指標の収集を構成する

Apigee ハイブリッドでは、指標の収集はデフォルトで無効になっていますが、オーバーライド ファイルにいくつかの構成プロパティを指定して、収集した指標データを Stackdriver に送信できるようにする必要があります。

必要な構成

Apigee ハイブリッドによって収集された指標データが Stackdriver に送信されるようにするには、オーバーライド ファイルで次の構成設定を指定する必要があります。

...
gcpProjectID: project_ID
k8sClusterName: cluster_name
...
metrics:
  enabled: true
  serviceAccountPath: service_account_file

ここで

  • gcpProjectID は、GCP プロジェクトの ID です。指標データは、そのプロジェクトの Stackdriver インスタンスに送信されます。
  • k8sClusterName は、ハイブリッド ランタイムがインストールされている Kubernetes クラスタの名前です。
  • serviceAccountPath は、Apigee ハイブリッドのインストール手順を実施した際にダウンロードした GCP サービス アカウント キーファイルへのパスです。キーに関連付けられているサービス アカウントには、Monitoring Metrics Writer のロールが必要です。サービス アカウントの作成の詳細については、手順 5: サービス アカウントの追加をご覧ください。

例:

...
gcpProjectID: acme-hybrid
k8sClusterName: acme-hybrid
...
metrics:
  enabled: true
  serviceAccountPath: ./service-accounts/metrics-sa.json

指標の収集を無効にする方法

指標の収集を無効にするには、次の構成をオーバーライドに追加して、クラスタに適用します。

...
metrics:
  enabled: false
...