Apigee ハイブリッドでサポートされているプラットフォームとバージョン

対応プラットフォーム

Apigee ハイブリッドでは、次のプラットフォーム バージョンがサポートされます。

Apigee ハイブリッドのバージョン

プラットフォーム

1.5 1.6 1.7
Anthos(3)(Google Cloud) 1.18.x
1.19.x
1.19.x
1.20.x
1.21.x
1.20.x
1.21.x
Anthos(3)(AWS) 1.6.x
1.7.x
1.8.x(1)
1.7.x
1.8.x(1)
1.9.3+
1.10.x
1.9.x
1.10.x
Anthos(3)(Azure) 該当なし 1.8.x 1.8.x
Anthos(3)(オンプレミス - VMware) 1.6.x
1.7.x
1.8.x(1)
1.7.x
1.8.x(1)
1.9.3+
1.10.x
1.9.x
1.10.x
Anthos(3)(Bare Metal) 1.6.x
1.7.x
1.7.x
1.8.2+
1.9.3+
1.10.x
1.9.x
1.10.x
Anthos(3)(接続クラスタ - マルチクラウド)
Kubernetes バージョン(EKS)
1.18.x
1.19.x
1.19.x
1.20.x
1.21.x
1.20.x
1.21.x
Anthos(3)(接続クラスタ - マルチクラウド)
Kubernetes バージョン(AKS)
1.18.x
1.19.x
1.19.x
1.20.x
1.21.x
1.20.x
1.21.x
Anthos(3)(接続クラスタ - マルチクラウド)
OpenShift バージョン
4.5
4.6
4.7
4.6
4.7
4.8
4.7
4.8
Anthos(3)(接続クラスタ - マルチクラウド)
Konvoy バージョン
1.7.x 1.7.x 該当なし

コンポーネント

1.5 1.6 1.7
Anthos Service Mesh(ASM)(2) 1.7.x
1.8.x
1.9.x
1.12.x(バージョン 1.5.9 以降の Apigee Hybrid 1.5 の場合) 
1.9.x
1.10.x
1.12.x(Apigee ハイブリッド バージョン 1.6.6 以降)
1.10.x
1.11.x
1.12.x
JDK JDK 11 JDK 11 JDK 11
cert-manager 1.2.0 1.5.4 1.7.x
Cassandra 3.11.6 3.11.6 3.11.9

(1) バージョン 1.8.2 以降では、このドキュメントの手順に従ってください。バージョン 1.8.2 以降にアップグレードすると cert-manager と競合します

(2) ASM のサポート対象バージョンのみをインストールします

(3) Anthos のサポート対象バージョンのみをインストールします。

サポート対象のバージョン

Apigee ハイブリッドのサポートは、ランタイム プレーン バージョンのサポート ポリシーを遵守します。 ポリシーには、Apigee ハイブリッドのマイナー バージョンは、元のリリースから最大で 9 か月間サポートされることが示されています。

次の表に、Apigee ハイブリッドのサポート対象バージョンと、特定のバージョンのサポート終了(EOL)日を示します。

バージョン リリース日 スケジュールされているサポート終了日
1.7 2022-04-18 2023-01-18
1.6 2021-09-13 2022-09-13*
1.5 2021-06-18 2022-06-18*
*拡張サポート

サポートされていないバージョンの Apigee ハイブリッドを使用している場合は、サポートされているバージョンにアップグレードする必要があります。アップグレード方法については、Apigee ハイブリッドのアップグレードをご覧ください。

次の表に、サポートされていないバージョンの Apigee ハイブリッドとサポート終了(EOL)日を示します。

バージョン リリース日 EOL 日
1.4 2020-12-17 2021-09-17
1.3 2020-07-30 2021-04-30
1.2 2020-04-30 2021-01-30
1.1 2020-01-27 2020-10-27