Google Cloud Innovators で学習と成長を加速できます。今すぐ参加

Professional Cloud Developer

Professional Cloud Developer は、Google が推奨する実践方法とツールを使用しながら、スケーラブルで可用性の高いアプリケーションを構築します。また、クラウド ネイティブ アプリケーション、デベロッパー ツール、マネージド サービス、次世代データベースなどを取り扱います。さらに、少なくとも 1 つの汎用プログラミング言語に精通していて、コードのデバッグとトレースを行うための有意義な指標やログを生成できます。

Professional Cloud Developerベータ版認定試験では、以下に関する能力が評価されます。

  • スケーラビリティ、可用性、信頼性に優れたクラウドネイティブ アプリケーションの設計
  • アプリケーションのビルドとテスト
  • アプリケーションのデプロイ
  • Google Cloud サービスの統合
  • アプリケーションのパフォーマンス モニタリングの管理

この認定試験について

時間: 2 時間

登録料: $200(税別)

言語: 英語または日本語

試験の形式: 多肢選択式

試験の実施方法:

a)遠隔地からオンライン監視試験を受験する

b)テストセンターでオンサイト監視試験を受験する

必須条件: なし

推奨される経験: 業界経験が 3 年以上(Google Cloud を使用したソリューションの設計と管理の経験 1 年以上を含む)。

認定資格の更新と再認定: 認定資格を維持するには、再認定を受ける必要があります。試験の詳細で特に示されていない限り、Google Cloud のすべての認定資格は認定を受けた日から 2 年間有効になります。再認定を受けるには、再認定の対象期間中に試験を受け直し、合格点を達成する必要があります。再認定試験は、認定資格が有効期限切れになる 60 日前から受けることができます。

試験の概要

1. 実務体験を積む

Cloud Developer 試験を受験するには、Google Cloud プロダクトおよびソリューションの実務経験が 3 年以上あることが推奨されます。構築を開始するには、一部のプロダクトの Google Cloud の無料枠を最大で 1 か月間、無料でお試しいただけます。

Google Cloud の無料枠を試す

2. 試験内容を理解する

試験ガイドには、試験に出題される可能性があるトピック一覧が掲載されています。スキルが試験と一致しているかどうかを判断するのに役立ちます。

試験ガイドを見る

3. 模擬試験を受ける

Cloud Developer 試験で出題される可能性のある問題の形式と内容をよく理解します。

模擬試験を受ける

4. トレーニングでスキルを完成させる

5. 受験日を選択する

リモートまたはお近くのテストセンターで受験するオプションを選択して登録します。

試験の利用規約データ共有ポリシーをお読みください。