データの保存場所

このセクションでは、Apigee ハイブリッドのローカル ランタイム プレーンに保存されているデータと、(Apigee Cloud の)管理プレーンで保持されているデータについて説明します。

ランタイム プレーンに保存されているデータ

ランタイム プレーンに保存されるデータを含めて、ランタイム プレーン サービスを管理します。次のデータは、ランタイム Cassandra によって保存されます(また、MART を介して管理プレーンから、または管理プレーンによってアクセスされます)。

  • 鍵管理システム(KMS)データ(会社、デベロッパー、デベロッパー アプリ、API プロダクト、OAuth トークン(アクセス トークン、更新トークン、認証コードを含む)、API キーなど)
  • Key-Value マップ(KVM)データ(KVM ポリシーを使用して作成と管理が可能)
  • 環境キャッシュ データ
  • OAuth データ(アクセス トークン、更新トークン、認証コードなど)
  • 割り当てデータ(バケット、カウンタなど)

管理プレーンに保存されているデータ

次のデータは管理プレーンに保存されます。

これらのエンティティを管理プレーン(ハイブリッド UI や Apigee API など)で作成し、関連データがこのデータをプルダウンするランタイムプレーンで Synchronizer によって複製されます。この場合、MP がアクセスできるランタイム プレーンに保存します。

詳しくは、Synchronizer をご覧ください。

ランタイム プレーンから管理プレーンに送信されるデータ

ランタイム プレーンでは、次のデータを(非同期的に)管理プレーンに送信します。

  • 分析
  • デプロイ ステータス イベント
  • トレース データ

GCP プロジェクトの Stackdriver に送信されるデータ

  • ログデータ
  • 指標

管理プレーンにのみ保存されているデータ

  • 監査ログ
  • RBAC
  • ユーザー

ハイブリッド サービスによって生成されるさまざまなタイプのデータと、ハイブリッドがこのデータを収集して表示する仕組みについては、データ収集の概要をご覧ください。