Google Cloud のすべてのトレーニングを 1 か月間無料でご利用いただけます。 今すぐ開始

Professional Cloud DevOps Engineer

Professional Cloud DevOps Engineer は、サービスの信頼性の確保と迅速な配信との適度なバランスを保つために、開発プロセスの効率的な運用を目指します。また、Google Cloud を使用したソフトウェア配信パイプラインの構築、サービスのデプロイとモニタリング、インシデントの管理、およびインシデントから知見を得ることに精通している必要があります。

Professional Cloud DevOps Engineer 認定試験では、以下に関する能力が評価されます。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。
    サイト信頼性エンジニアリングの原則をサービスに適用する
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。
    サービス パフォーマンスを最適化する
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。
    サービスのモニタリング戦略を実装する
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。
    サービスの CI / CD パイプラインを構築および実装する
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。
    サービス インシデントを管理する

この認定試験について

時間: 2 時間

登録料: $200(税別)

言語: 英語

試験の形式: 多肢選択式

試験の実施方法:

a. 遠隔監視オンライン試験を受験する

b. テストセンターでオンサイト監視試験を受験する

必須条件: なし

推奨される経験: 業界経験が 3 年以上(Google Cloud でのソリューションの管理の経験 1 年以上を含む)。

認定資格の更新と再認定: 認定資格を維持するには、再認定を受ける必要があります。試験の詳細で特に示されていない限り、Google Cloud のすべての認定資格は認定を受けた日から 2 年間有効になります。再認定を受けるには、再認定の対象期間中に試験を受け直し、合格点を達成する必要があります。再認定試験は、認定資格が有効期限切れになる 60 日前から受けることができます。

試験の概要

1. 試験ガイドを確認する

試験ガイドには、試験に出題される可能性があるトピック一覧が掲載されています。スキルが試験のトピックと一致しているかどうかを判断するのに役立ちます。

2. トレーニング

3. 模擬試験

模擬試験を受けて、Cloud DevOps Engineer 試験で出題される可能性のある質問の形式と内容を把握します。

4. 受験日を選択する

リモートまたはお近くのテストセンターで受験するオプションを選択して登録します。

試験の利用規約データ共有ポリシーをお読みください。