Trace の概要

Trace は、Apigee で動作している API プロキシのトラブルシューティングとモニタリングを行うためのツールです。Trace を使用すると、API プロキシのフローの各ステップの詳細を調べることができます。Apigee を使用すると、API プロキシのリクエストまたはレスポンスのフロー全体を示すトレースデータを収集できます。これには、ポリシー実行時に適用されるすべてのリクエストとレスポンスのパラメータが含まれます。これは、API プロキシの開発とデプロイメントでデバッグとトラブルシューティングを行う場合に重要です。

Trace の使用

トレースの使用の説明に従って、UI または API で Trace ツールを使用してデバッグ セッションを作成し、管理します。あるいは、オフライン トレースの使用で説明されているように、デバッグ セッションをダウンロードし、オフラインで表示して分析することも可能です。

Apigee サポートによる Trace の使用

Apigee のデフォルトでは、Apigee サポートにより、API プロキシの Trace ツールを使用してサポートが提供されます。

ポイント:

  • Apigee サポートには、Trace データに対する読み取り専用権限があります。
  • Apigee サポートは、Trace を実行するための権限をリクエストし、完了するとデバッグ セッション リンクを共有します。

Apigee ハイブリッド ユーザーの場合

Apigee ハイブリッドを使用している場合は、以降のセクションをご覧ください。

トレース アーキテクチャ

新しいデバッグ セッションを作成するプロセスを次に示します。

デバッグ セッションの開始リクエストの概要図:
    1.UI または API を使用して、デバッグ セッションを開始するリクエストを送信します。2. 管理プレーンは、Pub/Sub モデルを使用してランタイム プレーンにデバッグ セッション作成リクエストを発行します。3. Synchronizer は、セッション通知をデバッグするために登録され、作成リクエストを Message Processor に伝搬します。4.MP はトレースデータを収集し、データ収集 Pod にストリーミングします。5. fluentd は、トレースデータを Pod のファイル システムにすぐに書き込みます。6 UDCA は、Pod のデータ システムで新しいデータファイルをポーリングします。7. 新しいデータファイルが検出されると、UDCA が UAP サービスにファイルをアップロードします。8. その後、Apigee ハイブリッド UI や Apigee API などの Apigee サービスを介してデータにアクセスできます。

トレースデータは管理プレーンに最長 24 時間保存されます。

要件

Apigee ハイブリッドを使用している場合は、トレースを使用する前に、次のものが構成されていることを確認してください。

サービス アカウント:

  • apigee-synchronizer(ロール: Apigee Synchronizer 管理者)
  • apigee-udca(ロール: Apigee のアナリティクス エージェント)

ハイブリッド v1.3 の詳細については、次に示すプラットフォームサービス アカウントを作成するをご覧ください。

Synchronizers: