Windows イメージの作成

既存の Windows Server インスタンスからカスタマイズした Windows Server イメージを作成できます。これらのカスタム イメージは、既存のインスタンスと同じブートディスク イメージを持つインスタンスを作成する場合に使用します。

これらのカスタム イメージは、既存インスタンスのオペレーティング システムの構成設定を保存する場合や、同じ構成を再利用して別のインスタンスを作成する場合に便利です。

公開イメージまたはカスタム イメージからインスタンスを作成する必要がある場合は、新しい Windows インスタンスの作成をご覧ください。

永続ディスクデータのスケジュール バックアップを行うには、カスタム イメージの代わりに永続ディスク スナップショットを使用します。

Windows Server または SQL Server システムをインポートする必要がある場合は、VM 移行サービスを使用します。

Windows Server イメージの作成

イメージを作成する前に、インスタンスで GCESysprep を実行してイメージ作成プロセスの準備を行います。このプロセスを実行すると、インスタンスが停止します。インスタンスを停止できない場合は GCESysprep プロセスを省略できますが、その場合はイメージの作成中にイメージの完全性が損なわれる危険があります。

  1. Windows インスタンスに管理者としてログインし、PowerShell またはコマンド プロンプトを開きます。
  2. GCESysprep を使用して、システムを複製する準備を行います。このコマンドを実行するとインスタンスがシャットダウンされ、リモート デスクトップ接続が閉じます。

    GCESysprep
    

インスタンスの準備が完了したら、イメージを作成します。

Console

  1. GCP Console の [新しいイメージの作成] ページに移動します。

    新しいイメージの作成

  2. イメージの名前を指定します。
  3. イメージを作成する元となる、Windows オペレーティング システムがインストールされているソースディスクを選択します。
  4. ソースディスクが実行中のインスタンスに接続されている場合は、[インスタンスを実行し続ける] をクリックして、このままイメージを作成します。このオプションを指定すると、イメージの完全性が損なわれる可能性があります。可能であれば、イメージを作成する前にインスタンスを停止してください。
  5. [作成] をクリックします。

gcloud

gcloud compute コマンドと images create コマンドを使用し、イメージ作成元のソース永続ディスクを指定します。オプションの --force フラグを指定すると、ソースディスクが実行中のインスタンスに接続されている場合でも強制的にイメージを作成できます。

gcloud compute images create example-image --source-disk [DISK_NAME] \
    --source-disk-zone [ZONE] [--force]
  • [DISK_NAME] は、イメージの作成元のソースディスクの名前です。
  • [ZONE] は、ディスクのゾーンです。
  • --force は、ディスクが実行中のインスタンスに接続されている場合でも強制的にイメージを作成するオプションのフラグです。このオプションを指定すると、イメージの完全性が損なわれる可能性があります。可能であれば、イメージを作成する前にインスタンスを停止してください。

このコマンドを実行すると、指定した永続ディスクに基づいて gcloud compute が新しいイメージを作成し、コレクションに追加します。次のコマンドを実行して、イメージが正常に作成されたことを確認できます。

gcloud compute images list

API

リクエストの本文に sourceDisk の URL を含めて images().insert メソッドに POST リクエストを発行します。

POST https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/[PROJECT_ID]/global/images?[FORCE_OPTION]

{
  "name": "[IMAGE_NAME]",
  "sourceDisk": "zones/[ZONE]/disks/[DISK_NAME]"
}

ここで:

  • [PROJECT_ID] は、このリクエストのプロジェクト ID です。
  • [FORCE_OPTION] は、ソースディスクが実行中のインスタンスに接続されている場合でも強制的にイメージを作成するオプションです。このオプションを設定するには、POST 行の最後に forceCreate=true を指定します。このオプションを指定すると、イメージの完全性が損なわれる可能性があります。可能であれば、イメージを作成する前にインスタンスを停止してください。
  • [IMAGE_NAME] は、このイメージに付ける名前です。
  • [ZONE] は、イメージ作成元のソースディスクのゾーンです。
  • [DISK_NAME] は、ソースディスクの名前です。

イメージの追加に関する詳細については、イメージ参照をご覧ください。

Windows エージェントおよびスクリプトの更新

Compute Engine では、最新のエージェントおよびスクリプトを使用した新しい Windows イメージがリリースされることがあります。これらのアイテムは、Windows インスタンスの起動およびシャットダウン プロセス、アカウント管理、アドレス管理をアシストします。

Windows イメージ バージョン v20160112 以降、Windows エージェントはアップストリーム リリースで自動更新されます。このエージェントの自動更新は、disable-agent-updates インスタンス メタデータキーを true に設定することで無効にすることができます。古いイメージ リリースに基づいたインスタンスがある場合は、そのインスタンスの Windows エージェントの手動更新を実施することができます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント