カスタマイズした学習プランで Professional Collaboration Engineer 認定資格取得に向けて準備をしましょう。今すぐ登録して期間限定の無料トレーニングをご利用ください。

Professional Collaboration Engineer

Professional Collaboration Engineer は、ユーザー、コンテンツ、統合について統括的に考慮しながら、ビジネス目標を具体的な構成、ポリシー、セキュリティ対策に変換します。また、組織のメール ルーティングと ID 管理インフラストラクチャに関する知識を活かして、効率的で安全な通信とデータアクセスを実現します。エンジニアリングとソリューションの視点を持って業務に取り組む Collaboration Engineer は、ツール、プログラミング言語、API を使ってワークフローを自動化します。また、Google Workspace と Google のツールセットを推進しながら、エンドユーザーにトレーニングを実施し、業務効率の向上を目指します。

Professional Collaboration Engineer 試験では、以下に関する能力が評価されます。

  • Google Workspace の承認およびアクセスの計画と実装
  • ユーザー、リソース、チームドライブのライフサイクルの管理
  • メールの管理
  • Google Workspace サービスの制御と構成
  • エンドポイント アクセスの構成と管理
  • 組織運営のモニタリング
  • Google Workspace の採用とコラボレーションの促進

    関連する職務: IT システム管理者、クラウド ソリューション エンジニア、エンタープライズ コラボレーション エンジニア、システム エンジニア

    登録 よくある質問

    この認定試験について

  • 時間: 2 時間
  • 登録料: $200(税別)
  • 言語: 英語、日本語
  • 試験の形式: 試験は選択式
  • 試験の実施方法:
    1. 遠隔監視オンライン試験を受験する方は、オンライン テストの要件をご確認ください。
    2. テストセンターでオンサイト監視試験を受ける方は、お近くのテストセンターをこちらから検索してください
  • 前提条件: なし
  • 推奨される経験: 業界経験が 3 年以上(Google Workspace(旧 G Suite)の管理経験 1 年以上を含む)。
  • 1. 試験ガイドを確認する

      試験ガイドには、試験に出題される可能性があるトピック一覧が掲載されています。ガイドをお読みになり、ご自身のスキルが試験のトピックに一致しているかどうかをご確認ください。

    2. トレーニング

    3. 模擬試験

      模擬試験を確認して、Collaboration Engineer 試験で出題される可能性のある質問の形式と内容を把握します。

    4. 受験日を選択する

      リモートまたはお近くのテスト センターで受験するオプションを選択して登録します。