ステップ 1: GCP アカウントを作成する

なんらかの操作を行う前に、Google Cloud Console アカウントとプロジェクトが必要になります。この手順では、GCP アカウントの作成方法について説明します。組織に Cloud Identity または G Suite が構成されている場合は、次のステップ(ステップ 2: Google Cloud プロジェクトを作成する)に進みます。

Cloud Identity を設定する場合は、ドメインの所有権を証明する必要があります。

GCP アカウントを作成する

  1. ブラウザで Google Cloud Console を開きます。

  2. ログインを求められたら、[アカウントを作成] をクリックして新しいアカウントを作成します。

  3. 手順に従い、会社のメールアドレスを Google アカウントとして登録します。あるいは、Gmail アカウントや他の Google アカウントを使用することもできます。

  4. Google Cloud Console に進み、表示された GCP の利用規約に同意します。

Cloud Identity の設定

Cloud Identity を使用して Apigee で組織 ID を管理する場合は、次の点に注意してください。

  • Cloud Identity に関する一般的な情報については、こちらか、Cloud Identity ヘルプセンターをご覧ください。
  • Cloud Identity には、LDAP サーバーとの同期ツールや SSO の構成機能など、組織からユーザーを一括で作成する方法があります。
  • GCP で Cloud Identity を使用することで、GCP 組織を利用できます。これにより、より高度なリソース階層を構成できます。Apigee ハイブリッドでは不要ですが、他の GCP サービスを使用する場合や組織の複数のメンバーがサービスにアクセスする場合は、こうした階層を作成すると便利です。
  • Cloud Identity を使用するには、使用するドメインの所有権を確認する必要があります。

次のステップ

1 (次へ)ステップ 2: Google Cloud プロジェクトを作成する 3 4 5 6