BigQuery ジョブの概要

このページでは、BigQuery ジョブの概要について説明します。

BigQuery ジョブ

ジョブとは、データの読み込みデータのエクスポートデータのクエリデータのコピーなど、BigQuery がユーザーに代わって実行するアクションのことです。

GCP Console、従来の BigQuery ウェブ UI、CLI を使用してデータの読み込み、エクスポート、クエリ、コピーを行う際に、ジョブリソースが自動的に作成され、スケジュールが設定されて実行されます。また、読み込み、エクスポート、クエリ、コピーのジョブをプログラムで作成することもできます。プログラムでジョブを作成すると、BigQuery によってジョブがスケジュールされ、実行されます。

ジョブの実行には長い時間がかかる場合があるため、ジョブは非同期で実行され、ステータスをポーリングできます。リソースの一覧表示やメタデータの取得など、短時間のアクションは、ジョブリソースでは管理されません。

必要な権限

ジョブを実行するには、少なくとも bigquery.jobs.create 権限が必要です。 bigquery.jobs.create 権限は、BigQuery によって自動的に作成されるジョブで必要とされ、ユーザーがプログラムで実行するジョブでも必要です。

事前定義された以下の Cloud IAM 役割には bigquery.jobs.create 権限が含まれています。

  • bigquery.user
  • bigquery.jobUser
  • bigquery.admin

BigQuery での Cloud IAM 役割と権限については、アクセス制御をご覧ください。

割り当てポリシー

ジョブ割り当ての詳細については、「割り当てと制限」ページのジョブタイプのドキュメントをご覧ください。

料金

すべてのジョブは、ユーザーが指定する特定のプロジェクトに関連付けられます。ジョブで発生した使用料金は、関連付けられたプロジェクトに接続されている請求先アカウントに請求されます。プロジェクトへのアクセスを共有している場合、プロジェクトで実行されるジョブの料金はすべて、接続されている請求先アカウントに請求されます。

詳細については、料金のページをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。