コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Sony Music、 YouTube 史上最大規模の ミュージック ライブストリームイベントをサポートするアプリを構築

1D Day のローンチ

ロンドンの Sony Music は、 YouTube での One Direction Day ライブストリームイベントを計画する傍ら、この人気バンドの熱心なファンに向けた姉妹版の「セカンドスクリーン」アプリを開発したいと考えていました。1D Day が大規模なイベントになることが予想されながら、アプリの作成に残されていた時間は 3 週間を切っていました。全てを順調に進めるべく、 Sony Music とそのデジタルエージェンシーは、 Google Cloud Platform サービスの Google App Engine を導入しました。

ファンとのより深い結びつき

7 時間にわたるイベントが 2013 年 11 月の土曜日に行われることになりました。Google+ 経由で 1D Day Quiz app にログインしたファンは、バンドおよび、ライブストリームイベントで起こっている内容に関して、択一型の質問を目にすることになります。Sony は 10 分毎に新しい質問をプッシュで配信し、ファンによる正答数の累計を次々と表示させたいと考えていました。また、正答数がある数に達したファンにバッジを賞品として渡すことも考えていました。更に、アプリは Google+ フィードを実装し、ライブストリームの感想を定期的に更新する機能も持つことになっていました。これらの機能は全てトラフィックのスパイクを招きかねないものでした。

「Sony Music は一貫して、私たちとの関係やファンとの会話を深めるために、テクノロジーを利用しています。」とデジタルマーケティング部部長の Genevieve Ampaduh 氏は述べます。「ファンの皆さんに 1D Day を完全にインタラクティブなイベントとして楽しんでもらいたかったのです。Google ハングアウトや AR (拡張現実)の賞品、 1D Day アプリは、どれもファンがライブ中にイベントを楽しむ補助的な手段となります。1D のファンの数とそのアクティブさを考えると、アプリには Google App Engine のパワーが必須でした。1D Day で一緒に音楽を演奏しようとするファンの数と、それが技術的には全く問題が無い、ということを考えるとワクワクしました。

“ Google App Engine を使わなかったら、このアプリがこんなに早く実現することはなかったでしょう。”

Genevieve Ampaduh, head of digital marketing, Sony Music

スケーラビリティと使いやすさからくる自信

Sony Music のデジタルマーケティングエージェンシー ais London が、 Google のサポートを受けながらアプリの開発に当たりました。Sony Music はこのアプリを使い、ファンの居場所や人口統計などを含んだデータへのリアルタイムなアクセス、その取り込み、および保存を行うことを望んでいました。この情報の一部はライブストリームにプッシュされ、インタラクティブな体験を改善するために使われることになります。このアプリ成功の鍵はスケーラビリティでした。開発チームは、 7 時間にわたる 1D Day のイベントの間、トラフィックの負荷は 1 秒あたり数 100 クエリ (QPS) から数 1000 クエリ以上に急増する可能性が有ることを知っていました。「トラフィックのスパイクが繰り返し起こっても崩壊しない、 100% 信頼できるプラットフォームが必要でした。」と ais ビジネス開発ディレクター James Bartram 氏は述べています。

「Google App Engine ソリューションのスケーラビリティは、この上なく貴重なもので、これにより、私たちは、キャンペーンを通じて素晴らしいユーザー エクスペリエンスを確保できるという確信も持つことが出来ました。」 App Engine を使えば、ボイラープレートコードの作成が必要なくなり、またスケーリングがオートで処理されるので、開発者の生産性を劇的に改善します。これらは、リードタイムが大変短かったことを考えると 1D Day Quiz アプリを開発する上で重要なファクターでした。「開発のスケジュールを短縮することで、デザインや UX フェーズの前倒しが可能となり、より高度なデザインを実現することが出来ました。」と Bartram 氏は述べています。「このアプリは完全にブランドイメージに沿ったもので、世界中にいる One Direction のファンに素晴らしいユーザー エクスペリエンスを提供しました。」

天文学的なトラフィック、低いエラーレート

ais は Google と共同で、彼らが標準のスクリプトランゲージとして採用している PHP を使いアプリを書きました。チームは、 予測された大量のトラフィックを処理する為に Google Cloud Datastore を採用し、最終的には、専用の Memcache の使用を決断し、統計データをバケットに保存してDatastore に掛かるプレッシャーを軽減しました。それぞれの機能が、 Google App Engine とシームレスに働いたのです。これらの準備が報われたのは、 1D Day でファンがアプリの URL を想定していたより数時間早く見つけたことでした。彼らがソーシャルメディアに投稿したことで、イベントが始まる前からサイトのトラフィックを爆発的に増やしたのです。アプリのチームは、この早期のトラフィックの立ち上がりを App Engine Admin Console を使ってモニターし、自分たちの仮説の多くが正しいことを確認することができました。イベントが始まって 4 時間後にライブストリーミングでアプリのアナウンスを行うと、それだけで QPS は 12 倍に増加しました。

成功へのスケーリング

1D Day は YouTube で行われたライブストリームとしては最大規模でした。772,000 の同時視聴と 1,070 万回の再生回数、 483 年分の視聴時間を獲得しました。また、 1,500 万超のソーシャルメディアでのメンション、 30,000 のニュース記事、 800,000 を超える Google+ のフォロワーも生みました。Second Screen アプリは完璧に動作し、 630,000 のユニークビジターをたった 10 時間で達成しました。アプリのトラフィックは最大 9,000 QPS で、十分に計画内の容量でした。

「私たちは、これまでの経験から One Direction のファンがサイトやサービスに与える歪みを知っていました。」と Sony Music デジタルマーケティングマネージャーの Nadia Themistocleous 氏は語ります。「 Google App Engine のスケーラビリティのおかげで、アプリが重い負荷の下でも動くことが分かっていました。」