Cloud Marketplace から Drupal ベースのデベロッパー ポータルをデプロイする

Apigee X のドキュメントを表示中。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

独自の Google Cloud プロジェクトにオープンソースの Apigee Developer Portal Kickstart をデプロイする場合は、Google Cloud Marketplace から利用可能なこのクリック デプロイ ソリューションを使用できます。Google Cloud プロジェクト ベースのソリューションでは、Apigee 組織が API ドキュメントと API プロダクトを公開するために使用できる Drupal ベースのデベロッパー ポータル プロファイルをデプロイします。顧客管理の Drupal 9 プロファイルは、Apigee のオープンソース Drupal モジュールを Google Cloud のホスティング機能と組み合わせて活用します。

クラウドのセキュリティを備えた Apigee の Drupal ベースのポータル

VPC Service Controls を使用している Apigee のお客様は、自身の Google Cloud プロジェクト内から Google Cloud でデベロッパー ポータルをホストすることもできます。プロジェクトの VPC Service Controls の境界内にポータルをデプロイして API を安全に公開し、Apigee のオープンソース Drupal モジュールを使用して Apigee と統合します。Cloud Marketplace に用意されている Apigee Developer Portal Kickstart では、クリックスルー構成とバンドルされたデプロイを使用してこのプロセスを簡素化します。

主なメリット

Cloud Marketplace の Apigee Developer Portal Kickstart ソリューション:

  • Google Cloud での Drupal ベースのデベロッパー ポータルのインストールと実行を簡素化します。
  • VPC Service Controls の境界内で動作するように構成できます。
  • クラウド サービスと Drupal オープンソース コミュニティを活用して、デベロッパー ポータル機能を拡張します。
  • FedRAMP、PCI、HIPAA のセルフサービス コンプライアンス オプションをサポートします。

クラウド サービス アーキテクチャ

以下は、Apigee Developer Portal Kickstart に関連するクラウド サービス コンポーネントの概要図です。

ポータル ソリューションのアーキテクチャの概要図

設定オプション

クリック デプロイ テンプレートにより、ポータルのカスタム構成を効率化できます。Deployment Manager または Cloud Service ダッシュボードを使用して、起動後に構成を更新します。

Drupal ベースのポータルに次の使用可能なオプションを構成します。

ゾーン ポータルの Compute Engine インスタンスのデプロイ リージョンを選択します。
マシンタイプ ポータルの Compute Engine インスタンスのマシンタイプを選択します。
サービス アカウント 既存のサービス アカウントを使用するか、新しいサービス アカウントを作成します。
ブートディスクの種類 ポータルの Compute Engine インスタンスのストレージ タイプを指定します。
ブートディスク サイズ ポータルの Compute Engine インスタンスのストレージ サイズを指定します。
ネットワーク 必要に応じて、外部証明書プロバイダ xip.io で HTTPS を構成します。
ロギングとモニタリング Cloud Logging と Cloud Monitoring を有効または無効にします。
暗号化 Cloud SQL インスタンスの場合は Google が管理する鍵または CMEK を選択します。

技術仕様

Apigee Developer Portal Kickstart は Compute Engine で動作し、次のサードパーティのサービスとツールを利用します。