データセットの概要

このページでは、BigQuery のデータセットの概要について説明します。

データセット

データセットは、特定のプロジェクト内に含まれています。データセットは、テーブルビューへのアクセスを整理して制御するために使用される最上位のコンテナです。テーブルまたはビューはデータセットに属していなければなりません。したがって、データを BigQuery に読み込む前に、1 つ以上のデータセットを作成する必要があります。GoogleSQL を使用する場合はデータセット名を完全修飾するために projectname.datasetname 形式を使用します。また、bq コマンドライン ツールを使用する場合はデータセット名を完全修飾するために projectname:datasetname 形式を使用します。

ロケーション

データセットの作成時に BigQuery データを保存するロケーションを指定します。BigQuery データセットのロケーションの一覧については、BigQuery のロケーションをご覧ください。データセットの作成後は、ロケーションを変更することはできませんが、データセットを別の場所にコピーすることや、手動でデータセットを別のロケーションに移動(再作成)することができます。

BigQuery は、クエリの対象となるテーブルを含むデータセットと同じロケーションでクエリを処理します。BigQuery では、サービス固有の規約に従って、選択されたロケーションにデータが保存されます。

制限事項

BigQuery データセットには次の制限があります。

  • データセットのロケーションは、作成時にのみ設定できます。データセットの作成後はそのロケーションを変更できません。
  • 1 つのクエリで参照されるすべてのテーブルは、同じロケーションにあるデータセット内に保存されている必要があります。

  • テーブルをコピーする場合、コピー元とコピー先のテーブルが同じロケーションに存在する必要があります。

  • データセット名は各プロジェクトで一意である必要があります。

割り当て

データセットの割り当てと制限の詳細については、割り当てと制限をご覧ください。

データの保持

削除されたデータと変更されたデータを、復元が必要となる場合に備えて短時間保持するために、データセットではタイムトラベルフェイルセーフ期間が組み合わせて使用されます。詳細については、タイムトラベルとフェイルセーフによるデータの保持をご覧ください。

ストレージの課金モデル

データセットを作成する場合、そのデータセットで使用されるストレージの課金のデフォルトの消費単位は論理バイトです。物理バイトを使用した課金を選択することも可能です。既存のデータセットのストレージ課金モデルを、物理バイトを使用するように変更することもできます。

データセットの課金モデルを変更した場合は、変更が反映されるまでに 24 時間を要します。

データセットのストレージ課金モデルを変更した後、再度ストレージ課金モデルを変更するには、14 日間お待ちいただく必要があります。

物理バイトを使用するようにストレージ課金モデルを設定すると、課金されるアクティブ ストレージの合計費用には、タイムトラベル ストレージとフェイルセーフ ストレージに使用するバイト数が含まれます。ストレージ費用とデータ保持のニーズのバランスを取るようにタイムトラベル期間を構成できます。ストレージ費用の予測の詳細については、ストレージ料金を予測するをご覧ください。

利用条件:

データセット ストレージの課金モデルをデータセットに使用できるのは、データセットと同じリージョンに既存の定額制スロット コミットメントがない場合に限られます。データセットと同じリージョンに定額制コミットメントがない場合、組織はデータセットを物理ストレージ課金の対象として登録できます。

料金

データセットの作成、更新、削除については、課金されません。

BigQuery の料金の詳細については、料金をご覧ください。

セキュリティ

BigQuery でデータセットへのアクセスを制御するには、データセットへのアクセスの制御をご覧ください。データ暗号化の詳細については、保存データの暗号化をご覧ください。

次のステップ