機能と利点

クラウドでのコードの実行とスケーリングが手間いらず

サーバー管理が不要
お客様はコードをデプロイするだけです。コードの実行とスケーリングは Google にお任せください。Cloud Functions では基盤となるインフラストラクチャが完全に抽象化されているため、コードに集中してアプリケーションを従来よりも短期間でビルドできます。
お支払いはコードを実行した時間分だけ
Cloud Functions の機能単位は短時間実行型です。環境内のイベントに反応してオンデマンドで起動し、処理が完了すると消滅します。使用量は機能単位が実行されている間だけ計測され、最も近い 100 ミリ秒単位に丸められて課金されます。機能単位の実行後に料金は発生しません。
自動スケーリング
アプリケーションの規模がどれほど大きくなっても、お客様はインフラストラクチャについて最初から悩む必要はありません。Cloud Functions では、ワークロードのサイズに応じて基盤となるインフラストラクチャの管理とスケーリングが自動的に遂行されます。
イベントに反応して実行されるコード
Cloud Functions では、コードを Google Cloud Platform、Firebase、Google Assistant からトリガーできます。また、ウェブ、モバイル、またはバックエンド アプリケーションから HTTP 経由で直接呼び出すこともできます。
連携して拡張されるサービス
Cloud Functions では、GCP、Firebase、Google Assistant、サードパーティの各クラウド サービスをいずれも積み木のように組み立てることができます。つまり、個々のサービスを連携させて機能を拡張することが可能なので、アイデアを短期間で本番環境につなげることができます。
使い慣れたオープンな環境
Cloud Functions は JavaScript(Node.js)や Python で記述されたコードをサポートしています。新たな言語、ツール、フレームワークを学習する必要はありません。必要なコードさえあれば利用できます。ネイティブ ライブラリをプラットフォームに取り込んで利用することも可能です。
サポートされているイベントソース
Cloud Pub/Sub
Cloud Pub/Sub トピックに公開されたメッセージに反応する形で Cloud Functions を呼び出すことができます。Cloud Pub/Sub はグローバルに配信されているメッセージバスのひとつです。これは、お客様の必要に応じて自動的にスケーリングされ、お客様独自の堅牢でグローバルなサービスをビルドする基盤となります。
チュートリアル
Cloud Storage
Cloud Storage からの変更通知に反応する形で Cloud Functions を呼び出すことができます。これにはオブジェクトの追加(作成)、更新(変更)、削除などが含まれます。
チュートリアル
HTTP
HTTP(S) 経由で直接 Cloud Functions を呼び出すことができます。 個々の機能単位に専用のドメインと、安全な通信のために動的に生成される SSL/TLS 証明書が提供されます。HTTP リクエストに応答して機能単位の実行結果が返されます。
チュートリアル
Stackdriver Logging
Stackdriver Logging のログの変更に反応する形で Cloud Functions を呼び出すことができます。Stackdriver Logging では、Google Cloud Platform や Amazon Web Services(AWS)からのログデータやイベントを格納、検索、分析、モニタリング、通知できます。
チュートリアル
Firebase
Firebase からのモバイル関連のイベント(Realtime Database 内のデータ変更、Auth 経由の新規ユーザー登録、アナリティクスのコンバージョン イベントなど)に反応する形で Cloud Functions を呼び出すことができます。
チュートリアル
ロギング、モニタリング、デバッグ
機能単位のパフォーマンスを Google Stackdriver の一連のツールで監視し、必要に応じて問題を解決することができます。
開発者エクスペリエンス