クラウド インフラストラクチャ

このトラックは、クラウドにおけるアプリケーションの実装、デプロイ、移行、保守を担当する IT プロフェッショナルを対象としています。

Cloud Platform アーキテクト トラック
ステップ
1
Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure
Google Cloud Platform のプロダクトとサービスの基本に関する 1 日のハンズオン クラスです。
期間: 1 日
ステップ
2
Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure
本コースは 3 日間のクラスルーム トレーニングであり、Google Cloud Platform が提供する包括的で柔軟性の高いインフラストラクチャとプラットフォーム サービスの概要を学習します。講義、デモ、ハンズオンラボを通して、ネットワーク、システム、アプリケーション サービスなどのインフラストラクチャ コンポーネントを含む、ソリューションの各要素について学習し、演習を行います。このコースでは、実践的なソリューションの実装も取り上げており、セキュリティを維持しながらネットワークを相互接続する方法や、顧客指定の暗号鍵、セキュリティとアクセス管理、割り当てと課金、リソース モニタリングなどについて学習します。
期間: 3 日
ステップ
2a
Introduction to Cloud Identity
本コースは Identity and Access Management ソリューションの考え方についてご紹介します。また、Cloud Identity インスタンスのプロビジョニングから基本的なセキュリティ オプションや各種ポリシーの実施に至るまで、Cloud Identity のストーリー全体を取り上げます。
期間: 1 週間
ステップ
3
Architecting with Google Cloud Platform: Design and Process
本コースは 2 日間のクラスルーム トレーニングであり、Google のサイト信頼性エンジニアリング(SRE)の実績ある設計パターンと原則を利用し、信頼性と効率に優れたソリューションを Google Cloud Platform 上で構築する方法を学習します。本コースは、Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure の後続コースです。Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure で取り上げているテクノロジーを習得済みであることが前提になります。
期間: 2 日
Professional Cloud Architect の Google Cloud 認定を取得
この認定試験では、受験者が GCP による IT の設計、構築、管理のための重要なタスクを遂行する熟練したスキルを有しているか判定します。この認定試験に備える一番の方法は、現場での実務を経験することです。
模擬試験を受ける
模擬試験は認定試験で出題される可能性のある問題に慣れるためのもので、受験の準備ができているかどうかの判断に役立ちます。