ClickHouse

Looker は、ClickHouse バージョン 0.2 以降をサポートしています。

ネットワーク トラフィックの暗号化

Lookerアプリケーションとお使いのデータベースの間のネットワークトラフィックを暗号化することを強くお勧めします。セキュアなデータベースアクセスを可能にするドキュメント ページに記載されているオプションのいずれかを検討してください。

サーバー サイドで SSL 暗号化を有効にするには、ClickHouse のドキュメントをご覧ください。

ユーザーとセキュリティ

まず、ClickHouse サーバーで Looker ユーザーを構成します。従来の CREATE USER コマンドでは、ClickHouse データベース ユーザーは作成されません。ClickHouse アクセス権のドキュメントに従って、users.xml ファイルの users セクションを構成します。基本的な例を以下に示します。

<!-- Users and ACL. -->
<users>
    <looker>
        <password>CHANGEIT</password>
        <networks incl="networks" />
        <profile>default</profile>
        <quota>default</quota>
    </looker>

    <web>
        <password></password>
        <networks incl="networks" />
        <profile>web</profile>
        <quota>default</quota>
        <allow_databases>
           <database>test</database>
        </allow_databases>
        <allow_dictionaries>
           <dictionary>test</dictionary>
        </allow_dictionaries>
    </web>
</users>

また、このファイル内で、適切なデータベース アクセスを構成します。

<allow_databases>
    <database>database_1</database>
    <database>database_2</database>
    <database>database_3</database>
</allow_databases>

データベースへの Looker 接続の作成

Looker の [管理者] セクションで [接続] を選択し、[新しい接続] をクリックします。

接続の詳細を入力します。設定の大部分は、ほとんどのデータベース言語に共通するものです。詳細については、Looker をデータベースに接続するのドキュメント ページをご覧ください。一部の設定について次に説明します。

  • 言語: ClickHouse
  • ホスト: 到達可能なホスト名。
  • ポート: ClickHouse サービスが HTTP(S) 経由で到達可能なポート。
    • デフォルトでは、HTTP 接続では 8123 が使用され、HTTPS では 8443 が使用されます。
    • ポート 9000 と 9440 は ClickHouse コマンド ライン クライアントによってデフォルトで使用されますが、Looker がこれらのポートを使用して ClickHouse に接続することはできません。
    • ClickHouse 管理者が、HouseHouse 構成の http_port/https_port 設定で代替ポートを選択した可能性があります。ローカル構成に適した設定を ClickHouse 管理者に確認してください。
  • データベース: データベース名(users.xml ファイルで使用できるデータベースの 1 つである必要があります)。
  • ユーザー名: データベースのユーザー名。
  • パスワード: データベースのパスワード。
  • その他の JDBC パラメータ: (省略可)JDBC 文字列の追加パラメータ。
  • データグループと PDT のメンテナンス スケジュール: ClickHouse は PDT をサポートしていないため、これは無視できます。
  • SSL: チェックすると、SSL を介して ClickHouse に接続されます。
  • SSL を確認: (省略可)チェックすると ClickHouse サーバーに厳密なホスト名検証が適用されます。信頼できる認証局によって署名された SSL 証明書を使用している場合にのみ、このチェックボックスをオンにします。自己署名 SSL 証明書を使用している場合は、オフのままにします。

接続が成功したことを確認するには、[テスト] をクリックします。トラブルシューティング情報については、データベース接続のテストのドキュメント ページをご覧ください。

これらの設定を保存するには、[接続] をクリックします。

機能のサポート

一部の機能については、Looker でサポートするには、データベース言語が同じ機能に対応している必要があります。

ClickHouse は、Looker 23.20 の時点で、次の機能をサポートしています。

特徴 サポート対象
サポート レベル
サポート対象
Looker(Google Cloud コア)
はい
対称集計
いいえ
派生テーブル
あり
永続的な SQL 派生テーブル
いいえ
永続的なネイティブ派生テーブル
いいえ
安定したビュー
いいえ
クエリの強制終了
はい
SQL ベースのピボット
いいえ
タイムゾーン
いいえ
SSL
あり
Subtotals
いいえ
JDBC の追加パラメータ
あり
Case Sensitive
あり
ロケーション タイプ
あり
リストのタイプ
あり
パーセンタイル
あり
個別のパーセンタイル
いいえ
SQL Runner の表示プロセス
あり
SQL Runner の説明テーブル
あり
SQL Runner 表示インデックス
いいえ
SQL Runner Select 10
あり
SQL ランナーの数
あり
SQL の説明
いいえ
Oauth 認証情報
いいえ
コンテキスト コメント
あり
接続プーリング
いいえ
HLL スケッチ
いいえ
集計認識
いいえ
増分PDT
いいえ
ミリ秒
いいえ
マイクロ秒
いいえ
マテリアライズド ビュー
いいえ
Approximate Count Distinct
いいえ