料金

サービス エンドポイント

Traffic Director の料金は、サービス エンドポイントに基づいて計算されます。各サービス エンドポイントの料金は 1 時間 $0.0006945 で、エンドポイントあたり月額 $0.50 になります。

サービス エンドポイントは、Traffic Director が構成されたサービスのエンドポイントまたはバックエンドです。Traffic Director サービス(バックエンド サービスともいいます)を構成するときに、1 つ以上のインスタンス グループ、マネージド インスタンス グループ(MIG)、ネットワーク エンドポイント グループ(NEG)を割り当てます。料金請求には、次のことが当てはまります。

  • インスタンス グループと MIG には、Compute Engine 仮想マシン(VM)インスタンスであるバックエンドが含まれます。インスタンス グループまたは MIG バックエンドの各 VM インスタンスはサービス エンドポイントとしてカウントされます。
  • NEG には通常、Google Kubernetes Engine(GKE)Pod に解決されるエンドポイントが含まれています。NEG 内の各エンドポイントは、サービス エンドポイントとしてカウントされます。

Traffic Director サービスについては、サービス エンドポイントの合計数は、サービスのインスタンス グループ、MIG、NEG に含まれるバックエンド / エンドポイントの合計です。サービス エンドポイントの合計数は、それぞれの Traffic Director サービスのサービス エンドポイントを合計して計算されます。

次の例は、Traffic Director の標準的な使用料金を示します。料金は、サービス エンドポイントにつき 1 時間あたり $0.0006945 で、月額 $0.50 になります。

Traffic Director の料金の例。
Traffic Director の料金の例(クリックして拡大)

上の例では、Traffic Director を使用して 3 つのサービスが構成されています。

  • お支払い(内部)には、5 つのエンドポイント(NEG A の 3 つと NEG B の 2 つ)があります。
  • お支払い(外部)には、4 つのエンドポイント(NEG B の 2 つと NEG C の 2 つ)があります。
  • カート(外部)には MIG A の 4 つのエンドポイントがあります。

このデプロイが 1 か月間変わらない場合、おおよその請求額は以下のようになります。

サービス エンドポイントあたり $0.50/月 ×(5 + 4 + 4)エンドポイント = $0.50 × 13 = $6.50/月

1 か月の時間数によって、月額料金は $0.50 から若干増減する場合があります。

自動スケーリングと小額請求

自動スケーリングを有効にすると、MIG と NEG のサイズが動的に変更します。たとえば、トラフィックが突然急増すると、自動スケーリングによって新しい GKE Pod が作成され、NEG のエンドポイントとして登録されます。この NEG が Traffic Director サービスに属している場合、サービス エンドポイントが NEG に登録されている間、料金が発生します。Pod が停止して NEG から削除されると、そのサービス エンドポイントには課金されません。

前述のように、1 か月間存在するサービス エンドポイントの料金は約 $0.50 です。自動スケーリングの場合、サービス エンドポイントの構成期間は 1 か月未満になるため、その月の課金は少額になります。たとえば、1 つのサービス エンドポイントが半月存在した場合、料金は約 $0.25 になります。

Anthos をご利用のお客様の料金

料金については、営業担当者にお問い合わせください