ステップ 5: DNS を構成する

静的 IP を予約する

次の手順に従って、ランタイム ロードバランサの静的 IP アドレスを作成します。このアドレスは、クラスタの外部から来る API プロキシ リクエストにハイブリッド ランタイムを公開します。

  1. Google Cloud Console を開き、ステップ 1: Google Cloud アカウントを作成するで作成したアカウントでログインします。
  2. ステップ 2: Google Cloud プロジェクトを作成するで作成したプロジェクトを選択します。
  3. まだ行っていない場合は、Cloud DNS API を有効にします。API の有効化をご覧ください。
  4. 静的 IP アドレスを作成します。
  5. 予約した外部 IP アドレスをコピーします。例: 34.56.78.90。これは、後のステップで使用します。

登録済みドメインを取得する

登録済みのドメインがある場合は、Apigee ハイブリッドのインストールに使用できます。まだない場合は、Google Domains または他のお好きなドメイン登録事業者を通じてドメイン名を登録できます。

DNS を構成する

次のように、DNS サーバーのゾーン内に新しい A タイプレコードを作成します。

  • DNS ゾーンのサブドメイン名を指定します。たとえば、ゾーンの親ドメインが acme.com の場合、サブドメイン名は myapi のようになります。この例では、アドレスは次のようになります。myapi.acme.com
  • A レコード アドレスを静的 IP の数値 IP アドレス(ドット付き 10 進数)に設定します。例: 34.56.78.90

使用できる既存のドメインがない場合は、クイックスタートをご覧ください。ここでは、Google Domains と Google Cloud DNS を使用してドメインを作成し、DNS ゾーンを設定する方法を示します。DNS クイックスタートをご覧ください。

次のステップ

1 2 3 4 5 (次へ)ステップ 6: 環境を追加する