BigQuery の従来のウェブ UI の使用

新しい BigQuery ウェブ UI をお試しください。皆さまのフィードバックをお待ちしています。Google Cloud Platform Console への移行の概要についてはこちらをご覧ください。

概要

BigQuery が提供する 2 つのグラフィカル ウェブ UI(GCP Console のウェブ UI、従来の BigQuery ウェブ UI)を使用すると、BigQuery リソースの作成と管理、および SQL クエリの実行が可能です。このページでは、従来のウェブ UI についてご紹介します。

ウェブ UI の使用方法については、次のいずれかをご覧ください。

始める前に

従来の BigQuery ウェブ UI を使用する前に、GCP Console でプロジェクトを作成または選択する必要があります。

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。既存のプロジェクトで BigQuery を有効にするには、次のディレクトリに移動します。 BigQuery API を有効にします。

    APIを有効にする

  4. クレジット カード情報を提供しない、またはプロジェクトに対する課金を有効化しない場合は、BigQuery のサンドボックスをご使用いただけます。このトピックの手順は、プロジェクトに対する課金が有効かどうかに関係なく使用できます。必要に応じて課金を有効にしたい場合は、課金を有効にする方法についてをご覧ください。

従来のウェブ UI を開く

従来のウェブ UI を開くには、ブラウザに次の URL を入力して、project_id を従来のウェブ UI で開いているプロジェクトの ID に置き換えます。

https://bigquery.cloud.google.com/project_id

下のボタンをクリックすると、最近アクセスしたプロジェクトを使用してウェブ UI が開かれます。

従来のウェブ UI に移動

従来のウェブ UI の概要

従来のウェブ UI には 3 つのメイン セクションがあります。

  1. ページの左側(ナビゲーション ペイン):

    ナビゲーション ペインの上半分には、行う操作(クエリの作成、クエリ履歴の確認、ジョブ履歴の確認)を示すアイテムのリストが表示されます。

    ナビゲーション ペインの下半分には、アクセス可能な現在のプロジェクト内のデータセット、および BigQuery 一般公開データセットのリストがあります。フィルタ ボックスを使うと、データセット ID またはラベルでフィルタリングできます。

  2. 詳細ペイン:
    ナビゲーション ペインで選択された操作に関連する情報が表示されます。たとえば、ナビゲーション ペインでデータセットをクリックすると、そのデータセットに関する情報が詳細ペインに表示されます。
  3. クエリ ウィンドウ:
    [クエリを作成] をクリックすると、詳細ペインの上に [New Query] ウィンドウが追加されます。このウィンドウが不要な場合は閉じることができます。

BigQuery ウェブ UI のスクリーンショット

リソースの表示

ナビゲーション ペインには、現在のプロジェクト内の閲覧可能なデータセットのリストが表示されます。データセットの横にある データセット展開アイコン アイコンまたはデータセット名をクリックすると、データセットが展開され、その中にあるテーブルが表示されます。

テーブルをクリックすると、詳細ウィンドウにそのテーブルに関する情報が表示されます。次に、ウィンドウの右側にある [テーブルをクエリ] ボタンをクリックすると、そのテーブルの基本クエリがクエリボックスに入力されます。クエリを手動で変更してフィールドの指定やクエリのカスタマイズが可能です。また、クエリの実行は現在選択されているテーブルに限定されません。テーブルに対するクエリ実行の詳細については、インタラクティブ クエリの実行をご覧ください。

プロジェクトの追加と削除

BigQuery の作業はすべてプロジェクト内で行われます。このプロジェクトの名前は、ナビゲーション ペインのデータセットのリストの上に表示されます。プロジェクトで行うすべての作業は、プロジェクトに関連付けられた請求先アカウントに課金されます。BigQuery の課金の詳細については、料金のページをご覧ください。

従来のウェブ UI では次のことを行えます。

  • 他のプロジェクトを追加(または固定)する
  • 固定したプロジェクトを削除する
  • 別のプロジェクトに切り替える

プロジェクトの追加

従来のウェブ UI でプロジェクトのプルダウン メニューを使用すると、プロジェクトを追加または「固定」できます。

従来の UI にプロジェクトを追加するには:

  1. ナビゲーション ペインでプロジェクト名の横にある下矢印アイコン 下矢印アイコン をクリックします。

  2. プルダウン メニューで、[Switch to project] > [Display project] をクリックします。

  3. [Display Project] ダイアログで次のようにします。

    • プロジェクト ID を入力します。
    • [Display project in navigation panel] が選択されたままにします。
    • [OK] をクリックして、ナビゲーション パネルにプロジェクトを追加します。

      [Display Project] ダイアログ

従来の UI からプロジェクトを削除

以前に追加(または「固定」)したプロジェクトを削除するには:

  1. ナビゲーション ペインでプロジェクト名の横にある下矢印アイコン 下矢印アイコン をクリックします。

  2. プルダウン メニューで、[Remove project from panel] をクリックします。

プロジェクトの切り替え

別のプロジェクトに切り替える(そのプロジェクトを UI に固定しない)場合は、コンテキスト メニューを使用します。

プロジェクトを切り替えるには:

  1. ナビゲーション ペインでプロジェクト名の横にある下矢印アイコン 下矢印アイコン をクリックします。

  2. プルダウン メニューで [Switch to project] をクリックし、リストからプロジェクトを選択します。UI に表示されているプロジェクトが、選択したプロジェクトに置き換えられます。

共有データセットの追加

他のユーザーにプロジェクトへのアクセス権を付与することなく、そのプロジェクトのデータセットを共有することが。共有が行われると、その共有データセットが含まれたプロジェクト名のメールを受信します。そのプロジェクトとデータセットが従来の UI へ自動的に表示されるわけではありません。

メールの browser tool リンクをクリックすると、そのプロジェクトが表示された状態でウェブ UI が開きます。共有データセットが含まれたプロジェクトを固定する場合は、プロジェクトの追加の手順に従ってください。

ジョブ履歴とクエリ履歴の表示

従来のウェブ UI を使用してジョブの実行クエリの実行を行うと、その履歴がナビゲーション ペインに保存されます。クエリも一種のジョブですが、使いやすさを考慮してクエリ履歴は別途保存されます。

UI 内のジョブとクエリの履歴には、過去 6 か月間のすべての読み込み、エクスポート、コピー、送信したクエリなどのジョブが含まれます(最大 1,000 エントリ)。1,000 ジョブという上限は、全種類のジョブの累計の上限です。

ジョブ履歴の表示

ジョブ履歴を表示するには、次のいずれかを行います。

  • ナビゲーション ペインの [Job History] リンクをクリックします。

  • ブラウザに次の URL を入力します。

    https://bigquery.cloud.google.com/jobs/project_id

ウェブ UI を使用して読み込みジョブを反復することはできますが、エクスポートまたはコピージョブは反復できません。

クエリ履歴の表示

クエリ履歴を表示するには、次のいずれかを行います。

  • ナビゲーション ペインの [Query History] リンクをクリックします。

  • ブラウザに次の URL を入力します。

    https://bigquery.cloud.google.com/queries/project_id

ウェブ UI を使用して、クエリジョブを反復できます。

ジョブ履歴とクエリ履歴の検索

クエリ履歴またはジョブ履歴をフィルタリング(または検索)して、条件に適合した特定のジョブだけを表示できます。返される結果は、従来の UI で取得されたジョブのプールに制限されます。デフォルトでは、最新の 1,000 個のジョブを従来の UI で検索できます。

履歴内にあるすべての該当ジョブを一覧表示するには、jobs.list API メソッドか bq ls CLI コマンドを使用します。

クエリ履歴またはジョブ履歴をフィルタリングするには:

  1. ナビゲーション ペインで、[ジョブ履歴] または [クエリ履歴] をクリックします。
  2. [filter jobs] プルダウン メニューをクリックして、フィルタ式のボックスを表示します。
  3. フィルタ式のボックスで次のようにします。

    • [Any] をクリックしてフィルタ条件を選択します。
    • [operator] プルダウン メニューをクリックして演算子を選択します。選択した条件に応じて演算子リストは変化します。たとえば、条件として [text] を選択すると演算子リストには [substring] と [regex] が含まれます。
    • ボックスに値を入力します。

      フィルタ式ビルダー

  4. [AND] をクリックすると、フィルタに条件をさらに追加できます。

  5. [検索] をクリックします。

次のいずれかのジョブ プロパティを使用すると、クエリジョブをフィルタリングできます。

  • [Any] - すべてのプロパティ。
  • [Job ID (jobid)] - ジョブの一意の不透明 ID。
  • [User (user)] - ジョブを送信したユーザー。
  • [Start Time (start)] - エポックからのミリ秒単位で表わしたジョブの開始時間。このプロパティが存在するのは、ジョブが PENDING 状態から RUNNING または DONE 状態へ移行した場合です。
  • [End Time (end)] - エポック時刻からのミリ秒単位の経過時間で表されるジョブの終了時間。ジョブが DONE 状態であればこのプロパティが存在します。
  • [Destination table (dest)] - ジョブ オペレーション(読み込み、コピー、クエリ)の宛先テーブルの名前。
  • [クエリテキスト] - 送信された SQL クエリのテキスト。
  • [処理されたバイト数] - SQL クエリで処理された合計バイト数。
  • [UDF code] - ユーザー定義関数(UDF)のコードが含まれたインライン リソース。

次のいずれかのジョブ プロパティを使用すると、読み込み、コピー、抽出の各ジョブをフィルタリングできます。

  • [Any] - すべてのプロパティ。
  • [Job ID (jobid)] - ジョブの一意の不透明 ID。
  • [User (user)] - ジョブを送信したユーザー。
  • [Start Time (start)] - エポックからのミリ秒単位で表わしたジョブの開始時間。このプロパティが存在するのは、ジョブが PENDING 状態から RUNNING または DONE 状態へ移行した場合です。
  • [End Time (end)] - エポック時刻からのミリ秒単位の経過時間で表されるジョブの終了時間。ジョブが DONE 状態であればこのプロパティが存在します。
  • [Destination table (dest)] - ジョブ オペレーション(読み込み、コピー、クエリ)の宛先テーブルの名前。
  • [Title (title)] - 履歴に表示されるタイトル。たとえば、読み込みジョブのタイトルは「uploaded file to myproject:mydataset.mytable」となります。
  • [Type (type)] - ジョブの種類: 読み込み、クエリ、コピー、抽出(エクスポート)。
  • [Copy source (copysrc)] - コピージョブのコピー元テーブル。
  • [Destination URI (desturi)] - 抽出(エクスポート)ジョブの Cloud Storage の抽出先 URI。
  • [Source table (srctable)] - 抽出ジョブの抽出元テーブル。
  • [Source URI (srcuri)] - 読み込みジョブの Cloud Storage の読み込み元 URI。

クエリ履歴の並べ替え

[Queries] ペインの [Sort By] オプションを使用して、従来の UI 内のクエリ履歴を並べ替えることもできます。[Queries] ペインを開くには、ナビゲーション ペインで [Query History] をクリックします。

クエリ履歴 [Sort By] ボタン

並べ替えオプションは次のとおりです。

  • Date - クエリを実行日で並べ替えます。
  • Duration - クエリを合計実行時間で並べ替えます。
  • Duration / byte - 入力バイトで正規化して、期間でクエリを並べ替えます。これにより、さまざまな入力サイズのクエリの実行時間を比較できます。たとえば、時間の経過に伴って大きくなる一連のテーブルがあり、入力サイズの変化によってのみ発生する差を差し引いて、クエリの効率を比較するとします。この場合、入力サイズと実行時間の関係が線形であることを前提とします。
  • 入力バイト数 - クエリを読み取られたバイト数で並べ替えます。
  • Slot-ms - クエリによって使用されるすべてのスロットでアクティブなクエリをミリ秒の合計で並べ替えます。slot-ms による並べ替えは、観測期間に影響を与える可能性のあるシステムの遅延や他の不確実さの原因による影響が少ないため、処理作業をより安定して測定できます。
  • Slot-ms / byte - Duration / byte と同様に、Slot-ms / byte は slot-ms の正規化された形式です。

    クエリ履歴並べ替えオプション

従来の UI の表示制限

従来のウェブ UI の表示には次の制限があります。

  • ナビゲーション ペインに表示できるデータセットは 1,000 のみです。
  • プロジェクトごとにナビゲーション ペインに表示できるテーブル数は最大 30,000 です。

従来の UI の表示パフォーマンスの制御

まれなケースとして、大量のテーブルを含むデータセットがプロジェクトに大量にあると、従来のウェブ UI のパフォーマンスに影響することがあります。プロジェクトに大量のリソースが含まれる場合に UI のパフォーマンスを改善するには、?minimal パラメータを使用して、表示されるリソース数をプロジェクトあたり 10,000 テーブルに制限します。たとえば、ブラウザに次の URL を入力して、表示されるリソース数を制限します。

https://bigquery.cloud.google.com/queries/project_id?minimal.

キーボード ショートカット

従来のウェブ UI では次のキーボード ショートカットがサポートされています。

キーの組み合わせ(Windows / Linux) キーの組み合わせ(Mac OS) アクション
Ctrl+Space Ctrl+Space オープンされているクエリがない場合: 新しいクエリを作成
クエリエディタが開いている場合: 現在の単語をオートコンプリート
Ctrl+Enter Cmd+Enter 現在のクエリを実行
Tab Tab 現在の単語をオートコンプリート
Ctrl Cmd テーブル名をハイライト表示
Ctrl キーを押しながらテーブル名をクリック Cmd キーを押しながらテーブル名をクリック テーブル スキーマを開く
Ctrl+E Cmd+E 選択項目からクエリを実行
Ctrl+/ Cmd+/ 現在の行または選択した行にコメントを付ける
Ctrl+Shift+F Cmd+Shift+F クエリを書式設定

従来のウェブ UI の例は、BigQuery ドキュメントの入門ガイドに多く記載されています。以下は、クエリの実行や、BigQuery リソースの作成、取得、一覧表示、削除、変更などの一般的なウェブ UI タスクへのリンクです。

データのクエリ

従来のウェブ UI を使用してクエリを作成および実行する方法については、次をご覧ください。

リソースの作成

従来のウェブ UI を使用してリソースを作成する方法については、次をご覧ください。

リソースに関する情報の取得

従来のウェブ UI を使用してリソースに関する情報を取得する方法については、次をご覧ください。

リソースの一覧表示

従来のウェブ UI を使用してリソースを一覧表示する方法については、次をご覧ください。

リソースの更新

従来のウェブ UI を使用してリソースを更新する方法については、次をご覧ください。

データの読み込み

従来のウェブ UI を使用してデータを読み込む方法については、次をご覧ください。

外部データソースの使用

従来のウェブ UI を使用して外部データソースのデータをクエリする方法については、次をご覧ください。

データのエクスポート

従来のウェブ UI を使用してデータをエクスポートする方法については、次をご覧ください。

BigQuery Data Transfer Service の使用

BigQuery Data Transfer Service で従来のウェブ UI を使用する方法については、次をご覧ください。

Google Cloud Platform Console に移動

Google Cloud Platform Console の BigQuery ウェブ UI は、2019 年 4 月に一般提供(GA)を開始しました。GCP Console への移行により、他の Google Cloud Platform との親和性が高まるとともに、新機能の迅速なリリースが可能になります。さらに、GCP Console は、クエリ履歴の並べ替えやフィルタ処理を行うコントロールやデータセットの共有を行うコントロールなど、便利な UI 要素を備えています。

Google Cloud Platform Console での BigQuery ウェブ UI の一般提供開始に伴い、BigQuery の従来のウェブ UI に対する、機能更新(重要なセキュリティ修正を除く)およびサポートの提供が終了しました。

従来の BigQuery ウェブ UI からの移行スケジュールは次のとおりです。

  • 2019 年 12 月
    従来のウェブ UI にアクセスした場合、GCP Console にリダイレクトされます。リダイレクトされたユーザーはその後のリダイレクトを無効にできます。
  • 2020 年 6 月
    2020 年 6 月以降は Google Cloud Platform Console の BigQuery ウェブ UI のみ利用できます。

従来のウェブ UI の機能の大部分は Google Cloud Platform Console でサポートされています。従来のウェブ UI と GCP Console の主な相違点は、以下のとおりです。

従来のウェブ UI Google Cloud Platform Console
デフォルトのクエリ構文はレガシー SQL です。標準 SQL を有効にするには、標準 SQL のクエリ接頭辞を使用する必要があります。 デフォルトでは標準 SQL でクエリを実行しますが、[クエリの設定] メニュー オプションを使用してレガシー SQL に戻すことができます。ユーザー定義関数は標準 SQL で記述する必要があります。
外部データソースとしての Cloud Bigtable の使用がサポートされます。 GCP Console での Cloud Bigtable テーブルのクエリは、従来のウェブ UI が廃止される 3 か月前までに利用できるようになります。
プロジェクト内のリソース一覧の更新がサポートされます。 従来のウェブ UI が廃止される 3 か月前までには、プロジェクト内のリソース一覧を更新できるようになります。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。