ランタイムログ

ランタイムログを使用して、apigee-runtime Pod の問題を診断します。各ランタイム Pod には Message Processor が含まれており、そこで API プロキシ トラフィックの処理、ポリシーの実行、リクエストの転送などが行われます。

ランタイムログの使用

ログは、インストールに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。詳細については、ロギングをご覧ください。

logs コマンドを使用する

ランタイム システムログを表示するには、kubectl logs コマンドを使用します。次に例を示します。

kubectl logs -f -n hybrid apigee-runtime-apigee-gcp-prod1-test-blue-hd77q

ファイル システム上のログの表示

Message Processor のログファイルは、apigee-runtime Pod のファイル システムにあります。ファイルを表示するには、apigee-runtime Pod でシェルを開きます。

kubectl exec -it -n namespace apigee-runtime-pod-name bash

例:

kubectl exec -it -n hybrid apigee-runtime-apigee-gcp-prod1-test-blue-cnj5x bash

Pod シェルが開くと、/opt/apigee/var/log/apigee-runtime/config.log の下にハイブリッド Message Processor ログが表示されます。

契約バージョンの情報

管理プレーンからの契約の読み込みに関連するログエントリの概要を、次の表に示します。

ログエントリ 意味
hybrid-runtime Apigee-Timer-9 INFO RUNTIME-SYNC-SERVICE - RuntimeSyncServiceImpl.updateToVersion() : Switched to newer version 750 from version null MP が新しいバージョンの構成契約に変更されました。
hybrid-runtime Apigee-Timer-6 INFO RUNTIME-SYNC-SERVICE - RuntimeSyncServiceImpl.loadLatestVersionIfAvailable() : Found a newer version 750 MP は version.properties から最新バージョンの契約構成を読み込みました。
hybrid-runtime Apigee-Timer-6 INFO RUNTIME-SYNC-SERVICE - RuntimeSyncServiceImpl.updateToVersion() : Attempting to update to a newer version 750 MP が新しいバージョンの構成契約に更新されます。
hybrid-runtime Apigee-Timer-6 INFO RUNTIME-SYNC-SERVICE - RuntimeSyncServiceImpl.updateToVersion() : Switched to newer version 751 from version 750 MP は version.properties から最新バージョンの契約構成を読み込みました。

デプロイエラー

プロキシ デプロイに関連するランタイム エラーを次に示します。

ログエントリ 意味
hybrid-runtime org:hybrid env:prod Apigee-Main-6 ERROR i.a.h.e.i.HermesEngineImpl - HermesEngineImpl.handleHermesException() : Keyspace cache_hybrid_hybrid does not exist キースペース cache_orgname_hybrid は Cassandra でプロビジョニングされていません。
hybrid-runtime org:hybrid Apigee-Timer-9 ERROR c.a.s.e.k.HybridEncryptionKeyServiceImpl - HybridEncryptionKeyServiceImpl.getEncryptionKey() : Encryption key does not exist for organization hybrid and type KmsKey キースペース kms_orgname_hybrid は Cassandra でプロビジョニングされていません。

Message Processor のデプロイエラー ログ

Message Processor のログで次のデプロイエラーのエントリを探します。

ログのエントリ 説明
hybrid-runtime org:hybrid env:prod Apigee-Main-6 ERROR i.a.h.e.i.HermesEngineImpl - HermesEngineImpl.handleHermesException() : Keyspace cache_hybrid_hybrid does not exist キースペース cache_orgname_hybrid is not provisioned in Cassandra.
hybrid-runtime org:hybrid Apigee-Timer-9 ERROR c.a.s.e.k.HybridEncryptionKeyServiceImpl - HybridEncryptionKeyS erviceImpl.getEncryptionKey() : Encryption key does not exist for organization hybrid and type KmsKey キースペース kms_orgname_hybrid は Cassandra でプロビジョニングされていません。

Message Processor のエラーコード

Message Processor のエラーコードは runtime.sync.error-name で始まります。次に例を示します。

ログエントリ 意味
runtime.sync.ContractLoadFailedMessage: Error loading spec file 理由: このエラーの原因は、無効なスキーマ、契約仕様ファイルの破損、または無効な契約の可能性があります。こうした問題により、Message Processor が仕様ファイルを読み込めない可能性があります。

対策: 契約仕様ファイルが使用可能であること、ファイル システムが破損していないこと、またはスキーマ / 契約が有効であることを確認します。