Advanced API Operations の概要

Apigee X のドキュメントを表示中。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

Apigee の Advanced API Operations(AAPI Ops)は、API を意図したとおりに稼働させるために役立つツールを提供します。AAPI Ops は、レイテンシやエラー率の急増など、API の普通ではないトラフィック パターン(異常)を自動的に検出します。異常は、API のパフォーマンスに問題がある兆候を示している可能性があります。AAPI Ops が異常を検知すると、Anomaly Events ダッシュボードで詳細を確認し、通常の API 動作を復元するために適切な対応を取ることができます。

AAPI Ops では次のことができます。

  • 異常の検出: AAPI Ops は、Anomaly Events ダッシュボードで異常な API イベント(異常)を報告します。
  • 異常の調査: AAPI Ops が異常を検知すると、インシデントの発生場所、発生原因、トリガーの原因を突き止め、状況をすばやく診断できます。
  • 異常アラートを作成し、インシデントの発生時に Apigee からメッセージが送信されるように通知を設定します。メール、Slack、PagerDuty、Webhook など、複数のチャネルで通知を受信できます。

異常の詳細については、異常検出についてをご覧ください。

AAPI Ops に必要なロール

AAPI Ops を使用するには、次のロールが割り当てられている必要があります。

  • roles/apigee.readOnlyAdmin
  • roles/logging.viewer
  • roles/monitoring.viewer

これらのロールの詳細については、Apigee のロールをご覧ください。