DNS 設定のクイックスタート

このトピックでは、Google Cloud DNS を使用して、Apigee ハイブリッド Ingress IP アドレスを指すレコードセットにより DNS ゾーンを構成する方法の例を示します(通常、このアドレスはハイブリッド インストール時に事前に構成した静的 IP となります)。

登録済みドメインを取得する

Google Domains または他のお好きなドメイン登録事業者を通じてドメイン名を登録できます。

マネージド ゾーンとレコードセットを作成する

このセクションでは、Google Cloud DNS で DNS ゾーンとレコードセットを作成する方法について説明します。

  1. ドメインのマネージド ゾーンとレコードセットを作成します。これは、ハイブリッドに対する API プロキシ呼び出しを行うために使用するアドレスです。
    1. 一般公開マネージド ゾーンを作成します。手順については、一般公開マネージド ゾーンを作成するをご覧ください。
    2. 以下を選択して、新しいレコードセットを作成します。手順については、新しいレコードの作成をご覧ください。
      • DNS 名: api-servicesexample-endpoint など、外部 API 呼び出しが通信するエンドポイントの名前
      • リソース レコードのタイプ: A
      • TTLTTL ユニット: デフォルトを受け入れます
      • IP Address: 作成した静的 IP
  2. [ゾーンの詳細] ビューで、作成した A レコードの DNS 名をコピーして、DOMAIN 環境変数に保存します。最後にピリオドを付けてください。

    DNS 名の環境変数がハイライト表示されています

    export DOMAIN=dns_name_of_record
  3. Cloud DNS に DNS サーバーを追加する

    このステップでは、ドメインから Google Cloud DNS に DNS サーバーをコピーします。これにより、Google Cloud はお客様の Google Cloud プロジェクトの DNS を管理できるようになります。

  4. [ゾーンの詳細] ビューには、新しいゾーンの NS データとして 4 つの DNS サーバーが一覧表示されます。次の例に示すように、DNS レコードデータをコピーします。

    ゾーンの詳細、DNS サーバーがハイライト表示されます

Google Cloud ネームサーバーを使用するようにドメインを構成する

ドメイン登録事業者に移動し、Google Cloud ネームサーバーを使用するようドメインの DNS 設定を編集します。

次のスクリーンショットは、Google Domains で Google Cloud ネームサーバーを入力する場合の例です。

Google ドメイン(ハイライトされたカスタム ネームサーバーを使用)

Google Cloud DNS でドメインの DNS レコードが管理されるようになりました。

次のステップ

1 2 3 4 5 (次へ)ステップ 6: 環境を追加する