Google App Engine

フルマネージド型のサーバーレスなプラットフォーム上で高度なスケーラビリティを備えたアプリケーションを構築

無料トライアル

このプロダクトのドキュメントを見る。

フルマネージド型のサーバーレスなアプリケーション プラットフォーム

フルマネージド型のプラットフォーム上でアプリケーションを構築してデプロイしてください。アプリケーションのスケールをゼロから地球規模まで拡大しても、基盤となるインフラストラクチャの管理について心配する必要はありません。サーバーの管理も環境の構成も不要なため、開発者は優れたアプリケーションを構築することだけに集中でき、管理上のオーバーヘッドは発生しません。App Engine では、よく利用されている開発言語と幅広いデベロッパー ツールがサポートされているため、デベロッパーは高い生産性と俊敏性(アジリティ)を維持できます。

おなじみのオープンな言語とツール

おなじみのオープンな言語とツール

よく利用されている言語(Java、PHP、Node.js、Python、C#、.Net、Ruby、Go など)を使用して、アプリケーションを短時間で構築してデプロイできます。必要に応じて独自の言語ランタイムとフレームワークを自由に導入することもできます。App Engine の下では、構成情報を特に設定しなくてもすぐに開発を開始できます。業界最先端のツール(Cloud SDK、Cloud Source Repositories、IntelliJ IDEA、Visual Studio、PowerShell)を利用した、コマンドラインからのリソース管理、本番環境でのソースコードのデバッグ、API バックエンドの実行といった作業が可能です。

コードを追加するだけ

開発者はコーディングだけに集中でき、基盤となるインフラストラクチャの管理を心配する必要はありません。アプリケーションのスケールをゼロから地球規模まで自動的に調整する機能があり、サーバーの管理やパッチの適用もフルマネージドで運用されるため、インフラストラクチャ絡みの問題は Google にすべて任せることができます。アプリケーションをセキュリティ上の脅威から保護するには、App Engine のファイアウォール機能、IAM(Identity and Access Management)ルール、そしてマネージド型の SSL/TLS 証明書を使用します。

フルマネージド型アプリケーションの構築

支払いは従量制

アプリケーションをサーバーレスな環境で実行するときは、プロビジョニング(リソース割り当て)の過不足を心配する必要はありません。App Engine は、アプリケーションのトラフィックに応じて自動的にスケーリングし、コードの実行中だけリソースを消費します。お支払いが発生するのは、消費したリソース分だけです。

支払いは従量制

App Engine の特長

自動スケーリング機能を備えた、アプリ作成のための強力なプラットフォーム

一般的な言語
Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHP でアプリケーションを開発でき、独自の言語ランタイムを導入することも可能
オープンかつ優れた柔軟性
Docker コンテナを提供することで、カスタム ランタイムを使用して任意のライブラリやフレームワークを App Engine に導入可能
フルマネージド
インフラストラクチャに関する問題は App Engine のフルマネージド環境に任せて、デベロッパーはコードの記述に専念可能
モニタリング、ロギング、診断
Google Stackdriver の強力なアプリケーション診断機能により、アプリの正常性やパフォーマンスのデバッグとモニタリングが可能
アプリケーションのバージョニング
バージョンの異なるアプリも簡単にホスティングでき、開発環境、テスト環境、ステージング環境、本番環境を簡単に構築可能
トラフィック分割
受信したリクエストをさまざまなバージョンのアプリに転送して A/B テストを行い、機能を段階的に公開
アプリケーションのセキュリティ
App Engine ファイアウォールのアクセスルールを定義してアプリケーションを保護し、カスタム ドメインでマネージド SSL/TLS 証明書* をデフォルトで利用可能(追加費用なし)
サービス エコシステム
優れたクラウド デベロッパー ツール群など、拡大を続ける GCP サービスのエコシステムをアプリから利用可能

ソリューションとユースケース

最新のウェブ アプリケーション

App Engine 上にウェブ アプリケーションを導入することで、お客様やエンドユーザーとすぐにつながることができます。App Engine では、開発環境の構成もサーバーの管理も不要なため、コーディングに集中できます。また、トラフィックが急激に跳ね上がってもアプリケーションが自動的にスケーリングされるため、プロビジョニングやパッチの適用、モニタリングは必要ありません。

以下は、App Engine と Google Cloud Platform を利用して簡単なウェブ アプリケーションを構築する際のサンプル リファレンス アーキテクチャです。

最新のウェブ アプリケーション

導入事例

Khan Academy Idexx ロゴ Dialpad ロゴ

ドキュメント

Java ウェブアプリを App Engine スタンダード環境に導入する

App Engine で簡単な Bookshelf Java アプリを開発してみる

Cloud Console のスタンダード環境入門

スケーラビリティを備えたモバイル バックエンド

モバイルアプリを初めて構築する場合やなんらかのモバイル エクスペリエンスを通じて現在のユーザーと接触したい場合は App Engine を利用するとよいでしょう。そのために必要な環境が自動的にスケーリングされます。 また、Firebase とのシームレスな統合によって、簡単に利用できるフロントエンドのモバイル プラットフォームとスケーラビリティを備えた信頼性の高いバックエンドが提供されます。

以下は、Firebase および App Engine と Google Cloud Platform のその他のサービスを利用して構築した典型的なモバイルアプリのサンプル リファレンス アーキテクチャです。

スケーラビリティを備えたモバイル バックエンド

導入事例

Pocketgems ロゴ Rovio ロゴ

ドキュメント

Firebase と Google App Engine スタンダード環境

Firebase と Google App Engine フレキシブル環境

Cloud Endpoints を利用してクライアント デバイスに接続する

お客様の声

料金

App Engine は他社と比べても魅力的なクラウド料金体系になっており、アプリの利用状況に応じて課金されます。App Engine は、スタンダード環境内かフレキシブル環境内でインスタンスとして実行されます。 App Engine の課金モデルにはいくつかの基本的なコンポーネントがあります。たとえば、スタンダード環境のインスタンス、フレキシブル環境のインスタンス、App Engine の API とサービスなどです。実際の請求額を見積もるには、Google の料金計算ツールをご利用ください。
料金体系の詳細については、こちらのドキュメント ページをご覧ください。

フィードバックを送信...