Cloud Platform の機能の拡張

BigQuery を使用すると、クラウドにおけるデータ ウェアハウスの可能性を最大限まで引き出すことができます。それを支えるのが、多様なツールやプロバイダの存在です。 Google Cloud ソリューション プロバイダは、データの統合から分析に至るまで、業界最先端ツールの数々を BigQuery と統合し、データの読み込みや、変換、可視化を可能にしています。これによりお客様は、BigQuery の俊敏性、パフォーマンス、使いやすさを活かして、データ分析をすばやく、効果的に行うことができます。

統合には、Google Cloud StorageBigQuery が提供するオープン API が使用されています。

データの統合

データの抽出、変換、読み込みを効率化し、データ処理のワークフローを管理します。

Alooma は、Data Pipeline as a Service(サービスとしてのデータ パイプライン)と呼ばれるクラウド ソリューションを展開しています。これは、サイロ化したデータを BigQuery にリアルタイムで移行、変換するサービスで、その信頼性には定評があります。データのアクセス性と有用性を高め、よりリアルタイムでの施策を可能にすることで、BigQuery のユーザーがデータドリブン ビジネスにすばやく移行できるように支援します。Alooma の Data Pipeline as a Service プラットフォームは、ストリームベースのアプローチに基づいてデータ統合を行うのが特長です。そのため、世界中のデータ サイエンティストやデータ エンジニアによって採用されており、データソースから BigQuery への変換を通じたデータの統合、整理、拡充、ストリーミングに役立てられています。

Blendo を利用すると、あらゆるデータソースのデータを Google BigQuery に取り込むことができます。そのベースとなっているのは ETL as a Service(サービスとしての ETL)と呼ばれるパワフルなプラットフォームで、これを使えばデータ パイプラインの構築にかかる時間が大幅に短縮されます。手間のかかるデータ処理はすべてこのプラットフォームで行われるので、すぐにデータの活用を開始することができます。

Fivetran は、各種クラウド アプリケーションやデータベース、イベント トラッキング ソースを BigQuery データ ウェアハウスと完全に自動同期するクラウド サービスを提供しています。 お客様がデータ ウェアハウスをまだ所有していない場合は、データ ウェアハウスのセットアップから BigQuery アカウントの管理までを Fivetran がお客様に代わって行います。お客様がご自分で BigQuery アカウントを管理できる準備が整った時点で、Fivetran からお客様にプロジェクトを引き渡します。この間、データ同期が中断されることはないので、ウェアハウスへのアクセスや、データ構築を継続して行うことができます。

Funnel は、お客様のすべての広告データを任意の広告プラットフォームから収集し、Google BigQuery に直接入力します。380 種類を超える広告プラットフォームとの統合が可能なため、他のどのソリューションよりも多くのソースからデータを収集できます。また Google のデータ保証により、新しい形式の広告プラットフォームにも追加コストなしで対応します。現在サポートしている広告プラットフォームの一覧は、こちらからご覧いただけます。 アナリストやデベロッパーは、複数の API 接続を構築および維持する作業に煩わされることなく、データの理解に時間を使うことができます。デモを予約して、短時間でデータ統合を行う方法をご覧ください。

Informatica Cloud Connector for BigQuery は、パフォーマンス、並列処理、スケーラビリティに優れたデータ統合テクノロジーを基盤としており、大規模データを Google Cloud に効率良く移行することが可能です。クラウドベースからオンプレミスまで、100 種類以上のデータソースに対応しており、これらのデータソース間で安全なデータ移行を実現します。

Keen IO はデベロッパー向けの分析プラットフォームです。Keen IO Stream for BigQuery を使用すれば、複数のソースから入力されたイベントデータを API を経由してリアルタイムで BigQuery プロジェクトにストリーミングできます。コスト効率に優れた強力な方法でユーザーの行動データを収集し、事業部門全体で、そのデータをストリーミング、分析、可視化できます。Keen SDK を使用すると、カスタム定義のユーザーのやり取りを取得できるだけでなく、ユーザーの場所やデバイスなどの情報によってデータを拡充できます。イベントデータを Google Cloud エコシステムにストリーミングすることで、最先端のエンタープライズ向けレポートツールや可視化ツールを使用できるようになります。データ分析を行うスタッフは、このようなツールを使用することで、ビジネスに関する分析情報を引き出すことができます。

Lytics は、複数のチャネルに分散した ID 情報を拡充して集約し、すべてのユーザーデータを BigQuery にエクスポートします。これにより、ユーザーを包括的に見ることができるほか、複数のチャネルやデバイスにまたがってリアルタイムの分析情報を得ることができるようになります。

Matillion ETL for BigQuery は、BigQuery 専用のデータ統合ツールです。このツールは、Google BigQuery へのデータ読み込みや変換をすばやく簡単に行えるだけでなく、費用が手頃なのも特長です。1 時間あたりの料金は $0.99 で、契約や初期費用は不要です。Google Cloud Platform Marketplace にアクセスすれば、わずか 5 分ほどで使用を開始することができます。

Pluto7 の Marketing ML は、優れたキャンペーンを構築するのに役立ちます。お客様の行動を理解し、購入習慣のパターンを見つけて、彼らにどのようにリーチすべきかについて難しい選択をする手助けをしてくれます。

SAP の Data Services は、80 種類以上の豊富な機能があらかじめ搭載された変換ツールで、導入後、すぐに運用し始めることが可能です。たとえば、ネイティブのテキストデータ処理や、データ マスキング、データ品質に関する機能などを備えています。これらの機能を使って、信頼できる関連性の高い情報だけを抽出して、BigQuery テーブルに読み込むことができます。

Segment は、顧客データをさまざまなソースから収集するプラットフォームです。たとえば、ウェブサイトやモバイルアプリ、サーバーなどで生成された顧客データを収集し、スイッチを押すだけの簡単操作で、180 種類以上のサードパーティ製ツールや、社内システム、データベースに送信することができます。 BigQuery と Segment を組み合わせると、アナリティクス データベースも非常に簡単に導入できます。エンドツーエンドのデータ パイプラインが提供されるので、何かを構築したりメンテナンスしたりする必要も、データ アナリストが時間を無駄にすることもなく、すぐに分析に取りかかることができます。

BigQuery 用の SnapLogic Elastic Integration Platform を使用すると、組織はスケジュールされたバッチまたはリアルタイムで、さまざまなソース(クラウド アプリケーション、オンプレミス アプリケーション、Hadoop、NoSQL、リレーショナル データベースなど)からデータにすばやくアクセスして、最新のビジネス分析を実施できます。

Software AG の webMethods を利用することにより、システム、プロバイダ、データ、デバイス、SaaS アプリケーションの統合を実現できます。webMethods CloudStreams Provider for Google BigQuery は、クラウド上の BigQuery への接続に使用できる、定義済み CloudStreams コネクタを備えています。さらに、CloudStreams BigQuery コネクタを構成して、BigQuery にデータを読み込んだり、送信したりすることが可能です。

Stitch は、デベロッパー向けの ETL サービスで、シンプルでありながら強力な機能を備えています。 あらゆるデータソースに対応しているのが特長で、MongoDB や MySQL などのデータベースや、Salesforce や Zendesk などの SaaS ツールに接続し、これらを複製してデータ ウェアハウスに保存できます。Stitch を使えば、データをプロビジョニングして BigQuery に格納するまでに数週間かかっていたプロセスを、数分単位にまで短縮することが可能です。

Striim は、エンタープライズ向けに、エンドツーエンドのストリーミング データ統合およびインテリジェンス プラットフォームを提供しています。エンタープライズ データベースをはじめとして、ほぼあらゆるデータソースに対応しており、これらのソースからデータを取り込んで処理し、BigQuery にリアルタイムで格納します。

Switchboard のプラットフォームを使用すると、データ エンジニアの手を借りなくても BigQuery を活用できるようになります。このオペレーション プラットフォームは BigQuery の元デベロッパーによって構築されたもので、リアルタイムのインプレッション レベルのデータ ストリームを組み合わせて、BigQuery を自動管理するのが特長です。これにより、コストを抑えるとともに、パフォーマンスを最大化することができます。 また、アラートやヘルスレポートが日々配信されるので、データの整合性を常に維持できます。

Skyvia のクラウド データ プラットフォームを使用すると、各種クラウドアプリはもちろん、Salesforce や MySQL などのオンプレミス データベースも Google BigQuery データ ウェアハウスに簡単な手順で統合することができます。データが常時、自動的に複製されるので、リアルタイムでのデータ ウェアハウス分析が可能になります。

Talend は、Talend Enterprise for Big Data、Real-Time Big Data、Data Fabric の各プラットフォームで BigQuery をサポートしています。Talend は業界屈指のオープンソース形式のビッグデータ統合ソリューションです。これを使えば Talend の技術を BigQuery のリアルタイム分析にシームレスに結びつけ、ビッグデータを誰にとっても価値のあるものに変化させることができ、クラウドを使用するあらゆる企業にメリットをもたらします。

Treasure Data は、フルマネージド型のクラウド サービスを展開しています。300 種類以上のデータソースをサポートし、これらのデータに接続してリアルタイム分析用に格納することができます。同社の BigQuery 統合サービスを使えば、スケーラブルなフルマネージド分析インフラストラクチャをわずか数週間、早ければ数日程度でセットアップして、運用を開始することが可能です。

Xplenty は、ユーザーが簡単にデータを統合して処理できるようにする ETL クラウド サービスです。多様なデータソース間でデータの ETL(抽出、変換、読み込み)を行えるのが特長で、サポート対象は Google BigQuery、Google Cloud SQL、Google Cloud Storage、MongoDB など多岐にわたります。