料金

このドキュメントでは、Identity Platform の料金の詳細について説明します。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の概要

Identity Platform では、ほとんどのログイン方法で、月間アクティブ ユーザー(MAU)に基づいて料金が計算されます。ある月にログインしたアカウントは、その月のアクティブ ユーザーと見なされます。アクティブでないユーザーについては、保存に伴う請求は発生しません。

電話認証と多要素認証ユーザーは、確認が成功するごとに料金が加算されます。

料金計算ツール

Google Cloud Platform 料金計算ツールを使うと、Identity Platform の使用料金を見積もることができます。

料金表

Identity Platform の料金は、使用する認証方法に基づき、いくつかのティアに分類されます。

ティア 1 プロバイダ

  • メール
  • 電話
  • 匿名
  • ソーシャル

月間アクティブ ユーザー(MAU) MAU あたりの料金($)
0~49,999 0
50,000~99,999 0.0055
100,000~999,999 0.0046
1,000,000~9,999,999 0.0032
10,000,000 以上 0.0025

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

ティア 2 プロバイダ

  • OpenID Connect(OIDC)
  • Security Assertion Markup Language(SAML)

月間アクティブ ユーザー(MAU) MAU あたりの料金($)
0~49 0
50 以上 0.015

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

電話認証

確認 1 件あたりの料金($)
成功した確認 10,000 件まで 無料
米国、カナダ、インド 0.01
その他の国 0.06

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

多要素認証

確認 1 件あたりの料金($)
成功した確認 100 件まで 無料
米国、カナダ、インド 0.01
その他の国 0.06

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

使用量の確認

現在の Identity Platform の使用量を確認するには、以下を実行します。

  1. Cloud Console の [お支払い] ページを開きます。
    [お支払い] ページに移動

  2. [レポート] タブを開きます。

  3. [フィルタ] で、[プロダクト] のプルダウン メニューから [Identity Platform] と [Firebase Authentication] を選択します。

チャートには現在の課金額も表示されます。使用量がティアの無料枠を使い切っていない場合は、フラットなラインの表が表示されます。

表は、認証方法による料金ごとに分類されます。ティア 1 と 2 のプロバイダからの料金はこのようにリストされます。電話認証と多要素認証の料金は、Firebase Authentication としてリストされます。

料金の例

次の表は、アプリケーションとサービスを組み合わせた 3 通りの Identity Platform 利用パターンの例と、1 か月の料金の見込み額を示しています。

認証の種類 アプリケーションまたはサービスの例
ユーザーアプリ エンタープライズ向け SaaS ハイブリッド サービス
匿名ユーザー 5,000 0 1,000
メールユーザー(パスワードの有無にかかわらず) 70,000 45,000 60,000
Google や Facebook などの ソーシャル プロバイダ ユーザー 150,000 0 70,000
小計 225,000 の MAU
50,000 × 0 = $0
50,000 × 0.0055 = $275
125,000 × 0.0046 = $575
小計: $850
45,000 の MAU
45,000 × 0 = $0
小計: $0
131,000 の MAU
50,000 × 0 = $0
50,000 × 0.0055 = $275
31,000 × 0.0046 = $143
小計: $418
電話または SMS による確認 オーストラリアまで 11,000 0 カナダまで 12,000
小計 11,000 件の電話による確認
10,000 × 無料 = $0
1,000 × 0.06 = $60
小計: $60
$0 12,000 件の電話による確認
10,000 × 無料 = $0
2,000 × 0.01 = $20
小計: $20
フェデレーション SAML ユーザー 0 2,000 1,000
フェデレーション OIDC ユーザー 0 75,000 9,000
小計 $0 77,000 の MAU
50 × 0 = $0
76,950 × 0.015 = $1154
小計: $1154
10,000 の MAU
50 × 0 = $0
9,950 × 0.015 = $149
小計: $149
1 か月の合計費用 $910 $1,154 $587

上の例は、以下の一般的な利用傾向に沿った具体的な事例を示したものです。

  • ユーザーアプリでは、通例、アプリに登録してログインするユーザーのソーシャル プロバイダの認証情報か、ユーザーが電話またはメールによる認証を利用して Identity Platform で直接作成した認証情報を利用します。場合によっては、アプリケーションをテストしている匿名ユーザーに、利用状況とユーザー ID が維持管理される完全なユーザー アカウントへとアップグレードしてもらうこともできます。上の例では、SMS のワンタイム パスワードもアプリケーションへのログインに利用しています。
  • エンタープライズ向け SaaS サービスでは、一元的かつ組織的な ID 管理体制の維持を組織が求めているため、フェデレーションを利用してサービスにログインすることが一般的です。上の例で、Identity Platform サービスにアカウントを登録するユーザーも存在しますが、フェデレーションを目的として OIDC を利用するユーザーが数多く存在しています。 また、SAML フェデレーションを利用するユーザーも存在します。
  • ハイブリッド サービスは、お客様、パートナー、従業員、アプリケーションやサービスへのアクセスを必要としているあらゆるユーザーが混在する環境です。上の例では、ローカル アカウントの作成、SAML や OIDC といったエンタープライズ向けフェデレーション技術の利用など、多種多様なログイン方法が利用されています。