Node.js 用 Google Cloud クライアント ライブラリのインストール

Node.js 用 Google Cloud クライアント ライブラリは、Node.js デベロッパーがアプリを他の GCP サービスと統合するための慣用的な方法です。

たとえば、Cloud Datastore または Cloud Storage 用の対応する Node.js クライアント ライブラリをインストールして、それらのサービスをアプリと統合できます。

サポートされている GCP サービス用のすべての Node.js ライブラリの完全なリストについては、その Node.js API とライブラリのリファレンスをご覧ください。

Cloud Storage を使用するものとします。

Cloud Storage 用の Node.js クライアント ライブラリをインストールするには:

  1. パッケージ マネージャを使用して、クライアント ライブラリをローカルにインストールします。

    • npm を使用するには、次のコマンドを実行します。

      npm install --save @google-cloud/storage

    • yarn を使用するには、次のコマンドを実行します。

      yarn add @google-cloud/storage

  2. 認証をセットアップします。自動的に認証を処理するように Google Cloud Node.js ライブラリを構成することも、手動で認証情報を提供することもできます。

  3. Cloud Storage 用の Node.js クライアント ライブラリ リファレンスを使用して、アプリに Cloud Storage サービスのサポートを実装します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js 用 App Engine スタンダード環境に関するドキュメント