Googleの ツールを使用して Linux VM に接続する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Google Cloud コンソールと Google Cloud CLI を使用して Linux 仮想マシン(VM)インスタンスに接続する方法について説明します。SSH 認証鍵の構成やストレージなど、Compute Engine での SSH 接続の動作については、Linux VM への SSH 接続をご覧ください。

PuTTY などのサードパーティ ツールを使用するなど、Linux VM に接続するその他の方法については、サードパーティ ツールを使用して Linux VM に接続するをご覧ください。

準備

サポートされているオペレーティング システム

これらの接続方法は、Compute Engine で利用可能なすべての Linux オペレーティング システムでサポートされています。Fedora CoreOS の場合、これらの方法を使用する前に、SSH アクセスを設定する必要があります。

VM に接続する

Google Cloud コンソールまたは Google Cloud CLI を使用して Linux インスタンスに接続するには、以下のいずれかのタブの手順を行います。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、[VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] に移動

  2. 仮想マシン インスタンスのリストで、接続するインスタンスの行にある [SSH] をクリックします。

    インスタンス名の横にある SSH ボタン。

gcloud

  1. Google Cloud コンソールで、「Cloud Shell をアクティブにする」をクリックします。

    Cloud Shell をアクティブにする

    Google Cloud コンソールの下部で Cloud Shell セッションが開始し、コマンドライン プロンプトが表示されます。Cloud Shell はシェル環境です。Google Cloud CLI がすでにインストールされており、現在のプロジェクトの値もすでに設定されています。セッションが初期化されるまで数秒かかることがあります。

  2. 開発環境で gcloud compute ssh コマンドを実行して、アクセス権限を持つインスタンスに接続します。

    gcloud compute ssh --project=PROJECT_ID --zone=ZONE VM_NAME

    次のように置き換えます。

    • PROJECT_ID: インスタンスが含まれているプロジェクトの ID
    • ZONE: インスタンスが存在するゾーンの名前
    • VM_NAME: インスタンスの名前

    Google Cloud CLI のデフォルト プロパティを設定している場合、このコマンドの --project フラグと --zone フラグは省略できます。例:

    gcloud compute ssh VM_NAME

接続に成功したら、ターミナルを使用して Linux インスタンスでコマンドを実行します。終了したら、exit コマンドを使用してインスタンスから切断します。

トラブルシューティング

失敗した SSH 接続を診断し、解決するための方法については、SSH のトラブルシューティングをご覧ください。

次のステップ