Stackdriver Kubernetes Monitoring

Stackdriver Kubernetes Monitoring は、Kubernetes 1.10.6 または 1.11.2(使用可能な場合はそれ以降)へのアドオンであり、Stackdriver との統合されたモニタリングおよびロギングのサポートを提供します。

機能

Stackdriver Kubernetes Monitoring にはいくつかの機能があります。

単一ダッシュボードの可観測性。単一の Monitoring ダッシュボードで Kubernetes クラスタ、ワークロード、およびサービスを調査できます。ドリルダウンして、ノード、ポッド、名前空間、コンテナなどのエンティティを検査します。

明確なフィードバック。インシデントが進行中の場合に、各 Kubernetes エンティティはアイコンでマークされるため、問題をより迅速に見つけて焦点を合わせることができます。

簡単なインストール。GKE クラスタの作成時に Kubernetes Engine Console で 1 つのチェックボックスをクリックするか、Stackdriver の GKE のサポートを現在のものから新しいものに切り替えることができます。

制限事項

ベータ版リリースには次の制限があります。

  • GKE のみ。このベータ版リリースでサポートされるのは、Kubernetes バージョン 1.10.6 または 1.11.2(使用可能な場合はそれ以降)のみであり、Google Cloud Platform の Google Kubernetes Engine で稼働している Kubernetes クラスタのみをサポートしています。

  • オプトインのみ。このベータ版は、新規および既存の Kubernetes Engine クラスタへのオプトイン機能です。オプトインを選択しない場合は、GKE に対する現在の Stackdriver のサポートを引き続き使用することになります。現在のサポートの内容は、Kubernetes の MonitoringLogging のページで説明されています。

  • 非互換性。このベータ版リリースは、現在の Stackdriver サポートと互換性がありません。非互換性の説明については、非互換性をご覧ください。

ベータ版リリースの既知の問題の一覧については、既知の問題を参照してください。

入門ガイド

  • リリースガイド: ベータ期間中のプロダクト機能の開発状況と既知の問題について確認するには、このガイドを参照してください。

  • Kubernetes Monitoring のインストール: このリリースの Stackdriver Kubernetes Monitoring をオプトインするには、このガイドの指示に従ってください。

  • Prometheus の使用: 必須ではありませんが、Prometheus を Stackdriver Kubernetes Monitoring とともに使用する場合は、このガイドの指示に従ってください。

  • ユーザー システムの観察: GKE の新しい Monitoring ダッシュボードについては、このガイドをご覧ください。

  • Kubernetes Monitoring の手動インストール: このリリースの既存の Kubernetes アプリケーションへの統合方法、新しいクラスタでの最新のコンポーネントの手動インストール方法については、このガイドをご覧ください。

  • Kubernetes Monitoring への移行: Stackdriver Kubernetes Monitoring に移行するには、このガイドの指示に従ってください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。