SUSE Linux Enterprise Server に関するよくある質問


このドキュメントでは、Compute Engine で SUSE Linux Enterprise Server(SLES)を実行する際のサポート、移行、ライセンスに関するよくある質問について説明します。


全般的なよくある質問

Compute Engine の SLES とは?

Compute Engine の SUSE Linux Enterprise Server(SLES)は、Google Cloud で実行するように最適化された SLES イメージです。これらの SLES イメージを使用すると、Compute Engine のスケーラビリティ、セキュリティ、パフォーマンスを活用して、Google Cloud 上に SLES ワークロードを移行してモダナイズできます。Compute Engine の詳細については、Compute Engine の概要をご覧ください。

Compute Engine ではどのバージョンの SLES を使用できますか?

Google Compute Engine で利用可能な SUSE Linux Enterprise Server(SLES)バージョンの一覧については、オペレーティング システムの詳細をご覧ください。

SLES for SAP Applications with High Availability(HA)は Compute Engine で利用できますか?

はい。SLES for SAP Application with HA は Compute Engine で使用できます。Compute Engine で利用可能な SLES のバージョンの一覧については、オペレーティング システムの詳細をご覧ください。

SLES アプリケーションと SLES for SAP アプリケーションの違いは何ですか?

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)は、一般的な Linux ワークロード向けのスケーラビリティと安全性に優れたエンタープライズ向けの高性能オペレーティング システムです。

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)for SAP Applications は、高可用性、HANA レプリケーション、自動化とモニタリング コンポーネントを備えた SAP Netweaver、SAP HANA、SAP S/4 HANA ソリューションに特化して最適化された Linux プラットフォームです。

Compute Engine で一般公開される SLES イメージはどのように利用できますか?

SUSE は Google と提携して、Compute Engine で利用可能な SLES イメージを構築して維持しています。SUSE の「一般サポートと拡張サポート」フェーズのイメージの場合、SUSE が CVE セキュリティ、パッケージ、その他のサービスパックの更新など、イメージのアップデートを公開します。

Google Cloud での SLES と、データセンターで使用している他のバージョンの間に違いはありますか?

基本的にはありません。SUSE は、Compute Engine で利用可能な SLES と SLES for SAP Applications のバージョンを維持しています。ベース OS は、物理ハードウェアにインストールできる SLES のバージョンと同じです。Compute Engine で利用可能なバージョンには、Google Cloud Platform で SLES VM を実行および管理するために必要な追加ツールとメタデータが含まれています。

Compute Engine 上の SLES VM の請求はどのように行われますか?

Compute Engine で動作する SLES VM には、次の 2 つのコスト要素があります。

  • Compute Engine で SLES VM を実行するためのインフラストラクチャ コスト。詳しくは、VM インスタンスの料金をご覧ください。
  • SLES または SLES for SAP のライセンス費用。使用できるライセンス オプションは次のとおりです。

    • Compute Engine の従量課金制モデル(PAYG)。このオプションでは、Google に直接支払いを行います。
    • 確約利用割引 - これは現在 SLES for SAP でのみ利用できます。
    • お客様所有サブスクリプションの使用(BYOS)。この場合、SUSE から直接購入したサブスクリプションを使用します。

Compute Engine のライセンス オプションの詳細については、VM に合ったライセンス モデルの選択をご覧ください。

SUSE BYOS(お客様所有サブスクリプション)プログラムとは何ですか?

SUSE BYOS プログラムを使用して、対象の SUSE 製品のサブスクリプションを Google Cloud に移行します。このオプションを選択すると、ライセンス サブスクリプションの料金が SUSE から直接請求され、発生したインフラストラクチャ費用のみが Google Cloud から請求されます。購入方法については、SUSE をご覧ください。

Compute Engine で SUSE を実行する場合の追加コストを最適化する方法はありますか?

使用した分だけ支払う従量課金制(PAYG)ライセンス モデルに加え、確約利用割引を活用することで、インフラストラクチャの費用をさらに削減できます。

マシンタイプに関する推奨事項は、リソース使用率の最適化にも役立ちます。

また、料金計算ツールを使用して、Compute Engine で VM を実行する費用を見積もることもできます。

価格は税込みですか?

いいえ、表示価格には適用される税金(該当する VAT や消費税を含む)は含まれません。

無料の Google Cloud トライアル アカウントで SLES VM を作成できますか?

はい。無料トライアルのアカウントで SLES VM を作成できます。Compute Engine の使用が Always Free の対象となっている場合でも、使用した Cloud Marketplace プロダクトとプレミアム オペレーティング システムに対して料金が発生します。詳しくは、Google Cloud Marketplace プロダクトとプレミアム OS ライセンスをご覧ください。


サポートに関するよくある質問

Compute Engine の従量課金制(PAYG)SLES ライセンスのサポートはどのように提供されますか?

Compute Engine で PAYG SUSE イメージを実行している場合、Google Cloud サポートへのアクセスが契約に含まれています。これらのイメージで問題が発生した場合は、Google Cloud サポートにお問い合わせください。SUSE に連絡する必要はありません。Google は SUSE と連携して、エスカレーションが必要な問題を解決します。

Google Cloud には、24 時間 365 日の対応や電話サポート、テクニカル サポート マネージャーへのお問い合わせなど、さまざまなニーズに対応する各種のサポート パッケージが用意されています。詳細については、Google Cloud サポートをご覧ください。

Compute Engine のお客様所有サブスクリプション(BYOS)ライセンスのサポートはどのように提供されますか?

お客様所有の SUSE サブスクリプションを Google Cloud に移行すると、SUSE から直接サポートを受けることができます。サポートにアクセスするには、SUSE カスタマー センターにログインして SUSE に直接問題を報告してください。アクセス方法と詳細については、SUSE テクニカル サポートのドキュメントをご覧ください。

SLES のセキュリティ アップデートが利用可能になったときに通知を受け取るにはどうすればよいですか?

SUSE でセキュリティ アップデートが利用可能になった時点で通知を受け取るには、SUSE Security Announcements に登録します。

Compute Engine 上で動作するすべての SLES VM は、SUSE パブリック クラウドの更新インフラストラクチャから更新が利用可能になり次第、アップデートを受け取ります。これらのアップデートは、ZypperYaST などの標準的な SLES パッケージ ツールを使用してインストールできます。これらのパッチとアップデートは、オペレーティング システムのライフサイクルとサポート ポリシーで概説されているように、定期的に SUSE イメージで利用できます。

Compute Engine 上の SUSE でサポートされているマシンタイプに制限はありますか?

SLES サービスは、すべてのリージョンのすべてのマシンタイプでサポートされています。マシンタイプの詳細については、マシンタイプをご覧ください。SLES サービスは、異なるマシン構成だけでなく、マルチテナント ノードや単一テナントノードで実行することもできます。

Compute Engine 上の SAP 認定のマシンタイプは何ですか?

SAP と Google Cloud は、Compute Engine で利用可能なマシンタイプで SLES のメジャー リリースとマイナー リリースの両方を認定しています。SAP は、サポートされるマシンタイプの最新リストを維持しています。詳細については、SAP IaaS Hardware Directory をご覧ください。

ジェネラル サポート フェーズの終了日を過ぎると、SUSE によって SLES バージョン向けの長期 / 延長サービスパック オーバーレイのサポートが提供されますか?

はい。SUSE は、ジェネラル サポートの終了日に達している製品に長期サービスパック サポート(LTSS)と拡張サービスパック オーバーレイ(ESPOS)を提供します。LTSS と ESPOS は現在、ジェネラル サポート フェーズの終了日に達した特定の SLES サービスで使用できます。詳細については、SUSE 製品のサポート ライフサイクルをご覧ください。

LTSS アドオンまたは ESPOS アドオンをリクエストするには、google [at] suse.com にお問い合わせください。


ライセンスに関するよくある質問

Compute Engine 上の SLES の従量課金制(PAYG)ライセンスはどのような仕組みになっていますか?

PAYG では、使用した分のみ料金が発生します。このモデルを使用することで、Google Cloud と SUSE のパートナーシップにより、柔軟なワークロードに合わせてスケールできる PAYG ライセンスを活用できます。このオプションでは、固定の契約で所定の金額を支払うのではなく、ワークロードが急増した際に必要になった分のみが課金の対象となります。これらのイメージに関連付けられた SUSE ライセンスは 1 秒刻みで課金され、最小課金時間は 1 分です。料金について詳しくは、プレミアム イメージの料金に関するドキュメントをご覧ください。

PAYG のイメージ オプション:

  • すでに PAYG ライセンスが付与されている Google Cloud のプレミアム SLES イメージと SLES for SAP with HA イメージを使用します。
  • イメージ インポートまたは Migrate for Compute Engine のいずれかを使用してお客様所有のイメージを Google Cloud に取り込み、PAYG ライセンスを適用します。

PAYG の請求はすべて Google を通じて処理されます。SUSE との個別契約は必要ありません。

Compute Engine 上の SLES のお客様所有サブスクリプション(BYOS)ライセンス モデルはどのように機能しますか?

Compute Engine の SLES イメージでお客様所有ライセンスを指定するには、有効な SUSE サブスクリプションが必要です。

サブスクリプションで SUSE BYOS が Google Cloud の対象かどうかを確認するには、google [at] suse.com にお問い合わせください。コンピューティング インフラストラクチャの費用のみを Google に支払い、SUSE とは別のライセンス契約をします。

PAYG から BYOS、または BYOS から PAYG に切り替えることはできますか?

現在 Compute Engine では、これらの 2 つのライセンス オプションの切り替えをサポートしていません。

Google 提供の SLES イメージを使用して、BYOS ライセンスを指定できますか?

はい。BYOS は Google Cloud が提供する SLES イメージで使用できます。詳しくは、Google Cloud テクニカル アカウント マネージャーにお問い合わせください。


移行に関するよくある質問

Compute Engine でお客様所有 SLES イメージを使用できますか?

はい。既存の環境(オンプレミスや他のクラウド プロバイダなど)で使用可能な VM インスタンス、カスタム イメージまたはディスクを Compute Engine に追加できます。SLES イメージを Google Cloud にインポートするには、複数のソリューションを使用できます。詳細については、インポート方法の選択をご覧ください。

SUSE との既存の契約を活用して、Compute Engine にイメージをインポートしながら、お客様所有ライセンスを指定することもできます。このオプションを使用する場合、Compute Engine でお客様所有ライセンスを指定するには、有効な SUSE サブスクリプションが必要です。

Compute Engine で SLES VM の使用を開始するにはどうすればよいですか?

新しい SUSE SLES VM インスタンスを Compute Engine に作成するには、クイックスタート ガイドをご覧ください。VM を作成するときに、[公開イメージ] タブで SLES のバージョンを選択します。

SLES のオンプレミスまたは他のクラウドを実行しているインスタンスを Google Cloud に移行するには、インポート方法の選択をご覧ください。

既存の環境(オンプレミスや他のクラウド プロバイダなど)で使用可能な VM インスタンス、カスタム イメージまたはディスクを Compute Engine に追加できます。

SLES のオンプレミスまたは他のクラウドを実行している VM を Google Cloud に移行するには、インポート方法の選択をご覧ください。

次のステップ