php.ini ファイル

App Engine アプリケーションには php.ini ファイルを用意できます。このファイルを使用すると、PHP インタープリタ ディレクティブの動作をカスタマイズできます。

デフォルトの php.ini 構成の例をご覧ください。

カスタム php.ini ファイルの使用

php.ini ファイルは、app.yaml ファイルがある、アプリケーションのベース ディレクトリに配置します。このファイルは、アプリケーション コードの実行前に、PHP インタープリタが初期化されるときに読み込まれます。

このファイルは、他の .ini ファイルと同じ構文に従います。以下に簡単な例を示します。

; This is a simple php.ini file on App Engine
; It enables output buffering for all requests by overriding the
; default setting of the PHP interpreter.
output_buffering = "On"

コア ディレクティブのリストとその変更可能なモード値は、php.net に公開されています。

次の変更可能なモード値のいずれかを持つ PHP ディレクティブは、オーバーライドできます。

  • PHP_INI_SYSTEM
  • PHP_INI_ALL
  • PHP_INI_PERDIR

extension ディレクティブを使用すると、一連の動的に読み込み可能な拡張機能を有効にできます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine スタンダード環境での PHP 7.2 に関するドキュメント