Document Understanding AIベータ版

機械学習を駆使して、ドキュメントからインサイトを発掘

情報を発掘

ドキュメントに潜む情報やインサイトを発掘

Document Understanding AI はスケーラブルなクラウドベースのプラットフォームで機械学習を駆使し、効率的なドキュメント分析をサポートします。ドキュメントのデータを自動的に分類、抽出、拡充することで、インサイトを発掘し、意思決定を向上させます。

処理スピードを向上

リソースを節約しながら処理スピードを向上

Document Understanding AI は、紙やデジタル形式のドキュメントをキャプチャ、分類、拡充、可視化することで企業のデジタル トランスフォーメーションを促進します。非構造化ドキュメントを構造化データに変換すれば、ビジネス アプリケーションやユーザーが利用できる情報になり、その過程で時間や費用、手間も節約できます。

精度を向上

精度、ガバナンス、コンプライアンスを向上

紙のドキュメントを大量に抱える企業の多くは、デジタル化にあたって手作業でデータを入力していますが、これは往々にしてミスや重複を招くおそれがあります。Document Understanding AI はドキュメントのワークフローを自動化、検証し、さまざまなコンテンツ ソースからのドキュメントをクラウドベースのシステムで一元管理することで、こうしたリスクを減らし、コンプライアンスを確保します。

インサイトを基に意思決定を強化

インサイトを基に意思決定を強化

Document Understanding AI を利用すれば、非構造化ドキュメント内にある事実、インサイト、関係性、ナレッジグラフ、予測を生かせます。こうして新たに得た情報はビジネス上の重要な意思決定に役立ち、ドキュメントに秘められたパワーや価値を発掘することで会社の収益も向上します。

Document Understanding AI の主なステップ

1. 何があるか把握する2. 内容を解釈する3. 使える状態にする

Document Understanding AI のユースケース

ドキュメントやコンテンツの管理

ドキュメントやコンテンツの管理

Document Understanding AI を利用すれば、大量のドキュメントに含まれる知識(フォーム フィールド、テキスト、表やグラフなど)をデジタル化、分類、抽出できるようになります。そうすれば、ナレッジグラフなどの抽出データを検索、照会、利用しやすいように整理して保存し、行動につながる情報に変えることもできます。

デジタル取引管理

デジタル取引管理

契約や不動産取引のような分野では、セマンティックな質問応答やクラスタリング、分類を行うために、Document Understanding AI が保存された大量のドキュメントから情報を抽出します。

システム統合

システム統合

Document Understanding AI は金融から法律、医療まで、さまざまな業界のドキュメント管理に対応し、カスタム エンティティの抽出やナレッジグラフの表示をサポートします。

ロボティック プロセス オートメーション

ロボティック プロセス オートメーション

人手で行っていたタスクやプロセスを自動化する新たなテクノロジー、ロボティック プロセス オートメーション(RPA)に Document Understanding AI を取り入れ、デジタル ドキュメントから情報を抽出して効率性やパフォーマンスを向上させることも可能です。

調達から支払いまで自動化

調達から支払いまで自動化

Document Understanding AI は請求や経費の管理を自動化することで、調達プロセスの効率化にも役立ちます。

Document Understanding AI のパートナー

強力なパートナー関係のおかげで、Document Understanding AI は既存パートナーのテクノロジーにも容易に統合できます。

Iron Mountain のロゴ DocuSign のロゴ UiPath のロゴ Accenture のロゴ
Egnyte のロゴ Box のロゴ Taulia のロゴ
Google Cloud

使ってみる

ご興味をお持ちですか?

登録して、Document Understanding AI の公開ベータ版を利用してみましょう。

Document Understanding AI はベータ版です。リリース ステージの詳細については、こちらをご覧ください。