Google Cloud Platform での .NET の使用

.NET のウェブサイトとサービスを GCP に移行

クイックスタート ドキュメントを読む

Google Cloud Platform での .NET のコーディング

Google Cloud Platform は、.NET コードを実行するのに最適なプラットフォームです。Cloud Tools for Visual Studio のプロジェクト テンプレートを使えば、すぐに使い始めることができます。Jon Skeet が率いる C# のエキスパート チームが設計した、慣用的な C# ライブラリを NuGet から入手して Cloud API を利用することも可能です。今後、.NET Core のサポートの追加と Cloud Source Repositories との統合が予定されています。

思いどおりの方法でビルドしてテスト

Visual Studio 内またはコマンドラインで .NET アプリをビルドできます。クラウドでコードをテストする場合は、Cloud Tools for Visual Studio を使用することでステージング環境と本番環境のクラウド プロジェクトを簡単に切り替えてテストできます。

インタラクティブに、または CI/CD パイプラインを使用してアプリをデプロイ

Cloud Launcher の ASP.NET イメージを使用すると、ASP.NET 向けに事前設定された Windows Server のインスタンスをわずか数分で起動できます。このイメージには IIS、ASP.NET、SQL Server Express が含まれており、HTTP/S、RDP、WebDeploy トラフィックの適切なポートを開くことができます。SQL Server のデータベースをクラウドに移行するには、SQL Server イメージを使用します。また、ASP.NET Core のサポートを利用して、App Engine フレキシブル環境や Container Engine にデプロイすることもできます。Visual Studio から直接デプロイする場合も、既存の CI/CD パイプラインを使用して WebDeploy でデプロイする場合も、Google Cloud でワークロードを取得できます。Team Foundation Services CI/CD パイプラインのサポートも今後追加していく予定です。

どこからでもリソースを管理

実行中のアプリのステータス確認や、クラウド プロジェクト リソースの管理をウェブ、IDE、コマンドラインのいずれかを使用して行えます。ウェブの場合は Cloud Console を使用します。IDE の場合は、Cloud Tools for Visual StudioCloud Explorer を使用して Compute Engine、Cloud Storage、Cloud SQL を管理します。Cloud SDKCloud Tools for PowerShell を使用すると、コマンドラインでリソースを管理でき、定期的なタスクをスクリプトで自動化することができます。

本番環境の問題の発見と修正

一般的に使用される .NET 用の log4net ライブラリで Stackdriver Logging を使用し、本番環境で実行中のアプリの動作状況を確認できます。Windows 用の Stackdriver Logging Agent をインストールしてプロジェクト内の VM からイベントログのイベントを確認したり、Windows 用の Stackdriver Monitoring Agent を使用してシステムごとのイベントをモニタリングしたりすることができます。アプリ内の未処理の例外を捕捉してロギングすると、その例外を Stackdriver Error Reporting で確認できます。今後予定している Visual Studio デバッガとの統合が完了すれば、クラウド プロジェクト外では再現されないエラーも捕捉できるようになります。

.NET の特長

手動で作成された .NET ライブラリ
一般的な GCP の API 用に手動で作成されたオープンソース ライブラリです。
Visual Studio プラグイン
すぐに使用を開始して、クラウド リソースの管理とクライアント ライブラリの統合を実施し、任意の IDE 内から GCP にデプロイできます。
PowerShell コマンドレット
使い慣れた管理スクリプト言語を使用してリソースを管理できます。
Windows と .NET のチュートリアル
重要なクラウドタスクを成功へと導く実践的なチュートリアルです。
アプリのロギング
アプリ内で簡単にデータをロギングし、Stackdriver Logging を使用してリアルタイムで問題のクエリを実行できます。
システムのロギング
Windows 用 Stackdriver Logging Agent をインストールすると、VM イベントログからイベントを取得して Stackdriver Logging で確認できます。
システムのモニタリング
VM の CPU 使用率やメモリ、ページファイル、ボリュームの使用状況をレポートします。IIS と SQL Server の指標も収集されます。
例外のロギング
コードを 1 行記述するだけで、未処理の例外を捕捉して、リアルタイムで Stackdriver Error Handling ダッシュボードで確認できます。
ASP.NET を含む Windows Server イメージ
HTTP、HTTPS、WebDeploy、RDP ポート用のファイアウォール ルールが設定された SQL Server 2008 Express、IIS、ASP.NET 4.5.2 をインストールした Windows Server インスタンスです。
SQL Server を含む Windows Server イメージ
SQL Server Standard(2012、2014、2016)
SQL Server Web(2012、2014、2016)
SQL Server Enterprise(2012、2014、2016)近日提供予定

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。