BigQuery ウェブ UI クイックスタート

BigQuery ウェブ UI をビジュアル インターフェースとして使用して、クエリの実行、データの読み込み、データのエクスポートなどのタスクを実行できます。このクイックスタートでは、パブリック テーブルに対してクエリを実行する方法とサンプルデータを BigQuery に読み込む方法について説明します。

  1. 事前準備
  2. パブリック データセットに対してクエリを実行する
  3. テーブルにデータを読み込む

事前準備

BigQuery ウェブ UI を使用するには、Google Cloud Platform Console で BigQuery が有効になっているプロジェクトへのアクセス権限をアカウントに設定する必要があります。Cloud Platform Console を初めて使用する場合は、コンソールにアクセスして利用規約に同意し、新しいプロジェクトを作成します。これで BigQuery ウェブ UI を使用できるようになります。

このクイックスタートの後半のテーブルへのデータの読み込みを完了するには、課金の設定も行う必要があります。このデータ読み込みの演習にかかる費用はごく少額です(ストレージ費用に基づく計算では 0.01 ドル未満)。無料の階層の範囲内でクエリを実行する限り、課金を設定することなくパブリック データセットに対してクエリを実行できます。

課金を設定するには、コンソールにアクセスしてナビゲーションの [お支払い] をクリックします。

パブリック データセットに対してクエリを実行する

BigQuery ウェブ UI には、テーブルに対してクエリを実行するためのインターフェースが用意されており、BigQuery が提供するパブリック テーブルも利用できます。

  1. BigQuery ウェブ UI を開きます

  2. [COMPOSE QUERY] ボタンをクリックします。

  3. 次のクエリをコピーして [New Query] テキスト ボックスに貼り付けます。

    SELECT
      weight_pounds, state, year, gestation_weeks
    FROM
      publicdata:samples.natality
    ORDER BY weight_pounds DESC LIMIT 10;
  4. 丸いアイコンをクリックしてクエリ検証ツールを起動します。

    BigQuery ウェブ UI クエリ検証ツール

    クエリが有効か無効かに応じて、ボタンの上に緑色または赤色のセクションが表示されます。クエリが有効な場合は、クエリの実行後に処理されるデータ量も示されます。これによって、クエリの実行にかかる費用を確認できます。

  5. [RUN QUERY] ボタンをクリックします。クエリの結果がボタンの下に表示されます。

    BigQuery ウェブ UI クエリ結果

上のクエリは、BigQuery が提供するパブリック データセットのテーブルにアクセスします。

識別子 publicdata:samples.natality の各部分の意味は次のとおりです。

  • publicdata: プロジェクト名
  • samples: データセット名
  • natality: テーブル名

ナビゲーションの [publicdata:samples] をクリックすると、他のパブリック テーブルのスキーマを参照できます。展開表示されるタイトル一覧が、クエリを実行できるすべてのパブリック テーブルです。

テーブルにデータを読み込む

次に、カスタムデータをテーブルに読み込んでクエリを実行します。

クイックスタートのこのセクションを実行するには、課金を有効にする必要があります。詳しくは事前準備についての記事をご覧ください。

カスタムデータをダウンロードする

こちらの zip ファイルをダウンロードします(約 7 MB)。このファイルには、米国社会保障局が提供している人気のある赤ちゃんの名前に関するデータが含まれています。このファイルをハードドライブに解凍します。

zip ファイルには、データセット スキーマについて説明した README ファイルが含まれています。このデータセットの詳細をご確認いただけます

データセットを作成

次に、データを保持するデータセットをウェブ UI で作成します。

  1. BigQuery ウェブ UI を開きます

  2. ナビゲーションでプロジェクト名の横にある下矢印アイコン をクリックし、[Create new dataset] をクリックします。

  3. データセット ID を入力します。

    データセット ID はプロジェクトごとに一意にする必要があるため、ナビゲーションのプロジェクト名の下に表示されている ID 以外の ID を入力してください。疑問符アイコンをクリックすると、ID の制限について確認できます。

新しいテーブルにデータを読み込む

次に、新しいテーブルにデータを読み込みます。

  1. ナビゲーションで、作成したデータセット ID の上にカーソルを合わせます。ID の横にある下矢印アイコン をクリックし、[Create new table] をクリックします。

  2. テーブル ID を入力します。疑問符アイコンをクリックすると、ID の制限について確認できます。ID を入力したら、[Next] ボタンをクリックします。

  3. [Choose file] ボタンをクリックします。前の手順で解凍したデータの場所に移動し、いずれかの yob****.txt ファイルを選択します。次に、[Next] ボタンをクリックします。

  4. [Edit as text] をクリックします。次に、次の文字列をコピーして [Edit Schema] 入力ボックスに貼り付けます。

    name:string,gender:string,count:integer

  5. [Submit] ボタンをクリックします。

上記の手順を完了すると、テーブルが作成され、データが読み込まれます。BigQuery がデータを読み込んでいる間、ナビゲーションのテーブル名の横に [loading] という文字列が表示されます。データが完全に読み込まれると、この文字列は消えます。

テーブルに対してクエリを実行する

カスタムデータをテーブルに読み込んだので、このテーブルに対してクエリを実行できます。手順は上の例のパブリック データセットに対してクエリを実行する場合とまったく同じです。ただし今回は、パブリック テーブルではなくカスタム テーブルに対してクエリを実行します。

  1. [COMPOSE QUERY] ボタンをクリックします。

  2. 次のクエリをコピーして [New Query] テキスト ボックスに貼り付けます。datasetId と tableId を上の手順で入力したカスタム ID に置き換えます。

    SELECT
      name, count
    FROM
      datasetId.tableId
    WHERE
      gender = 'M'
    ORDER BY count DESC LIMIT 5;

    上記のクエリを実行すると、テーブルに読み込んだデータのうち、男の子の名前の年間ランキング上位 5 つが表示されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...