Istio Ingress での TLS と mTLS の構成

このトピックでは、Istio Ingress で一方向 TLS と mTLS を有効にする方法について説明します。

一方向 TLS の構成

一方向 TLS を使用して、Istio Ingress で API プロキシ エンドポイントを保護します。一方向 TLS を有効にするには、以下のオプションで説明するように、TLS 証明書と鍵のペアまたは Kubernetes Secret を使用して Ingress を構成します。

オプション 1: 鍵と証明書のペア

オーバーライド ファイルの virtualhosts プロパティで、SSL 証明書と鍵ファイルを指定します。

virtualhosts:
  - name: $ENVIRONMENT_GROUP_NAME
    sslCertPath: "$CERT_FILE"
    sslKeyPath: "$KEY_FILE"

ここで、$ENVIRONMENT_GROUP_NAME は対応するホスト エイリアスを持つ環境グループの名前で、$CERT_FILE$KEY_FILE は TLS 鍵と証明書ファイルです。TLS 証明書を作成するをご覧ください。

オプション 2: Kubernetes Secret

istio-system 名前空間に Kubernetes Secret を作成し、Secret 名をオーバーライド ファイルに追加します。

  1. 次のとおり Secret を作成します。
    kubectl create -n istio-system secret generic $SECRET_NAME  \
    --from-file=key=$KEY_FILE \
    --from-file=cert=$CERT_FILE
  2. オーバーライド ファイルで virtualhosts プロパティを構成します。
    virtualhosts:
      - name: $ENVIRONMENT_GROUP_NAME
        tlsMode: SIMPLE  # Note: SIMPLE is the default, so it is optional.
        sslSecret: $SECRET_NAME

mTLS の構成

一方向 TLS ではなく、Istio Ingress で mTLS を構成することもできます。以下で説明するように、mTLS を構成するオプションは 2 種類あります。

オプション 1: 鍵と証明書のペアおよび CA ファイル

オーバーライド ファイルの virtualhosts プロパティで、SSL 証明書と鍵ファイルを含む認証局(CA)証明書を指定します。

virtualhosts:
  - name: $ENVIRONMENT_GROUP_NAME
    tlsMode: MUTUAL
    caCertPath: "$CA_FILE"
    sslCertPath: "$CERT_FILE"
    sslKeyPath: "$KEY_FILE"

ここで、$ENVIRONMENT_GROUP_NAME は対応するホスト エイリアスが割り当てられた環境グループの名前、$CA_FILE は承認済みの証明書、$CERT_FILE$KEY_FILE は TLS 鍵と証明書ファイルです。TLS 証明書を作成するをご覧ください。

オプション 2: Kubernetes Secret

istio-system 名前空間に 2 つの Kubernetes Secret を作成します。1 つ目の Secret は CA 用で、2 つ目の Secret は SSL 証明書と鍵ペア用です。次に、これらをオーバーライド ファイルに追加します。
  1. istio-system 名前空間に 2 つの Kubernetes Secret を作成します。1 つ目の Secret は CA 用で、2 つ目の Secret は SSL 証明書と鍵ペア用です。
    kubectl create -n istio-system secret generic $SECRET_NAME  \
    --from-file=key=$KEY_FILE \
    --from-file=cert=$CERT_FILE
  2. CA 用の Secret を作成します。
    kubectl create -n istio-system secret generic $SECRET_NAME-cacert  \
    --from-file=cacert=$CA_FILE
  3. オーバーライド ファイルで virtualhosts プロパティを構成します。
    virtualhosts:
      - name: $ENVIRONMENT_GROUP_NAME
        tlsMode: MUTUAL  # Note: Be sure to specify MUTUAL
        sslSecret: $SECRET_NAME