Apigee プロダクトを比較する

Apigee X のドキュメントが表示されています。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

このトピックでは、Apigee X と Apigee ハイブリッドを Apigee Edge for Public Cloud と Private Cloud と比較します。Apigee Edge for Public Cloud と Apigee Edge for Private Cloud の詳細については、Apigee Edge のドキュメントをご覧ください。

次の表に、このトピックで比較されている Apigee API 管理プロダクトを示します。

プロダクト ホストされている場所 管理者
Apigee Edge for Public Cloud Apigee のクラウド Apigee
Apigee Edge for Private Cloud お客様のプライベート データセンター。 お客様
Apigee X Google Cloud Apigee
Apigee ハイブリッド Google Cloud とお客様のプライベート データセンターの両方 Apigee が管理プレーンを管理し、お客様がランタイム プレーンを管理します。

Apigee ハイブリッドと Apigee Edge for Private Cloud

次の表では、Apigee ハイブリッドと Apigee Edge for Private Cloud を比較しています。

サービス Apigee プロダクトまたは機能領域
Apigee ハイブリッド Apigee Edge for Private Cloud
アナリティクス ランタイム プレーンのデータ収集 Pod は、fluentdUDCA(Universal Data Collection Agent)を使用して分析情報を収集し、データを管理プレーンの UAP(統合アナリティクス プラットフォーム)に読み込みます。 Qpid サーバーと Postgres サーバー
API プロキシ ゲートウェイ Message Processor(MP)が受信リクエストを処理します。MP は、ランタイム プレーンで 1 つ以上のコンテナ化アプリとして実装されています。 Message Processor
永続性 Cassandra が、KMS、KVM、割り当て、キャッシュ機能のための永続性(データストア)を提供します。 Cassandra ノードまたはリング
デプロイ Synchronizer により、管理プレーンとランタイム プレーンの間で API プロキシ構成、環境情報、その他のデータが最新の状態に保たれます。 ZooKeeper
管理ユーザー インターフェース Apigee UI は、管理プレーンでホストされるコンテナ化されたアプリです。 Apigee Edge UI は Management Server でホストされます。
負荷分散 Istio Ingress コントローラが、ランタイム プレーンの Router / Message Processor(RMP)コンテナ化アプリにリクエストを渡します。 Router
API Apigee X API には Management ServerMART を介してアクセスします。MART はローカル Cassandra データストアとインタラクションして、Apigee X API の API プロバイダとして機能し、ランタイム データ エンティティにアクセスして管理します。 管理サーバー
指標 すべてのサービスに対応する単一の Prometheus サーバーがクラスタごとに存在し、このサーバーによって管理されます。 JMX で構成された各コンポーネント

機能の比較

以降のセクションでは、Apigee Edge Public/Private Cloud の機能と Apigee X および Apigee Hybrid の機能を比較します。

現在の機能の違いの概要

次の表に、Apigee X(および Apigee ハイブリッド)と Apigee Edge for Public Cloud Platform および Private Cloud プラットフォームとの機能レベルでの違いを示します。

Apigee Edge の機能 Apigee X と Apigee ハイブリッドのサポート
API プロキシ リビジョン

デプロイ時に変更不可

Apigee Adapter for Istio 非推奨: 代わりに Envoy 用 Apigee アダプタを使用することをおすすめします。
デプロイ
  • 非同期デプロイ
  • デプロイ ステータスの取得は、ランタイム プレーンが管理プレーンで最後に「チェックイン」された時刻に基づき行われます。
環境
  • 環境グループのサポート
  • Apigee の UI と API によるセルフサービス
  • トポロジを提供する際の柔軟性が高い
  • MP Pod は 1 つの環境のみを提供可能

詳細については、環境と環境グループについてをご覧ください。

拡張機能 非対応
キーストア / トラストストア
  • ノースバウンドは Kubernetes Secret として管理される
KVM
  • Apigee UI で、暗号化された環境スコープの KVM を作成できます。KVM は常に暗号化されます。UI で KVM エントリを追加、更新、表示することはできません。
  • デバッグ(Trace)セッションで KVM 情報を非表示にするには、GET コマンドですべての変数と一緒に private. 属性を使用します。private. 属性が使用されていない場合、KVM は暗号化されています。ただし、KVM 情報はデバッグ(Trace)セッションで復号され、例外はスローされません。
  • Apigee API を使用して KVM エントリを追加、更新、一覧表示することはできません。
  • KVM にエントリを追加するには、KeyValueMapOperations ポリシーを使用する必要があります。
  • KVM と同じユースケースの一部で、プロパティ セットを使用できます。プロパティ セットの使用をご覧ください。
  • <MapName> 要素を使用すると、KeyValueMapOperations ポリシーが実行時に動的に使用する KVM を識別できます。

UI で KVM を作成する方法の詳細については、Key-Value マップの使用をご覧ください。適切なデータ永続性メカニズムの選択方法については、構成データへのアクセスをご覧ください。

Microgateway 非対応
収益化 Apigee X と Apigee Edge との Monetization の比較をご覧ください。
Node.js
  • Node.js API プロキシはサポートされていません。
  • Node.js アプリケーションは Kubernetes(同じクラスタまたは別のクラスタ)内の別のコンテナとしてホストすることをおすすめします。
Hosted Targets

サポートされていません。

OAuth 新しい Revoke OAuthv2 ポリシーは、エンドユーザー ID、アプリ ID、またはその両方によってトークンを取り消します。このポリシーは、Apigee Edge API に代わるもので、OAuth2 トークンを取り消します。
OpenAPI 仕様ストア 非対応
ポリシー
  • 新しいポリシー:
    • AssertCondition ポリシーは、リクエスト フローまたはレスポンス フローのランタイムで条件文を評価します。
    • CORS ポリシー: ウェブページ内で実行される JavaScript XMLHttpRequest(XHR)呼び出しが、オリジン以外のドメインのリソースとやり取りできるようにします。
    • DataCapture ポリシー: StatisticsCollector ポリシーに代わるものです。
    • ExternalCallout ポリシー: gRPC サーバーに gRPC リクエストを送信して、Apigee ポリシーでサポートされていないカスタム動作を実装します。
    • GraphQL ポリシー: GraphQL ペイロードを解析してメッセージ フロー変数にする、スキーマに対する GraphQL リクエストを検証する、またはその両方を行います。
    • PublishMessages ポリシー: API プロキシフロー情報を Google Cloud Pub/Sub トピックに公開します。
    • Revoke OAuthv2 ポリシー: ユーザー ID、アプリ ID、またはその両方によってトークンを取り消します。
    • TraceCapture ポリシー: Apigee ランタイムのトレースデータに変数を追加します。
  • ポリシーがサポートされていません:
    • StatisticsCollector ポリシー(新しい DataCapture ポリシーに置き換えられました)
  • 変更されたポリシー:
リソース 組織レベルのリソースは使用できません。
役割と権限
  • Google Cloud コンソールの IAM サービスを介して管理されます。
  • キュレートされた事前定義の役割がいくつか用意されています。
  • 他の GCP 権限を含むカスタムロールを作成できます。

詳細については、ユーザーとロールをご覧ください。

Sense 非対応
[Build a Proxy] ウィザードの SOAP サービス サポートされていません。Apigee と一緒に使用する SOAP ユーティリティを提供するオープンソース プロジェクト wsdl2apigee をご覧ください。
セッションのトレース / デバッグ Trace との相違点をご覧ください。
仮想ホスト

Apigee ハイブリッドの場合:

  • Ingress は Anthos Service Mesh を介して実装されます。
  • 鍵と証明書は Kubernetes に直接デプロイされます。

Apigee X の場合:

  • Apigee 内で、または Apigee によって管理されていません。
  • 各インスタンスは自己署名証明書を使用して HTTPS エンドポイントを公開します。証明書を照会すると、証明書の CA をダウンロードできます。
  • Istio ゲートウェイ(Envoy)が使用され、そこに証明書と鍵が配置されます。

両方の場合:

  • Apigee 内で、または Apigee によって管理されていません。

Trace との相違点

次の表は、Apigee X および Apigee ハイブリッドと Apigee Edge Cloud での動作の違いを示しています。

機能 Apigee Edge Cloud Apigee X と Apigee ハイブリッド
適時性 リアルタイム、同期 わずかな遅延、非同期
セッション名 / ID ユーザーからセッション名を取得する ユーザーからセッション名を取得しない
フィルタ ヘッダーやクエリ パラメータのフィルタリングなど、基本的なフィルタのサポート 複雑なフィルタリング論理のサポート(AND 論理演算、OR 論理演算など)。任意のフロー変数(フロー変数のリファレンスを参照)へのアクセス。構文は、条件リファレンスにある条件と同じです。
セッション タイムアウト

デバッグ セッションの長さとデータの保持期間を定義します。

API 呼び出しで開始した場合のデフォルト値は 20 分、UI で開始した場合は 10 分です。

デバッグ セッションの長さのみを定義します。Message Processor がデバッグモードで実行するリクエストを受信したときが開始ポイントになります。

セッションが API で開始した場合のデフォルト値は 5 分、UI で開始した場合は 10 分です。

データは 24 時間保持された後、ハイブリッドによって自動的に削除されます。

セッションの有効性

セッション作成リクエストの有効期間。この時間内にデバッグ セッションが開始しない場合、Synchronizers はセッション作成リクエストを無視します。前提条件に記載されているように、Synchronizers のクロックを同期させてください。
トレースのリクエスト数 Message Processor あたり 20 まで Message Processor あたりのデフォルトは 10、最大値は 15 です。
API Apigee Edge Cloud Apigee X
Apigee X は Debug Session APIDebug Session Data API を公開していますが、Apigee X API 経由で以下の対象をサポートしていません。
デバッグ セッションの停止

 特定の トランザクションを削除する

Apigee X で削除される Apigee Edge の機能はどれですか?

Google では、Apigee ハイブリッドで次の機能をサポートする予定はありません。

  • 以下の操作を行う API:
    • KVM エントリの操作
    • OAuth アクセス トークンの検索または取り消し(トークンはハッシュされるため)
  • Drupal 7 を使用したデベロッパー ポータルの開発
  • OAuth v1 または OAuth v1.0a ポリシー
  • Trireme(2019 年 10 月 10 日でサポート終了)

API の比較

一般に、ほとんどの Apigee Edge API に同等の Apigee API があります。このセクションでは、次の情報を提供します。

API の使用に関する変更の概要

Apigee Edge API と比較した場合の、すべての Apigee X API における動作の変更点の一覧を以下に示します。

動作 Apigee X API Apigee Edge API
ベースドメイン apigee.googleapis.com api.enterprise.apigee.com
メディアタイプ application/json application/json
application/xml
認証 OAuth2 OAuth2、SAML、Basic
キーのタイムスタンプ String 形式

{
  "createdAt": "1234",
  "lastModifiedAt": "5678"
}
int64 形式

{
  "createdAt": 1234,
  "lastModifiedAt": 5678
}
expand=false クエリ パラメータの構造

{
  "proxies": [
    {
      "name": "helloworld"
    },
    {
      "name": "weather"
    }
  ]
}

[
  "helloworld",
  "weather"
]
先頭にアンダースコアが付いたクエリ パラメータ サポートされていない(optimal=true サポートされている(_optimal=true
ペイロード内の次のプロパティ:
  • created_by
  • modified_by
  • self
非対応 サポート
ペイロード内のデフォルト値 含まれていない 含まれている
エラー処理の構造

{
  "error": {
    "code": 409,
    "message": "...",
    "status": "ABORTED",
    "details": [...]
  }
}

{
  "code": "...",
  "message": "..",
  "contexts": []
}
キャッシュ削除のレスポンス 戻り値: 204 No Content 戻り値: 200 OK とキャッシュの詳細
Cache API オペレーション Listdelete のみ。API プロキシをデプロイすると、有効期間の短い L1 キャッシュが自動的に作成されます。詳細については、キャッシュの仕組みをご覧ください。 listcreategetupdatedeleteclear all、および clear の各オプション

Apigee と Apigee の指標 API の相違点

API の使用に関する変更の概要では、Apigee API と Apigee Edge API の一般的な相違点について記載しています。次の表に、指標 API に特有の違いを示します。

機能 Apigee X API Apigee Edge API
API エンドポイント apigee.googleapis.com api.enterprise.apigee.com
日次分析メール サポート対象の API が存在しない
Async Query List API userId プロパティはレスポンスから除外されます。メソッド: organizations.environments.queries.list をご覧ください。 非同期分析クエリのリストを取得する
カスタム レポート API createdBy プロパティと lastModifiedBy プロパティはレスポンスから削除されました。レポート API をご覧ください。 Reports API

サポートされていない Apigee Edge API

次の表に、サポートされていない Apigee Edge API(同等の Apigee X API が存在しない)を示します。

API カテゴリ サポートされていない Apigee Edge API
API モニタリング サポート対象の API が存在しない
API プロキシ
  • API プロキシの強制的なデプロイ解除
  • npm の依存関係の取得
  • npm モジュールの管理
監査 Stackdriver Logging API を使用
キャッシュ保存されたログ API のサポートなし
カンパニー API のサポートなし
企業アプリ サポート対象の API が存在しない
企業アプリ ファミリー サポート対象の API が存在しない
企業アプリキー サポート対象の API が存在しない
デバッグ セッション
  • トレース セッションを停止できない
  • 個別のトランザクションを削除できない

詳細については、トレースとの相違点をご覧ください。

デベロッパー アプリ API リソースの数の取得
デベロッパー アプリ ファミリー サポート対象の API が存在しない
拡張機能 サポート対象の API が存在しない
キーストア: トラストストア キーストアまたはトラストストアのテスト
LDAP API のサポートなし
Monetization API のサポートなし
OAuth V2 API のサポートなし
ポリシー API のサポートなし
リソース ファイル
  • API プロキシ リビジョン スコープ
  • 組織スコープ
Sense API のサポートなし
ユーザーとユーザーロール API を使用したユーザー、ロール、権限の管理の説明に従って、Google Identity and Access Management(IAM)関連の API を使用します。
仮想ホスト サポート対象の API が存在しない