Google App Engine

さまざまな言語を使用して Google のインフラストラクチャ上でスケーラブルなウェブ バックエンドやモバイル バックエンドを構築

無料トライアル

幅広い対応能力

オープンなクラウド プラットフォームで最新のウェブ アプリケーションやモバイルアプリを開発でき、独自の言語ランタイム、フレームワーク、サードパーティ ライブラリを導入することも可能です。Google App Engine はインフラストラクチャが完全に抽象化されたフルマネージド プラットフォームであり、デベロッパーはコードの記述に専念できます。ゼロの状態からグローバルな規模までスケーリング可能で、今日、大きな成功を収めている企業でも活用されています。その理由をぜひご確認ください。

幅広い対応能力

多くの言語コミュニティをサポート

App Engine は追加設定なしで Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHP をサポートします。これらの言語を使用しているデベロッパーは、使い慣れた環境で「コードを追加するだけ」の高い生産性をすぐに得ることができます。

多くの言語コミュニティをサポート

クラウドの開かれた未来

デベロッパーは、プラットフォームや技術に縛られた、人為的な制約のある専用ツールを嫌います。そのようなツールとは異なる、追加設定なしですぐに使えるツールをお探しですか?App Engine では、デベロッパーが独自の Docker イメージを使用したり、言語ランタイムやフレームワーク、サードパーティ ライブラリなどのカスタム ソフトウェア スタックを独自に導入したりすることができます。アプリケーションを異なるプラットフォームに移植する場合は、オンプレミスまたはプライベート クラウドやパブリック クラウドにある Kubernetes のようなコンテナベース システムにアプリケーションをデプロイできます。

クラウドの開かれた未来

コードを追加するだけ

高品質のコードを出荷する、その妨げとなるものは何もありません。インフラストラクチャに関する問題、たとえばトラフィック処理目的でのアプリのスケールアップまたはスケールダウン、インスタンスの負荷分散、ヘルスチェック、インスタンスの復旧、基盤 OS へのアップデートの適用といった作業はすべて Google に任せることができます。

必要なときにインフラストラクチャをコントロール

必要なときにインフラストラクチャをコントロール

通常はフルマネージドの恩恵を受けながら、必要に応じてインフラストラクチャにアクセスして高度にコントロールすることができます。インスタンスに SSH で直接接続し、カスタムコードのデプロイ、コンテナの管理、DevOps プロセスへの App Engine の統合などを行うことができます。アプリの CPU 要件やメモリ要件を指定すると、それに合わせて App Engine が自動的にインフラストラクチャをプロビジョニングします。

どのようなワークロードにも応えるエンドツーエンドのコンピューティング

大企業における既存アプリケーションやレガシー アプリケーションの運用環境はハイブリッドで、マルチクラウドになっていることが多く、アプリは VM、コンテナ、フルマネージド プラットフォームなどにデプロイされているものです。

GCP はこのような多様な環境で効果を発揮します。Google の世界屈指のネットワーク インフラストラクチャなら、どのようなワークロードにも対応し、きわめて低いレイテンシでアプリが通信を行うことができます。

どのようなワークロードにも応えるエンドツーエンドのコンピューティング

拡大するサービス エコシステム

App Engine は、API を呼び出すだけで、拡大を続けるマネージド サービスのエコシステムを利用できるように設計されています。SQL データベースと NoSQL データベースモニタリングおよび診断ツール、Cloud Pub/Sub などの一般的なサービス、GCP の幅広いデベロッパー ツールから選択できます。

App Engine の特長

自動スケーリング機能を備えた、アプリ作成のための強力なプラットフォーム

一般的な言語
Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHP でアプリケーションを開発でき、独自の言語ランタイムを導入することも可能
オープンかつ優れた柔軟性
Docker コンテナを提供することで、カスタム ランタイムを使用して任意のライブラリやフレームワークを App Engine に導入可能
フルマネージド
インフラストラクチャに関する問題は App Engine のフルマネージド環境に任せて、デベロッパーはコードの記述に専念可能
モニタリング、ロギング、診断
Google Stackdriver の強力なアプリケーション診断機能により、アプリの正常性やパフォーマンスのデバッグとモニタリングが可能
アプリケーションのバージョニング
バージョンの異なるアプリも簡単にホスティングでき、開発環境、テスト環境、ステージング環境、本番環境を簡単に構築可能
トラフィック分割
受信したリクエストをさまざまなバージョンのアプリに転送して A/B テストを行い、機能を段階的に公開
サービス エコシステム
優れたクラウド デベロッパー ツール群など、拡大を続ける GCP サービスのエコシステムをアプリから利用可能

「私たちは自動スケーリングと高可用性を求めていますが、社内ロギングや BI インフラストラクチャを制御するために O/S レベルのコントロールも必要としています。Google App Engine のフレキシブル環境があれば、IT に時間を取られることなく、本来の業務に注力できます。」

Danny Leshem 氏 Wix Restaurants、ディレクター

App Engine の料金

App Engine は他社と比べても魅力的なクラウド料金体系になっており、アプリの使用状況に応じて課金されます。スタンダード環境とフレキシブル環境によって料金は異なります。詳しくは料金ガイドの料金表をご覧ください。