Professional Cloud DevOps Engineer

Professional Cloud DevOps Engineer は、開発プロセスの効率的な運用を目指します。これには、サービスの信頼性の確保と迅速な配信との適度なバランスを探ることが関係してきます。また、Google Cloud Platform を使用したソフトウェア配信パイプラインの構築、サービスのデプロイとモニタリング、インシデントの管理、およびインシデントから知見を得ることに精通している必要があります。

Professional Cloud DevOps Engineer 認定試験では、以下に関する能力が評価されます。

  • サイト信頼性エンジニアリングの原則をサービスに適用する
  • サービス パフォーマンスを最適化する
  • サービスのモニタリング戦略を実装する
  • サービスの CI / CD パイプラインを構築および実装する
  • サービス インシデントを管理する

    この認定試験について

    • 時間: 2 時間
    • 登録料: $200(税別)
    • 言語: 英語
    • 試験の形式: 試験は選択式で、テストセンターで受験します。お近くの試験会場は、こちらから検索してください
    • 必須条件: なし
    • 推奨される経験: 業界経験が 3 年以上(GCP でのソリューション管理の経験 1 年以上を含む)。

    1. 試験ガイドを確認する

      試験ガイドには、試験に出題される可能性があるトピック一覧が掲載されています。ガイドをお読みになり、ご自身のスキルが試験のトピックに一致しているかどうかをご確認ください。

    2. トレーニング

    3. ハンズオン プラクティス

      この試験では、職務に関連した技術的スキルが評価されます。そのため、実践での経験が一番の試験対策となります。まだ経験も浅く、実地経験も足りないと感じる方は、Qwiklabs のハンズオンラボや GCP の無料枠を使って知識やスキルをレベルアップさせましょう。

    4.模擬試験

    5. 補足資料

    6. 受験日を選択する