マネージド インスタンス グループ(MIG)を作成するための基本的なシナリオ

マネージド インスタンス グループ(MIG)は、単一のエンティティとして制御する仮想マシン(VM)インスタンスのグループです。MIG 内の各 VM はインスタンス テンプレートに基づいています。

複数の VM を作成するだけで、MIG にグループ化する必要がない場合は、バルク インスタンス API をご覧ください。

他の Compute Engine オプションについては、ワークロードに対する Compute Engine のデプロイ形態を選択するをご覧ください。

MIG の作成を開始するには、このドキュメントを参照して、役に立つ基本的な構成を確認してください。

MIG を作成するための基本的なシナリオ

MIG には、構成オプションが数多くあります。さまざまなシナリオに応じて MIG を速やかに稼働させるには、次のガイドをご覧ください。

ガイド シナリオ
単一のゾーンに VM を含む MIG を作成する(ゾーン MIG VM を単一ゾーンにデプロイできる
リージョン内の複数のゾーンに VM を含む MIG を作成する(リージョン MIG ゾーン障害から保護するため、またはリソースが限られたゾーン(Spot VM など)を自動的に検出するために、リージョン内の複数のゾーンに VM を分散する必要がある
自動スケーリングを使用して MIG を作成する MIG では、需要が増加した場合はグループ内に VM を自動的に作成し、需要が減少した場合は VM を削除する必要がある
プリエンプティブル VM を使用する MIG を作成する ワークロードで中断を許容でき、プリエンプティブル VM による費用削減のメリットを活用する必要がある
ステートフル構成で MIG を作成する ワークロードにステートフル構成を必要とする(例: VM の自動修復、更新、再作成が行われるたびにデータを保持する必要があるディスクを必要とする)

制限事項

MIG には、使用する機能によって異なる制限があります。一般的な MIG の制限と、リージョンまたはステートフル機能を使用する場合の追加の制限は、次のとおりです。

  • デフォルトでは、1 つのゾーン MIG に最大 1,000 個の VM を作成できます。さらに多くの VM が必要な場合は、次のいずれかの方法を使用します。

  • MIG を更新するときは、1 回のリクエストで最大 1,000 台の VM を指定できます。

  • 複数のサブネットを持つ MIG は作成できません。一度作成した MIG のネットワークまたはサブネットワークは変更できません。

  • マネージド インスタンス グループに対する nic0 以外のインターフェースの共有 VPC は、gcloud CLI と API ではサポートされますが、コンソールではサポートされません。

複数のゾーンに分散する MIG(リージョン MIG)には、次の制限があります。

  • デフォルトでは、最大 2,000 個の VM を作成できます。さらに多くの VM が必要な場合は、MIG のサイズ制限を引き上げるか、サポートにお問い合わせください
  • リージョン MIG を作成する際には、MIG に関連付けるゾーンを選択する必要があります。作成時に特定のゾーンを選択した場合、後でそのゾーンの変更や更新はできません。ただし、MIG のターゲット分散シェイプを設定すると、選択したマネージド インスタンス グループが選択したゾーンに分散する方法を指定できます。
  • グループのターゲット分配形態を ANY または BALANCED に設定する場合は、ターゲット分配形態の制限を確認してください。

  • リージョン MIG を自動スケーリングする場合は、次の制限が適用されます。
  • リージョン MIG で負荷分散を使用する場合、次の制限が適用されます。

    • maxRate 分散モードは使用できません。
    • リージョン MIG で HTTP(S) 負荷分散スキームを使用する場合は、maxRatePerInstance または maxUtilization 分散モードを選択する必要があります。

ステートフル構成を使用した MIG (ステートフル MIG )には、次の制限があります。

  • MIG にステートフルな構成がある場合は、自動スケーリングを使用できません。
  • 自動ローリング アップデートを使用する場合は、置換メソッドRECREATE に設定する必要があります。
  • ステートフル リージョン MIG の場合は、ゾーン間の自動再配布でステーフル インスタンスが削除されないように、プロアクティブな再配布を無効にする(再配布タイプを NONE に設定する)必要があります。

MIG のオートスケーラーを構成する場合は、オートスケーラーの仕様も確認してください。

他の MIG タスク

MIG を作成したら、以下の操作を行うことをおすすめします。

グループとその VM について理解する

グループのサイズを変更する

グループの VM 構成を変更する

MIG 機能を追加する

チュートリアル

チュートリアルを試す