Dataproc の料金

Compute Engine 上の Dataproc の料金

Compute Engine での Dataproc の料金は、Dataproc クラスタのサイズと実行期間に基づきます。クラスタのサイズは、マスターノードとワーカーノードを含むクラスタ全体の仮想 CPU(vCPU)の総数に基づきます。クラスタの期間は、クラスタの作成からクラスタの停止または削除までの経過時間です。

Dataproc の料金は $0.010 * # of vCPUs * hourly duration で表されます。

料金の式は時間単位ですが、Dataproc クラスタは 1 秒単位で課金されます。ただし、最小課金時間は 1 分です。秒単位での使用に対して時間単位の料金設定を適用するため、使用時間は時間を少数に直して表されます(たとえば、30 分は 0.5 時間)。

Dataproc の料金は、各仮想マシンの Compute Engine のインスタンスあたりの料金に加算されます(他の Google Cloud リソースの使用をご覧ください)。

料金の例

例として、次の構成を持つ(マスターノードとワーカーノードを含む)クラスタについて考えてみます。

項目 マシンタイプ 仮想 CPU 数 アタッチされている永続ディスク クラスタ内の数
マスターノード n1-standard-4 4 500 GB 1
ワーカーノード n1-standard-4 4 500 GB 5

この Dataproc クラスタには 24 個の仮想 CPU があります(マスター用に 4 個、20 個はワーカーに分散)。Dataproc の課金では、このクラスタのサイズ(24 個の仮想 CPU)と実行時間に基づいて料金を求めます(ノードのスケールダウンやプリエンプトはないものとします)。クラスタが 2 時間実行される場合、次の式から Dataproc の料金が得られます。

Dataproc charge = # of vCPUs * hours * Dataproc price = 24 * 2 * $0.01 = $0.48

この例の場合、クラスタには、Dataproc の料金に加えて、Compute Engine と標準の永続ディスク プロビジョニング容量に対しても課金されます(他の Google Cloud リソースの使用をご覧ください)。料金計算ツールを使用すると、Google Cloud のリソースの費用を個別に確認できます。

他の Google Cloud リソースの使用

統合型のマネージド ソリューションである Dataproc は、他の Google Cloud テクノロジーの上に構築されるものです。Dataproc クラスタが使用する以下のリソースは、それぞれ独自の料金設定で課金されます。

上記のリソース以外に、Dataproc クラスタがオプションで利用できる以下のリソースも(これらに限定されません)、それぞれ独自の料金設定で課金されます。

GKE on Dataproc の料金

Dataproc on GKE の料金式 $0.010 * # of vCPUs * hourly duration は、Compute Engine の Dataproc の料金数式と同じであり、クラスタ内の Dataproc によって作成されたノードプール内の VM インスタンスで実行される仮想 CPU の合計数に適用されます。仮想マシン インスタンスは、作成から削除までの時間です。Compute Engine の Dataproc と同様に、GKE の Dataproc は秒単位で課金され、仮想マシン インスタンスあたりの最小課金時間は 1 分です。Dataproc の料金に加えて、その他の Google Cloud の料金が適用されます。

Dataproc によって作成されたノードプールは、複数のクラスタで共有される可能性があるため、Dataproc クラスタの削除後も引き続き存在します。ノードプールを削除するか、ノードプールをゼロにスケールダウンした場合、継続的な Dataproc 料金は発生しません。残りのノードプール VM は、削除するまで引き続き課金されます。

Dataproc サーバーレスの料金

Dataproc サーバーレスの料金をご覧ください。

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量課金制では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームまでお問い合わせください。
お問い合わせ