ユーザー定義ダッシュボードの作成

Looker UIに、ユーザー定義のDashboardが作成されます。ユーザー定義ダッシュボードと LookML ダッシュボードの比較対照を行うには、ユーザー定義ダッシュボードと LookML ダッシュボードの比較ページをご覧ください。

ダッシュボードを作成するには、次のものが必要です。

また、ダッシュボードで使用するデータについては、LookML モデルにアクセスする必要があります。

Dashboard を作成するときは、Dashboard 構築のベスト プラクティスに留意してください。高パフォーマンスなダッシュボードの構築に関する情報と推奨事項は、高パフォーマンスの Looker ダッシュボードを作成する際の考慮事項のベスト プラクティスのページでご確認ください。

フォルダからのダッシュボードの作成

フォルダからダッシュボードを作成する方法は次のとおりです。

  1. ダッシュボードを配置するフォルダに移動します。
  2. フォルダの右上にある [新規] ボタンをクリックします。
  3. [ダッシュボード] オプションをクリックします。

    [ダッシュボードの作成] ウィンドウが開きます。

  4. 新しいダッシュボードの名前を [名前] フィールドに入力します。

  5. [+CREATE DASHBOARD] をクリックします。

次に、新しい白紙のダッシュボードが表示されます。ここから、編集モードに入って、タイルやテキストを追加できます。編集モードに入るには、ダッシュボード アクション 3 点アイコン メニューの more_vert から [ダッシュボードの編集] をクリックするか、ダッシュボード ペインの中央にある [ダッシュボードの編集] ボタンをクリックします。

LookまたはExploreからのダッシュボードの作成

Look または Explore からダッシュボードを作成する手順は次のとおりです。

  1. LookまたはExploreに移動します。
  2. 操作の歯車アイコン メニューから [Explore Actions] の [保存] をクリックします。
  3. サブメニューから [新しいダッシュボードとして] をクリックします。

    [新しいダッシュボードとして保存] ウィンドウが開きます。

  4. [タイトル] フィールドに、新しいダッシュボードの名前を入力します。

    入力した名前は、タイルとダッシュボードの両方に適用されます。タイトル名はいつでも変更できます。クエリタイルのタイル名を変更するには、ユーザー定義ダッシュボードの編集のドキュメント ページのクエリタイルのタイトルの編集のサブセクションをご覧ください。ダッシュボード名を変更するには、ダッシュボードの編集モードを入力します。

  5. [設定] タブで、ダッシュボードを保存するフォルダをクリックします。フォルダに対するアクセスの管理(編集)権限が必要です。

  6. [フィルタ] タブで、Look または Explore のフィルタをダッシュボード フィルタとして使用するかどうかを選択します。カスタムフィルタはダッシュボードフィルタにすることはできませんが、タイルフィルタとして残ります。

  7. [保存] をクリックします。

    LookまたはExploreがダッシュボード上のクエリタイルとして保存されます。

ダッシュボードへのタイルとテキストの追加

Dashboard を作成したら、次にタイルとテキストを Dashboard に追加します。

ダッシュボードに最初に追加したタイルは、ダッシュボードの幅全体を占有します。追加したタイルは、ダッシュボードの幅の1/3のサイズにされ、最初のタイルの下に水平に追加されます。必要に応じて、Lookerがタイルの新しい行を追加します。タイルは、移動やサイズ変更ができます。作成済みのタイルを編集して、タイルの名前、表示、基になるクエリや Look を調整することもできます。

ダッシュボードに追加された新しいタイルの場合、ダッシュボードフィルタと同じExploreから作成されていると、そのダッシュボードフィルタが自動的に適用されます。

ダッシュボードのタイルの種類

ダッシュボードには、4 種類のタイルを追加できます。

クエリタイル

クエリタイルは、ダッシュボード内で直接作成することも、Look からまたは Explore からダッシュボードに追加することもできます。

クエリタイルは独立したクエリを基にしており、Lookにはリンクされていません。クエリタイルの基になるクエリはダッシュボードに属します。既存のLookを使用してクエリタイルを作成する場合でも、Lookが使用されるのはクエリタイルの作成中だけです。作成後にLookに変更を加えても、タイルに影響はありません。またLookが削除されてもタイルはダッシュボードに残ります。

可能な場合は、不要なLookでフォルダがいっぱいになるのを避けるために、クエリタイルを使用してください。

ルックリンクタイル

Look にリンクされているタイルは、Look からダッシュボードに追加されます。

ルックリンクタイルは、タイルのベースになるクエリをLookにリンクします。Lookは、タイルを作成するとき、およびダッシュボードがリフレッシュされるたびに使用されます。Lookとダッシュボードは同じフォルダにある必要があります。Look を異なるフォルダから追加したい場合は、最初にその Look をダッシュボードと同じフォルダにコピーする必要があります。

ルックリンクタイルは、1つの場所でクエリの作成、変更、テストを実施し、それを複数のダッシュボードで使う場合に適しています。Lookが変更されると、そのLookにリンクしているすべてのタイルも変更されます。Lookが削除されると、ダッシュボードにそのタイルについてのエラーが表示されます。

テキストタイル

テキストタイルはダッシュボード内で直接作成されます。

テキストタイルは、ダッシュボードにダッシュボードにビジュアルセクションを作成したり、説明を追加したりするために使用できます。ダッシュボードのテキストタイルは、柔軟にフォーマット設定できるようになっており、デフォルトの設定ではタイルというより見出しと説明のような外観になっています。

テキストタイルには次の 2 種類があり、それぞれ編集方法が異なりますが、得られるタイルの種類は同じです。

  • テキスト: 視覚的な編集が可能なダッシュボードのテキストタイル
  • マークダウン: Looker の既存のテキストタイル オプションにより、一部の HTML とマークダウン マークアップ言語のサブセットを使用して、タイルの出力のスタイルを設定します。

拡張機能のタイル

拡張機能タイルは、拡張機能と呼ばれるカスタム アプリケーションでダッシュボードに追加され、ダッシュボード タイル内から実行されます。

ダッシュボード内のクエリタイルの作成

ダッシュボードを使用している場合は、ダッシュボード内からクエリタイルを作成できます。

ダッシュボードの編集モードでは、次の 2 つの方法のいずれかでクエリタイルを追加できます。

  • ダッシュボード ペインの左上にある [Add] ボタンをクリックして、[可視化] オプションを選択します。
  • ただし、ダッシュボードが空白の場合は、ダッシュボード ペインの中央にある [Add] ボタンを選択して、[可視化] オプションを選択します。

Exploreのメニューが表示されます。[Explore] を選択してクエリの作成を開始します。

Looker で [Explore] ウィンドウが開き、クエリを作成できます。クエリを作成する手順は次のとおりです。

  1. 左上のタイトル フィールドにクエリの名前を入力します。これはダッシュボードのタイルの名前になります。
  2. フィールド ピッカーからフィールドフィルタを選択します。
  3. 可視化ペインで、可視化オプションを構成します。
  4. クエリを設定したら、[実行] をクリックします。
  5. [保存] をクリックし、クエリをタイルとしてお使いのダッシュボードに保存します。

ダッシュボードに追加された新しいタイルの場合、ダッシュボードフィルタと同じExploreから作成されていると、そのダッシュボードフィルタが自動的に適用されます。

Exploreからのクエリタイルの追加

クエリタイルは [Explore] から直接ダッシュボードに保存できます。Explore を開いてダッシュボードに追加するクエリを作成したら、次の手順を行います。

  1. [Explore Actions] の歯車アイコン メニュー設定から [保存] を選択します。

    [ダッシュボードに追加] ウィンドウが開きます。

  1. [Title] フィールドに、タイルのタイトルを指定します。
  2. フォルダのリストから、ダッシュボードが配置されているフォルダを選択します。
  3. ダッシュボードのリストからダッシュボード名を選択するか、[タイトルでフィルタ...] 検索バーにダッシュボード名を入力して、結果を絞り込みます。
  4. [Save to Dashboard] をクリックします。

タイルとしてダッシュボードに追加すると、確認メッセージがExploreの最上部に表示されます。確認メッセージでダッシュボードのタイトルをクリックすると、Looker により編集モードでダッシュボードが直接表示されます。このページでは、タイルを移動したりサイズ変更したりできます。

ダッシュボードに追加された新しいタイルの場合、ダッシュボードフィルタと同じExploreから作成されていると、そのダッシュボードフィルタが自動的に適用されます。

Lookからのタイルの追加

クエリタイルと Look リンクタイルは、Look からダッシュボードに追加できます。

Lookからクエリタイルを追加する

Look からクエリタイルを追加するには、次の手順に従います。

  1. Look に移動します。
  2. まず、[Explore Actions]の歯車アイコン メニュー設定から、保存を選択します。この操作で、サブメニューが開きます。
  3. サブメニューから [既存のダッシュボードに] を選択します。

    [ダッシュボードに追加] ウィンドウが開きます。

  4. Look からクエリタイルを追加すると、タイルには Look の [タイトル] フィールドにある Look の名前と同じタイトルが付けられます(後で編集できます)。

  5. フォルダのリストから、ダッシュボードが配置されているフォルダを選択します。

  6. ダッシュボードのリストからダッシュボード名を選択するか、[タイトルでフィルタ...] 検索バーにダッシュボード名を入力して、結果を絞り込みます。

  7. [Save to Dashboard] をクリックします。

この方法でダッシュボードに追加するタイルはすべて、作成元のLookには接続されません。Lookに影響を及ぼすことなくタイルを編集できます。タイルに影響を及ぼすことなくLookを編集または削除できます。

タイルとしてダッシュボードに追加すると、確認メッセージがLookの最上部に表示されます。確認メッセージでダッシュボードのタイトルをクリックすると、Looker により編集モードでダッシュボードが直接表示されます。このページでは、タイルを移動したりサイズ変更したりできます。

ダッシュボードに追加された新しいタイルの場合は、それが基づくLookがダッシュボードフィルタと同じExploreから作成されていると、そのダッシュボードフィルタが自動的に適用されます。

Lookからルックリンクタイルを追加する

Look にリンクされているタイルLook から直接ダッシュボードに保存できます。ただし、Look とダッシュボードは同じフォルダにある必要があります。

ダッシュボードに Look リンクタイルを追加するには(ビジュアルからクエリタイルを追加するを参照)、次の手順に従います。

  1. ダッシュボードと Look が同じフォルダにあることを確認するか、ダッシュボードと同じフォルダに Look をコピーします。
  2. サブメニューから [既存のダッシュボードに] を選択します。[ダッシュボードに追加] ウィンドウが開きます。
  3. Lookとダッシュボードを含むフォルダが選択されていることを確認します。
  4. ダッシュボードを選択します。
  5. [Look にダッシュボードを追加] をクリックします。

この方法でダッシュボードに追加するタイルはすべて、作成元のLookに接続され、Lookと同じタイトルが付けられます。タイルを編集すると、LookとそのLookにリンクされたすべてのタイルがその影響を受けます。Lookを編集または削除すると、タイルもその影響を受けます。

タイルとしてダッシュボードに追加すると、確認メッセージがLookの最上部に表示されます。確認メッセージでダッシュボードのタイトルをクリックすると、Looker により編集モードでダッシュボードが直接表示されます。このページでは、タイルを移動したりサイズ変更したりできます。

ダッシュボードに追加された新しいタイルの場合は、それが基づくLookがダッシュボードフィルタと同じExploreから作成されていると、そのダッシュボードフィルタが自動的に適用されます。

テキストを追加する

ダッシュボードが編集モードになったら、ダッシュボード ペインの左上にある [追加] ボタンをクリックするとテキストタイルを追加できます。

テキストタイルには次の 2 種類があり、それぞれ編集方法が異なりますが、得られるタイルの種類は同じです。

  • テキスト: 視覚的な編集が可能なダッシュボードのテキストタイル
  • マークダウン: Looker の既存のテキスト タイル オプション。一部の HTML とマークダウン マークアップ言語のサブセットを使用してタイルをフォーマットできます。

[Text] または [Markdown] のタイルを保存すると、ダッシュボードの下部に表示されます。これにより、テキストタイルを移動、サイズ変更する場合と同様に、他のタイルを移動、サイズ変更することができます。

[ビジネスの概要] ダッシュボードでは、ページの上部に、タイルとユーザーにダッシュボードに関する情報を提供するテキストタイルが表示されます。

テキストタイルの追加

[テキスト] タイルは、視覚的な編集を提供するダッシュボード テキストタイルです。

タイルのテキストの書式を設定する手順は次のとおりです。

  1. 書式設定するタイル内のテキストをハイライト表示します。
  2. タイルの上部にあるテキスト スタイル アイコンをクリックします。

    テキストタイルを編集すると、保存したときの表示方法が変わります。

  3. タイルを保存するには、ダッシュボードで [保存] をクリックします。

既存のタイルを編集するには、編集モードに入り、タイルテキストをクリックして変更を行い、ダッシュボードを保存します。

Markdown タイルの追加

マークダウン タイルは、HTML と Markdown を使用してフォーマットできるダッシュボードのテキストタイルです。

[マークダウン] を選択すると、ウィンドウが表示され、タイトル、サブタイトル、本文を追加できます。これらの要素はオプションです。

タイトルおよびサブタイトルは、リンクと画像を含む一部のHTMLに対応しています。マークダウンタイルの本文でも一部の HTML を使用できます。Looker で HTML がレンダリングされる仕組みについては、HTML サニタイズのドキュメント ページをご覧ください。

本文テキストは マークダウン マークアップ言語のサブセットをサポートしています。本文テキストでサポートされているマークダウン構文の詳細については、マークダウン タイルでのマークダウンの使用のドキュメントをご覧ください。

ボタンの追加

[追加] メニューの [ボタン] オプションを使用すると、ダッシュボードにカスタムボタンを追加できます。ボタンには、Looker URL または外部 URL へのリンクを割り当てることができます。ダッシュボード ビューアがボタンを選択すると、その URL が表示されます。

ダッシュボードにボタンを追加するには、次のようにします。

  1. ダッシュボードが編集モードであることを確認します。
  2. ダッシュボード ペインの左上にある [追加] ボタン メニューから [ボタン] オプションを選択します。

    ダッシュボードの上部に新しいボタンが表示され、ボタン編集ウィンドウも開きます。

  3. ボタン編集ウィンドウの [コンテンツ] タブで、次のフィールドに値を入力します。

    • ラベル: このテキストがボタン上に表示されます。ボタンは、ラベルがタイル ボックスの幅に達するまで、ラベルに合わせて幅を広げます。ラベルが制限の幅に達すると、それより長い部分は切り捨てられます。ラベルが省略されている場合は、[説明] フィールドで繰り返すことができます。
    • リンク: これは、閲覧者がボタンを押したときに移動するリンク先です。

    • 説明: この説明は、ボタンにカーソルを合わせると表示されます。値を入力しない場合、説明文はデフォルトでリンクになります。

    • 新しいブラウザタブで開く: このオプションを選択して、ダッシュボードから移動する代わりに新しいブラウザタブで自動的にリンクを開きます。このオプションはデフォルトで有効になっています。

  4. ボタンの編集ウィンドウの [Design] タブで、ボタンの外観をカスタマイズできます。

    • ボタンのスタイル: 次のいずれかを選択します。

      • 塗りつぶし: 色地に白いテキストのボタンになります。
      • 枠線: 輪郭があり、テキストが色付きのボタンになります。
      • 透明: 輪郭も背景もないボタンになります。色付きのテキストがあるだけです。
    • : テーマ タブで Looker のカラー コレクションの 1 つから色を選択するか、カスタム タブで色をカスタマイズします。次に、[保存] を選択します。

    • ボタンのサイズ: []、[]、または [] を選択して、ボタンのテキストのサイズを設定します。ボタンの高さは、テキストが収まるように調整されます。デフォルトサイズはMediumです。

    • 位置揃え: []、[中央]、または [] を選択して、タイルボックス内のボタンを水平に配置します。デフォルトでは、ボタンのタイルボックスは最大幅に、配置は中央になります。

  5. [保存] をクリックして、変更を保存します。

ボタンの移動とサイズ変更

追加したら、ボタンを移動したり、他のタイルと同様にタイル ボックスのサイズを変更したりできます。

デフォルトでは、ダッシュボードの上部に、ダッシュボードの全幅に設定されたタイルボックス内の新しいボタンが表示されます。

ボタンのタイルボックスのサイズを変更すると、他のダッシュボード要素の配置や、ボタンの幅に影響することがあります。ただし、ボタンのテキストの大きさや高さは、ボタン編集ウィンドウの [ボタンサイズ] オプションでのみ調整できます。

拡張機能の追加

[追加] メニューの [拡張機能] オプションを使用すると、カスタム 拡張機能をタイルとしてダッシュボードに追加できます。

拡張機能をタイルとして追加する手順は次のとおりです。

  1. ダッシュボードが編集モードであることを確認します。

  2. ダッシュボード ペインの左上にある [追加] ボタン メニューから [拡張機能] オプションを選択します。[拡張機能] パネルが表示され、ダッシュボードのタイルとしてインストールできるすべての利用可能な拡張機能が一覧表示されます。

  3. [拡張機能] パネルのインストールする拡張機能の [タイルに追加] をクリックします。選択した拡張機能が、ダッシュボードの新しいタイルにインストールされます。

タイルにデータアクションを追加する

タイルの基になるモデルに対する develop 権限がある場合は、そのモデルにデータ アクションを追加できます。データ アクションにより、ダッシュボード ビューアは、ダッシュボード タイルから直接他のツールによるタスク(メール送信、他のアプリケーションでの値の設定など)を実行できます。これらのデータ アクションは、ドリルメニューの [アクション] セクションに表示されます。

詳しくは、action パラメータのドキュメント ページをご覧ください。

ダッシュボードにダッシュボードフィルタを追加する

ダッシュボードタイルの基になるクエリにフィルタを組み込むことができますが、ダッシュボード自体にフィルタを追加することもできます。この場合、フィルタをすべてのタイルまたは選択したタイルだけに適用できます。ダッシュボードフィルタにより、ユーザーは興味があるデータのみをダッシュボードに表示することができます。

ダッシュボードフィルタを追加するには、少なくとも1つのクエリタイルまたはルックリンクタイルをダッシュボードに追加している必要があります。次に、編集モードを入力して、上部のツールバーから [フィルタ] ボタン filter_list を選択するとフィルタを追加できます。

標準のダッシュボード フィルタの作成の詳細については、ユーザー定義ダッシュボード フィルタの追加と編集のドキュメントをご覧ください。

ダッシュボードのクロスフィルタを有効にする方法については、ダッシュボードのクロスフィルタのドキュメントをご覧ください。

Dashboardの設定を構成する

ダッシュボードの設定には、ダッシュボードの左上にある青色のツールバーからアクセスできます。ダッシュボードを作成する際のデフォルトの設定は次のとおりです。

これらの設定の編集の詳細については、ユーザー定義のダッシュボードの編集のドキュメントをご覧ください。

ダッシュボードへの説明の追加

ダッシュボードに説明を追加するには、ダッシュボードが編集モードであることを確認し、ダッシュボードの操作の 3 点アイコン メニュー more_vert からダッシュボードの詳細を表示を選択します。

[説明] テキスト ボックスが編集可能になります。

説明を追加したら、[保存] をクリックして変更を保存します。

集計認識を使用したダッシュボードのパフォーマンスの向上

LookML のデベロッパーは、集計認識を使用して LookML ダッシュボードのパフォーマンスを向上させることができます。集計認識を使用すると、デベロッパーは LookML の explore パラメータでサマリー表を作成できます。これにより、ダッシュボードで 1 つ以上のタイルのクエリを最適化できます。最初のステップは、集約テーブル LookML を取得することです。これは、ダッシュボードの操作の 3 点アイコン メニュー more_vert にある LookML を取得するオプションの下に表示されます。詳細については、aggregate_table パラメータのドキュメント ページをご覧ください。

高パフォーマンスなダッシュボードの構築に関するその他の情報と推奨事項は、高パフォーマンな Looker ダッシュボードを作成する際の考慮事項のベスト プラクティスのページで確認してください。