マネージド インスタンスを操作する。

マネージド インスタンス グループ(MIG)は、指定したインスタンス テンプレートとオプションのステートフル構成に基づいて、マネージド インスタンスを個別に作成します。各マネージド インスタンスは、MIG 内の実際の仮想マシン(VM)インスタンスの目的の状態を表すデータ エンティティです。

このドキュメントでは、MIG 内のマネージド インスタンスを確実に操作する方法について説明します。たとえば、特定のインスタンスに関する情報の追加、削除、更新、表示が必要になることがあります。

構成の変更が MIG によって元に戻されないように、このドキュメントで説明する方法を使用することが重要になります。グループに指定外の操作を行うと、MIG が変更を検出し、グループの修復を試みることがあります。たとえば、グループ内のインスタンスを削除した場合、MIG は MIG の構成に従ってそのインスタンスを自動的に再作成することがあります。

始める前に

マネージド インスタンスとは

マネージド インスタンスとは、実際の VM インスタンスの現在のステータスと目的の状態が含まれる、MIG 内のデータ エンティティです。

マネージド インスタンスの現在のステータスには次のフィールドが含まれます。

  • インスタンスのライフサイクルのステータス(例: RUNNINGSTOPPING)。
  • MIG がインスタンスに対して実行している現在のアクション(例: RESTARTINGVERIFYINGNONE)。
  • インスタンスの健全性(例: HEALTHYUNHEALTHY)。

実際の VM インスタンスに対するマネージド インスタンスの目的の状態には次のものがあります。

  • 目的のバージョン。つまり、インスタンスに使用するバージョン名とインスタンス テンプレートです。
  • 保持するアイテム(ディスク、メタデータなど)について維持する状態

図 1 のように、MIG 内の各マネージド インスタンスについて、MIG はそのマネージド インスタンスの仕様に従って実際の VM を稼働中の状態にします。

MIG は構成に基づいてマネージド インスタンスを自動的に生成します。マネージド インスタンスは、MIG が管理している実際の VM インスタンスに対応します。

図 1:マネージド インスタンスと対応する VM の関係

マネージド インスタンスの仕様を表示するには、MIG 内のマネージド インスタンスに関する情報を表示するをご覧ください。

インスタンスを MIG に追加する

インスタンスを MIG に追加するには次の方法があります。

新しく追加されたインスタンスが稼働していることを確認するには、グループのステータスを確認するか、マネージド インスタンスのステータスを確認します。

手動によるサイズ変更

マネージド インスタンス グループの自動スケーリングが設定済みでない場合、グループのサイズを手動で設定して、グループ内のインスタンスの数を変更できます。MIG を手動でサイズ変更するをご覧ください。

自動スケーリング

マネージド インスタンス グループは、インスタンスがその負荷に応じて自動的に追加や削除されるように構成できます。トラフィックの増加をアプリケーションで適切に処理できると同時に、コンピューティング リソースの必要性が低下した場合には費用を抑えることができます。MIG の自動スケーリングの詳細については、インスタンスのグループの自動スケーリングをご覧ください。

特定の名前を付けたインスタンスを追加する

特定の名前に依存するシステムがある場合は、それらの名前を持つ VM を既存の MIG に追加できます。このようなマネージド インスタンスに割り当てた名前は、MIG により VM が再作成された場合もそのまま維持されます。詳細については、MIG に特定の名前のインスタンスを作成するをご覧ください。

MIG インスタンスの状態の維持について詳しくは、ステートフル MIG をご覧ください。

インスタンスを MIG から削除する

マネージド インスタンスを削除すると、MIG はグループの targetSize を縮小し、対応する VM インスタンスを削除します。

ステートフル MIG を設定した場合、MIG はインスタンスで維持する状態の構成を削除します。また、MIG は削除されたインスタンスが属するすべてのターゲット プールからインスタンスを削除します。

グループが属するバックエンド サービスコネクション ドレインが有効になっている場合は、コネクション ドレインが有効のタイムアウトが経過してから VM インスタンスが削除されるまでに 60 秒ほどかかることがあります。

マネージド インスタンスを削除するには、次のようにします。

MIG 内の VM 構成の更新

MIG で VM の構成を変更する必要がある場合(例えばブートディスクやマシンタイプの変更、ディスクの追加、その他の VM プロパティの変更など)は、MIG での VM 構成の更新を参照してください。

MIG 内のインスタンスを再作成する

この方法により、最新のインスタンス テンプレートとステートフル構成(存在する場合)を使用するよう、選択した VM を更新できます。マネージド インスタンス グループに属するすべての VM を再作成する必要がある場合は、代わりにローリング アップデートを開始します。

グループが属するバックエンド サービスコネクション ドレインが有効になっている場合は、コネクション ドレインが有効のタイムアウトが経過してから VM インスタンスが削除されるまでに 60 秒ほどかかることがあります。

マネージド インスタンス グループ内の選択した VM インスタンスを再作成するには、gcloud CLI または API を使用します。

gcloud

instance-groups managed recreate-instances コマンドを使用します。

gcloud compute instance-groups managed recreate-instances INSTANCE_GROUP_NAME \
    --instances INSTANCE_NAME_1,INSTANCE_NAME_2 \
    [--region REGION | --zone ZONE]

API

API で、regionInstanceGroupManagers.recreateInstances メソッドに対する POST リクエストを行います。ゾーン マネージド インスタンス グループの場合は、instanceGroupManagers.recreateInstances メソッドを使用します。

POST https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/instanceGroupManagers/INSTANCE_GROUP_NAME/recreateInstances

{
 "instances": [
  "zones/ZONE/instances/INSTANCE_NAME_1",
  "zones/ZONE/instances/INSTANCE_NAME_2"
 ]
}

マネージド インスタンス グループの VM インスタンスの再作成リクエストを行うと、システムで新しい VM のプロビジョニングが可能になり次第、再作成された新しい VM が起動します。このプロセスにかかる時間は、再作成するインスタンスの数によっては長くなる場合があります。グループのステータスを確認するか、マネージド インスタンスのステータスを確認します。

MIG 内のインスタンスに関する情報を表示する

MIG 内のマネージド インスタンスに関する情報を表示するをご覧ください。

MIG でステートフル インスタンスを構成する

ステートフル MIG の構成をご覧ください。

次のステップ