API Monitoring と Apigee Analytics の比較

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Apigee X のドキュメントを表示中。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

ここでは、API Monitoring と Apigee Analytics を比較します。API Monitoring と API はどちらも API データの収集と表示が可能ですが、次のセクションで説明するように、異なる目標があります。

API モニタリング

API Monitoring の目的は、API のパフォーマンスをリアルタイムで分析し、問題をすばやく診断して修正して、API を意図したとおりに機能させることです。API Monitoring には、最新の API トラフィック データが表示され、問題が発生したときにアラートが送信され、問題をすばやくトラブルシューティングできます。

以下に、API Monitoring で実行できるタスクの例を示します。

  • API の可用性を維持します。
  • ユーザーへの影響が生じる前に、アラートに基づいて適切な措置を講じます。
  • Apigee の障害コードを利用して、問題の診断を迅速に行います。
  • 問題領域をすばやく分離して、エラー、パフォーマンス、レイテンシの問題とその原因を診断します。

Apigee のお客様は、Cloud Monitoring ツールを使用して API Monitoring をサポートすることもできます。他のモニタリング システムと統合する場合は、デフォルトで Cloud Monitoring API を使用して指標を pull することをおすすめします。

Apigee Analytics

Apigee Analytics の目的は、API トラフィックの長期的な傾向を把握して、API がビジネス要件を確実にサポートすることや、必要に応じて変更できるようにすることです。これらの傾向を研究するには、カスタム レポートを作成して、特定の API 指標の経時変化を調べます。

Apigee Analytics を使用して特定できるトレンドをいくつか次に示します。

  • API トラフィックの経時的な傾向
  • 上位のアプリ
  • 上位のデベロッパー
  • 最短 / 最速の API レスポンス時間
  • API トラフィックが最も多い地域はどこですか。

API Monitoring データとアナリティクスに表示されるデータの違い

API Monitoring と Analytics です。異なるパイプラインを使用して API データにアクセスします。その結果、API Monitoring とは対照的に、アナリティクス ダッシュボードに表示されるデータ間に矛盾が見られる場合があります。一般的に、アナリティクスに表示されるデータはより正確ですが、API Monitoring データによって表示されるデータよりも若干遅延(1 時間未満)になる場合があります。ただし、これらの小さな違いは、API Monitoring が API のパフォーマンスについて通知する機能には影響しません。

アナリティクスと API Monitoring で表示されるデータは、以下に示すように、Apigee UI タブの [Analyze] で確認できます。

Apigee UI の [Analytics] タブと [API Monitoring] タブ。

データの保持

Apigee Analytics は API Monitoring よりもデータ保持期間が長いため、長期的な傾向の分析に適しています。 アナリティクスと API Monitoring のデータ保持期間は次のとおりです。

  • 分析

    • 通常: 60 日間
    • エンタープライズ: 90 日
    • Enterprise + 14 か月
  • API Monitoring: 6 週間