables:
  BUCKET_NAME: YOUR-BUCKET-NAME

pom.xml で、com.google.cloud を依存関係として設定し、その依存関係のアーティ ファクト ID として google-cloud-storage を指定します。これにより、Cloud Storage を使用するための機能が提供されます。

<!--  Using libraries-bom to manage versions.
See https://github.com/GoogleCloudPlatform/cloud-opensource-java/wiki/The-Google-Cloud-Platform-Libraries-BOM -->
<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>11.1.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-storage</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

アプリケーション コード

このサンプル アプリケーションはウェブページを表示し、Cloud Storage に保存するファイルを指定するようユーザーに促します。ユーザーがファイルを選択して [送信] をクリックすると、doPost リクエスト ハンドラが Storage.create を使用してファイルを Cloud Storage バケットに書き込みます。

このファイルを Cloud Storage から取得するには、バケット名とファイル名を指定する必要があるので注意してください。将来の使用に備えて、これらの値をアプリに保存する必要があります。

@SuppressWarnings("serial")
@WebServlet(name = "upload", value = "/upload")
@MultipartConfig()
public class UploadServlet extends HttpServlet {

  private static final String BUCKET_NAME = System.getenv("BUCKET_NAME");
  private static Storage storage = null;

  @Override
  public void init() {
    storage = StorageOptions.getDefaultInstance().getService();
  }

  @Override
  public void doPost(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp)
      throws IOException, ServletException {
    final Part filePart = req.getPart("file");
    final String fileName = filePart.getSubmittedFileName();

    // Modify access list to allow all users with link to read file
    List<Acl> acls = new ArrayList<>();
    acls.add(Acl.of(Acl.User.ofAllUsers(), Acl.Role.READER));
    // the inputstream is closed by default, so we don't need to close it here
    Blob blob =
        storage.create(
            BlobInfo.newBuilder(BUCKET_NAME, fileName).setAcl(acls).build(),
            filePart.getInputStream());

    // return the public download link
    resp.getWriter().print(blob.getMediaLink());
  }
}

詳細情報

Cloud Storage の詳細については、Cloud Storage のドキュメントをご覧ください。