コンソールを使用したクイックスタート

このクイックスタートでは、Phishing Protection 用の Google Cloud Console を使用して、安全でない可能性のある URL をセーフ ブラウジングに送信します。セーフ ブラウジング ポリシーに準拠していることが確認された URL はすべて、セーフ ブラウジング リストに追加されます。

始める前に

Phishing Protection はまだ一般提供されていないため、アクセスするにはホワイトリストへの登録が必要です。ベータ版に登録するには、Phishing Protection ベータ版プログラムのフォームにご記入ください。承認されると、Phishing Protection チームからメールが届きます。

Phishing Protection の有効化

ホワイトリストに登録されたという確認メールが届いたら、Cloud Console を使用して、Security Command Center と Phishing Protection を有効にします。

  1. Security Command Center のクイックスタートを完了して、Security Command Center を有効にします。
  2. Cloud Console で、Security Command Center の [設定| > [セキュリティ ソース] ページに移動します。
    [セキュリティ ソース] ページに移動
  3. Phishing Protection の横で、[有効] の下にある切り替えボタンをクリックして、Phishing Protection の検出を有効にします。

これで、Security Command Center において組織の Phishing Protection が有効になります。

Phishing Protection の結果の表示

Security Command Center で Phishing Protection を有効にすると、その検出結果が Security Command Center ダッシュボードに表示されます。

  1. Cloud Console の [Security Command Center] ページに移動します。
    [Security Command Center] ページに移動
  2. Phishing Protection の検出結果は、[検出結果] の下の [Phishing Protection] カードに表示されます。多くのフィッシングのページは活動期間が短く、確認した時点では活動していない場合があります。
  3. 検出結果の詳細を表示するには、個々の検出結果をクリックします。検出結果の詳細では、特定のフィッシング URL に関する詳細情報(検出された時間、セーフ ブラウジング リストに追加されたかどうかなど)が表示されます。
    • このリストに含まれる URL は、次のいずれかが該当します:
      • Phishing Protection Submitation API を使用してユーザーにより Phishing Protection に提出されている
      • Phishing Protection で検出され、セーフ ブラウジング ポリシーに違反する動作で組織のユーザーを標的にしていると判定されている

Phishing Protection のデータは再配布されない場合があります。

次のステップ