Container Registry の料金

このドキュメントでは、Container Registry の料金の詳細について説明します。

料金の概要

以下の料金が Container Registry に適用されます。

ストレージと下り(外向き)ネットワーク

Container Registry の課金対象は、レジストリに保存されたコンテナ イメージ用の Cloud Storage ストレージと下り(外向き)ネットワークです。

ストレージと下り(外向き)ネットワークの費用の詳細については、Cloud Storage の料金ページをご覧ください。

Cloud Storage の料金の変更は 2022 年 10 月 1 日から有効になります。これらの変更は、Container Registry に保存されているコンテナ イメージのストレージと下り(外向き)ネットワークの費用に影響します。詳細については、Cloud Storage の料金変更のお知らせをご覧ください。

脆弱性スキャン

Container Scanning API を Artifact Registry または Container Registry のどちらかで有効にすると、脆弱性スキャンがオンになり、両方のプロダクトについて料金が発生します。脆弱性スキャンの料金については、Container Analysis のドキュメントをご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

ストレージ

初めて Container Registry へイメージを push すると、システムによって Cloud Storage バケットが作成され、すべてのイメージが保存されます。このストレージに対して料金が発生します。

デフォルトの Cloud Storage クラスStandard で、これはほとんどの Container Registry ストレージ バケットに使用されます。

ロケーションやストレージのニーズは変化する場合があるため、Cloud Storage バケットのクラスも変化することがあります。他のバケットクラスの料金については、Cloud Storage の価格表をご覧ください。

ネットワーク(下り)

Container Registry からのトラフィックに関する課金方法については、Cloud Storage の下り(外向き)ネットワークの料金表をご覧ください。

上り(内向き)ネットワーク

上り(内向き)ネットワークは無料です。

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせ