マネージド ゾーンでのオペレーションの表示

マネージド ゾーンに対して行った変更(説明、DNSSEC 状態、または構成の変更)は、Cloud DNS によりオペレーションとして記録されます。マネージド ゾーンの作成と削除は記録されません。マネージド ゾーンを削除すると、そのゾーンで記録されたオペレーションも削除されます。

これらのオペレーションは、マネージド ゾーン内のリソースに対して行った変更とは関係ありません。これらの更新の履歴は、コマンドライン ツールまたは REST API を使用して確認できます。

オペレーションの監査ログの表示

コマンドライン

gcloud dns operations list --zones="myzonename"

このコマンドは、最初の 100 件のレコードのリソース レコードセットを JSON 形式で出力します。追加のパラメータを指定できます。

  • --limit: リストするオペレーションの最大数。

Python

from apiclient import errors
from apiclient.discovery import build

PROJECT_NAME=''
ZONE_NAME=''

try:
  service = build('dns', 'v1')
  response = service.operations().list(project=PROJECT_NAME,
                                       managedZone=ZONE_NAME).execute()
  print(response)
except errors.HttpError, error:
  print('An error occurred: %s' % error)
    

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud DNS のドキュメント