仮想マシン インスタンス

このページでは、Google Compute Engine インスタンスの概要について説明します。「インスタンス」とは、Google のインフラストラクチャがホストする仮想マシン(VM)のことです。インスタンスを作成するには、Google Cloud Platform Console または gcloud コマンドライン ツールを使用できます。

はじめに

Compute Engine インスタンスでは、Google が提供する Linux と Windows Server の公開イメージだけでなく、Compute Engine に自分で作成またはインポートした非公開イメージも実行できます。また、その他のオペレーティング システムのイメージをビルドして実行することもできます

事前定義されたマシンタイプのセットを使用したり、独自のカスタム マシンタイプを作成したりすることで、仮想 CPU の数やメモリの容量など、インスタンスのマシン プロパティを選択できます。

インスタンスとプロジェクト

各インスタンスは Google Cloud Platform Console プロジェクトに属し、プロジェクトには 1 つ以上のインスタンスを含めることができます。プロジェクトでインスタンスを作成する場合は、ゾーン、オペレーティング システム、そのインスタンスのマシンタイプを指定します。インスタンスを削除する場合、プロジェクトから削除されます。

インスタンスとストレージ オプション

デフォルトでは、各 Compute Engine インスタンスに、オペレーティング システムを含む、小規模なルート永続ディスクが 1 つあります。インスタンス上で動作するアプリケーションでストレージ容量がさらに必要になると、インスタンスにストレージ オプションを追加できます。

インスタンスとネットワーク

プロジェクトは、最大で 5 つの VPC ネットワークを持つことができ、それぞれの Compute Engine インスタンスは 1 つの VPC ネットワークに属しています。同じネットワーク内のインスタンスは、ローカルエリア ネットワーク プロトコルを通じて相互に通信します。インスタンスはインターネットを使用し、インスタンスのネットワークの外にある他の仮想マシンまたは物理マシンと通信します。VPC ネットワークの詳細については、VPC ネットワークの概要をご覧ください。

インスタンスを管理するためのツール

インスタンスの作成と管理には、Google Cloud Platform Consolegcloud コマンドライン ツール、REST API など、さまざまなツールを使用できます。詳細な設定を行うには、Linux インスタンスの場合はセキュアシェル(SSH)、Windows インスタンスの場合はリモート デスクトップ プロトコル(RDP)を使用してインスタンスに接続します。

インスタンスへのアクセス

インスタンスの作成者は、そのインスタンスに対する完全なルート権限を持っています。Linux インスタンスでは、作成者が SSH 機能を持っており、Cloud Platform Console を使用して SSH 機能を他のユーザーに付与します。Windows インスタンスでは、作成者が Cloud Platform Console を使用してユーザー名とパスワードを生成します。その後、ユーザー名とパスワードを知っているユーザーはだれでも、RDP を使用してインスタンスに接続できます。

管理者権限を持つユーザーは、SSH または RDP でインスタンスに接続した後、標準の Linux コマンドまたは Windows User Account の管理を使用して、他のシステムユーザーを追加できます。

次のステップ

Compute Engine を初めて使用する場合は、スタートガイドに沿って、Cloud Platform Console を使用してインスタンスを作成する方法を学習します。

スタートガイド

より詳細なガイドについては、インスタンスの作成と開始をご覧ください。

Compute Engine インスタンスの機能の詳細については、以下をご覧ください。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント