Apigee デプロイ サービス

ApigeeDeployment(AD)は、Kubernetes クラスタ内のステートレスな Apigee ハイブリッド コンポーネントの定義、更新、リリースに使用される CustomResourceDefinition(CRD)です。たとえば、AD を使用して Message Processor をクラスタにデプロイします。AD 内のバージョンを更新すると、これらのコンポーネントのリリースがトリガーされます。

AD が導入される以前は、特定のハイブリッド リソースが手動で個別に管理されていました。それに対して AD では、それらすべてのリソースがアトミックなデプロイ単位として管理されます。

Kubernetes クラスタ内の Apigee ハブリッド Pod を一覧表示すると、次の Pod がリストに表示されます。これらの Pod は、AD のデプロイとメンテナンス、デプロイ構成の検証を行います。

ポッド名 説明
apigee-operators AD のデプロイとメンテナンスに必要な低レベルの Kubernetes リソースと Istio リソースを作成および更新します。たとえば、コントローラは Message Processor をリリースします。また、ApigeeDeployment 構成を Kubernetes クラスタに永続化する前に検証します。

クラスタ内の ApigeeDeployment のリストを取得するには、次のコマンドを実行します。

kubectl get ad -n namespace
NAME                                              AGE
apigee-mart-my_org                                4h
apigee-runtime-my_org-my_env                      4h
apigee-synchronizer-my_org-my_env                 4h
apigee-udca-my_org-my_env                         4h